月のおと

星月夜と本があれば幸せだった於音が、なぜかはまった漫画「るろ剣」。空想と妄想と現実と…。日々想うことを想うまま、書く、描く。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

それがあの……

6月30日(火)



…ギックリ腰でしたか……



我が相棒殿は動きすぎではござらんか?
朝から晩まで動き回って。
大丈夫でござろうか…私、心配でござる。


あれは癖になると聞きます。
かく言う私もしっかり腰痛持ち。ちょっと無理をすれば激痛が走ります。
ありがたいことに、私は今のところ、誰かの縮地のように一歩前で踏みとどまっています。
やばいなぁ、って思ったときは、できるだけ無理せず鍼医者へ。
あと少しでりっぱなぎっくりですよ!(どういう表現か…)と何度脅かされたことか。
先日の痛みの時はいつもの鍼先生がいなくて、初めての方にマッサージしてもらいましたが、やっぱり腰椎の何番目だか触りながら「ヘルニアって言われたことは?」とおっしゃってました。
何とか、今のところ無事ですが、とにかく言われるのは

決して冷やすな。
無理して持つな。
ひねるな。
そして休め。
痛みが出たら、熱を持ってるなら、冷やせ。持ってないなら暖めろ。
んでもって、一回なると、くせになるぞ!


です。

痛いそうです。本当に。
あぁ、どうか、しっかり休んで下さい。
でも、頼りになる家族がいるからええなぁ、って変なところで I envy you.




マダムなチェリー…じゃなくて、チェリーなマダム。
ごめんなさいね。
ちょっぴりソノ気でがんばってたんですが、やっぱり間に合いませんでした。
薫殿の誕生日。




今週木曜日から三日間、大きなイベントがあってね。
昨日の夜、いきなりBGMを生演奏しろ、って話があって。
私はクラシックのセンセですが、ご存じのように現在殆ど休業中。
自分の楽しみにピアノを弾く時間なんて、一週間に30分とれるかどうか、とれたらラッキー、てな感じですから、二つ返事とは行きません。
頭が痛いです。
それでなくても大きなイベントなので、準備できりきり舞いでしたから。



んなわけで、実はイベント終わるまで雲隠れ、って思っていたんですが、西から鎖骨やら腰やら、ちょっくら東のお隣さまからも頭や腰の異常を知らせるメッセージがびんびん伝わって参ります。
皆様、どうぞどうぞ御身御大切に。
そう言えば彼の方のベビー誕生はどうなっているのかな…
早くおいで。素敵なままさんが待っている。
…お祭り、見に行きたかったのにさっぱり動けなかったしな…


みんな、どうか元気でいてください。
皆さんの元気が、私の元気の素です。




名古屋地方は梅雨空、毎日、どっかの時間で雨が降る…
でも、昨日、今年初めての蝉の声を聞きました。
夏は目の前。


皆さん、どうか、早く元気になってね。
皆さん、どうか、元気でいてください。




スポンサーサイト
別窓 | 日々想うこと。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

すりらぁもばっども確かにかっこよかったけど…

6月27日(土)


蒸し暑い1日。
昨日、例の死亡ニュースをみました。
私も大昔、彼のスリラーでしたっけ?聞いてびっくりしたわ。
かっこいい踊り、かっこいい歌。

決して嫌いではなかったけれど、ファン、とまでは行きませんでした。



誰かが言ってました。
彼の死のニュースで、皆、宮崎のあの人の発言への関心がなくなるだろうなって。
ふむむむ


ホントにそう思った。
(今日一日の報道の仕方を見ていても)


でも、ホントに国内の政治が忘れられて、他国のスター(たとえ、スーパーが山ほどついても)の報道の方が関心を持たれる国だったら、お先真っ暗だろうな…



私個人は、先日の中島梓(栗本薫)さんの死亡記事の方がショックだったかも。
あ、もちろん、マイケルのことなんかどうでもいい、って意味じゃありませんよ。

それにしても、要は今の政治家さん、あまりに情けなくないかい???
マジにそう思う。
うん。

漫画ファンだけどね、あの、殿堂ってナニ?
作るのは大賛成だけどね。
今、必要?????
何だか、困り事、全部忘れて先送りしたい、って言ってるみたいに聞こえるよ。

んで、そういう政治家を育てて…いや、育てる気もなくほっといたせいか…ウチらって、何やっているんだろうね。




どちらにせよ、どうか、彼のお人、雲の上で軽やかにムーンウォークして下さい。








骨折しちゃったあのお方が心配でなりません。
息をするのも痛いって聞いたけど…
小さな、極小サイズの小市民な私にとっては、そっちの問題の方がよーーーーーーーっぽど、気になりますって。
あ、Mさんのその後も気になるけれど、相変わらずつれなくて、心配する暇もくれないほど素っ気なく退院されたっけ。
お加減如何?西の貴女、北国のあなた、雪国の貴女も。ストレスなんかに負けませんよう。
仕事がきつそうな貴女も、腹立たしい上司を持った貴女も……

