FC2ブログ

月のおと

星月夜と本があれば幸せだった於音が、なぜかはまった漫画「るろ剣」。空想と妄想と現実と…。日々想うことを想うまま、書く、描く。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

まもなく九月

8月  もう終わりだぁ。


忙しかった日々も過ぎていく…なんて感傷に浸っている暇無くなっちゃった。
山ほど面接したにもかかわらず、同僚が…
パートさんが……
今日もまた、一人………


ところで、お盆期間にふと垣間見たニュース。
戦時中の遺骨をふるさとへ持ち帰る仕事を黙々と続けている人たち。
それから、去年の地震被災者の遺体捜索が、福島では原発事故のためにできなくて裁判になっている、というニュース。
これはひどいよね。
二度に渡って被災したようなものだわ。
すぐに家族を探したかった人たちの気持ちを思うと、本当に怒りをどこへ持って行ったらいいか、と思います。

原発問題や被災者救済の話はちょっとおいといて、これらのニュースを見てふと思ったこと。

話は飛ぶけれど、私の好きなSFでね、こんな話があった。
24世紀の未来、事故で遙か遠くに船ごと飛ばされちゃった乗組員が、ふるさと地球を目指すんですが、途中で地球からの難波船を見つけるわけです。
21世紀にアメリカから探査に出た宇宙船が、未知の現象に巻き込まれ、異空間に閉じ込められていたって設定で。
苦労してこの難破船を助けるんです。もちろん、乗組員はすでに死亡。でも、記録から最後の最後まであきらめずにデータをとり続け、地球への記録を残そうと必死の姿は涙ものです。
彼の遺体をね、この物語のメンバー達は宇宙葬にするんです。きちんと、礼に則って、宇宙へ棺を流すの。

他の映画でも同じシーンを見た。
遭難して亡くなった人の棺を海に流して弔う…。

そりゃね、船で遺体を残しておくことは無理でしょうから、とは思うんですよ。
火葬も無理でしょうし。
でもね、私だったら連れて帰る。
ふるさとの国へ、星へ帰りたいのに帰ることができなかった人を見つけたら、きっと絶対連れて帰る。
火葬は日本の習慣でしょうけど。
前述のSF、好きなエピソードだからこそ、何度見ても最後でどうしても違和感が残っちゃう。
私が変なのかなぁ、と思っていたけれど、戦後何年たっても戦地から遺骨の一つも、思い出の品一つでも持ち帰って弔おう、という気持ちの方がわかる、と考えるのは私が日本人だからだろうかしら。
私が遭難したら、やっぱりふるさとへ帰りたいと思うだろうな。
はて、どこがふるさとか。
範囲を広くして、やっぱり日本で眠りたいと思うだろうなあ…


年のせいか、お盆なんて時期だったからか、そろそろそんなことを考えちゃったです。
私になんかあったら、どこへ行こう、どうしよう。
お若い方達はぴんとこないでしょうけど(笑)
そろそろ真剣に考える。

集めたるろグッズ。捨てちゃうの嫌だなぁ。誰かもらって欲しい。今から探しておこうか…
なんて、とんでもないこと考えちゃってる私です。


あ、今日のY新聞の映画評で、実写版褒めてたよ。
見に行きたい~~
コンビニでエライハンサムさんの表紙の隅っこに剣心。
ほ~、これが実写版の剣心?!

思わず買いそうになった。相方がそばにいたので買えなかった。
(漫画はきっと買ったろう。さすがにこの手のアイドル雑誌っぽいやつは…(x_x))
相方がいない日に買おうかな…


おりんかぁさーーーーん!

と一言叫んで、寝ます。

スポンサーサイト
別窓 | 日々想うこと。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<るろうに剣心見てきたよ~ | 月のおと | 頭が煮えちゃって>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿


管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 月のおと |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。