月のおと

星月夜と本があれば幸せだった於音が、なぜかはまった漫画「るろ剣」。空想と妄想と現実と…。日々想うことを想うまま、書く、描く。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

心は西へ

平成26年が始まって、早半月がたちました。
皆様良いお年をお迎えになりましたか?

中部地方も寒い日が続いています。
寒い、というより、冷たい。

忙しい年末から気力満々で乗り切る…予定でしたが、見事に年には勝てず。
2日から高熱発して寝込んでしまいました。
年末から次々壊れていく我が家のいろんなもの達…。
ついには車も調子が悪くなり、電話機も落っことして壊れ、いまだお風呂もDVDも治らず。
(そりゃそうだ、修理に出せない。忙しくて)


この縁側へ出ると、愚痴ばっかこぼすようになってだいぶたつなぁ…
先日、私がまだ幼稚園の時に、最初にピアノを教えてくれていた先生から電話があった。
先生は宝塚に住んでおられて、母の喪中はがきを気にして電話してくれた。
一声聞いたとたんに、思わず泣けちゃった。
母が、まだうんと若かった頃からのおつきあい。
顔を見せにおいで、と言われてすぐにでも飛んでいきたかったわ。

縁というのは不思議なものですね。



西の空には大事な相棒殿がおられる。
大切な師匠も。

今抱えている煩わしい問題蹴っ飛ばして、電車に乗ってすっ飛んでいきたいなぁ。
スポンサーサイト
別窓 | 日々想うこと。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 月のおと |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。