イタイ思いをしているお方、どうか、早く元気になってね。
気持のキツイ思いをしている貴女、どうか、深呼吸するゆとりを持っていただけますように。







別窓 | 日々想うこと。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

赤ってコーディネイトが難しいよね

6月25日(木)


いやぁ、暑いっす。
なごやぁは蒸すでよ~


7月最初にあるイベントのため、会議だ、準備だ、資料だと走り回っております。
あぁ、現実逃避したい。


おかんがボケ初めてしばらくたちますが、このところ、実にアブナイ。
訳のわからん勧誘員やら業者らを、家にどうも入れてるらしいわ。
まだ、まだら、ってやつですが。
あぁ、現実逃避したい。

まだ仕事の方がましです。よっぽどか。





さて、相棒殿の日記読んでてふと思った。
そう言えば、私がアニメや漫画や映画など、映像もので(脳内のね)気に入るパターンは大まかにふたつ。
物語の厚みに惚れる場合。
主人公、もしくは登場人物の一人に惚れる場合。
惚れたヤツが主人公だとなおよろし。

惚れた登場人物、なぜか皆、赤いものをお召しか赤が似合う。
赤毛のヤツは言わずもがな、緋のマントの似合うあの金髪さん、あ、あれには赤毛さんもいたな。
あの、きかん気がなかなか魅力の鋼のぼーずも、いつも赤いコートだな。
怪盗も、赤いジャケットの方が気に入ってるし。
あ、すたんぴーどさんも赤いコート。あのタレ目が気に入っていた。
筋金入りのスケベが気に入っていたスィーパーも上着の中は赤いシャツだったぞ。

ううむ、唯一のハズレは師匠か。うむ。マント好きでもあるらしい。


私自身はあんまし赤いもの、着たこと無いけど、四十路を過ぎた頃に急に赤いものが着たくなった。
え?還暦は早い??
似合わないからあまり持っていない。どちらかというと、黒とか茶系のモノトーンが多い。
なんで、時計のベルトとかに赤を持って行くことがある。

若い頃は自分のセンスのなさを嘆いておりましたが、最近は、開き直っちゃって。
自信は全くナッシングでも、ま、いいか…(笑)ってね。




あ、剣心、薫殿に作ってもらった藍の着物も似合うよ。赤じゃなくてもね(笑)
ま、赤毛は残っているでしょうから。大丈夫。
……剣心が禿げて赤毛がなくなっても、好きだよ。(多分) ←コラ


「拙者は薫殿にだけ好かれておれば満足でござる!」

別窓 | 日々想うこと。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

やっぱ、私は紙の方が……

6月23日(火)


蒸し暑い日々が続いています。
もう6月もお終いに近いんだなぁ。


時々こぼしますが、ほんと、本を読む時間が激減です。
読みたい本が堆く山を築いていくわ。
それでもね、ついつい本を買ってしまう。(昔よりはだいぶ、減ったけどね)
本や漫画って、本屋に並ぶサイクルが短いと思う。
いったん、見逃し、買い逃すとなかなか探せない、と思うな。
新聞や、人のお話で、○○を買おう!というときは、アマゾン使うとか、予約するとかできるけど。
んでもって、それはそれで楽しいな。届いた荷物を解く瞬間は、特に楽しい。
でも、本屋でね、特にアテはないんだけど、こう、ぴぴっとね(笑)コレ、オモシロイかも…ってカンが働く瞬間が好きだなぁ。
読んでみたら思っていたより面白かった、とかさ、思ったより、イマイチだった、とかのドキドキも嬉しい。
こう、なぜか目が行って、なぜか買っちゃった本がむちゃくちゃ、もう感激モンだったりすると、大アタりぃ~って叫びたくなるほど嬉しかったりしちゃう。
もちろんね、期待して買った本が、期待通りだったときの嬉しさもひとしおだぁ。

私は、気に入るとその作家さん(漫画家さんもね)の本は全部読みたくなる方だから、部屋を浸食する本の数はかなりなモンです。
漫画とか、ずいぶん我慢してるよ~。
大好きサイトマスターさん達が、○×を大人買いした~とか、全巻持ってる~とか、お気に入りを買えた~とか書いていらっしゃると、もう、羨ましくってモダモダします。



今の乏しい読書時間の中で、最近読んだ「お腹召しませ」は興味深かったですよ。
浅田次郎の短編集。全部、幕末明治頃が舞台。
(この本、ずっとバッグに入れていた。家では全く読んでいないから、時間かかったなぁ。通勤=読書時間があった前の職場が懐かしい)
読まれた方も、きっと多いと思いますが、あえて書いちゃう。
オモシロイのは、各作品に短いけれどエッセイ的な一文がついていること。
殆どが小説を書き始めるきっかけになった出来事とかを上手に繋いでおられる。
これが面白かったんですよ。
物書きさんというのは、こういう視点で、こういう風に物語を思いつくのかぁ、と感心させられた本。
ここに来て下さる希有の皆さん(と呼べるほどいらっしゃるかどうかは疑問ですが)は、幕末維新のファンが多いと思うけれど、この本、オススメしますよ~。




以下、私信でございます。いつも、ありがとうございます~。




別窓 | 日々想うこと。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

やっぱりるろが好き…

6月20日(土)



20日としたけれど、気分は19日の夜だわ~

今日19日、やっぱり出勤した…11時にいったん帰宅したけれど、夕方、また出て行かなきゃ行けなくなった~
休んだ気がしないよね、こういうの。




何度かここで書いているけれど、ウチはケーブルテレビを入れてます。
ほとんど、かけっぱなしですが。
先日、帰宅してふと見ると、時代劇アニメやってる。
お?何だろ??
うーん、途中、というか、ほとんど終わりの10分ほどだったんで、タイトルは後からわかりました。
「ストレンヂア」とかあったなぁ。
何だか、主人公は名前が無くて、日本刀も抜かない誓いでも立てているような設定。
相手がね、どうも中国の剣士らしくってね。
アニメとしてはかっこいいよ~。
目が離せなくなったのは、面白かったからか、はたまた時代劇ファンだからから、いやそれよりるろファンだったからか???
うん。
何とか最初から見たい。久々、そう思える作品でしたよ。

相手が中国人剣士なせいか、るろのOVA星霜編の縁対剣心を見ているようでね。


最近、こう、目を見張るようなアニメ、見ないなぁ、と思っていたの。
きちんと見ていないから仕方ないと思うけれど。
何だか、アンバランスな女の子ヒロインばっかり出てくるような気がしてね。
顔は思いっきりかわいい系なのに、ボディは不二子ちゃんも真っ青、って感じだったり。
アクションシーンであんなに胸が揺れていたら、痛いんだぞ~って言いたくなったり。



でもねぇ、今回、その時代劇を見たときに、つくづく、思ったなぁ。
私がるろに出会ったのも、今回のシチュと似てる。
テレビかけたら、やってた。
見ちゃった。
びっくりして嵌った………今に至る。

アニメとしても、当時は素晴らしいな、と思ったし。
そりゃ、今回見たアニメより一昔前だもん。比べればいろいろあるんでしょうけど。
今回の「ストレン…」も、きっと技術的には凄いんだろう。
すごくかっこいい、と思ったけれど。
最初から見たい、と思ったけれど。

話の筋もわからず、設定も知らず、それでも目が離せなくなって気がついたら泣きながら見た、なんてのは、やっぱりるろ以来、無いなぁ。
今思えば、アニメとしてだけでなく、時代物ドラマとしても、訴えるところが多かったのだと思う。
原作の持ってる、剣心をはじめとする人間の厚みが感じられたからだと思う。
確か、あの時アニメを見ている、って事を忘れたもんなぁ。

るろを超える作品(漫画だろうと、小説だろうと、アニメだろうと)にはもう出会えないのかな、と思う反面、出会いたいとも切に思うわ。


私にとって、やっぱりるろは大事な、大事な作品だと思い直した一瞬でした。
剣心、生まれてきてくれて、ありがとうね…

でも、きちんと最初から見たいな。がっかりするか?それとも…
誰か、見た人、おられます???


剣心の誕生日に、久々に語ってみましたです。
それでもって、久々×久々に、瑠璃部屋に小噺シリーズを一つ、上げました。

ホントは、元絵を載せたかったなぁ…

      ヨンタの馬鹿………








別窓 | 日々想うこと。 | コメント:1 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

雨雨。痛いほどの雨。

6月18日(木)



今日は朝から晴れたり曇ったり。と思ったら、夕方になって思いっきり激しいゲリラ豪雨。
雷バシバシ、久々に派手な天気。
時間は短かったので助かりましたが、まだ工事中の庭を持つ社屋がもう少しで床上浸水しそう。


明日、休み……のはずだったけど、またしても出勤になりそうだ。




洗濯物、とりに行きたい。
洗濯物、出しに行きたい。
洗濯したい。
布団乾したい。




以下、私信ね。


別窓 | 日々想うこと。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

あっちもこっちもにーがいぞ…orz

6月13日(土)


昨日に引き続き、螢のこと。

今日、こんな情報が来た。
夕べ、8時頃職員さんが螢の様子を見に行ったんだって。
そしたら、男の子の親子連れが、網を持ってきててね、柵はよじ登る、池には直接入る、庭には踏み込む、の状態だったんだって。
しかも、むしろ両親の方が積極的だったんだって。
子供達が虫かごもって、五匹捕まえた、十匹捕まえた、ってやってたんだって。
職員さんが、「捕っちゃダメですよ!捕まえちゃったら来年、いなくなります」って言ったら、「今年見られたんだからもういい」って父親が答えたんだって!
んで、反対に「アンタ、何?」って怒ってきたから、「見回りに来た職員です!」って。
そしたら、あわてて籠を開けたけど、職員さん曰く、あれ、ぜったい私が帰ってからまた捕まえたはず、って。
道理で、あれだけいた螢がいなくなったはずだって。(もっと、たくさん飛んでいたんですって)
で、今日になって、池の周りに大きな網と、もっと遠くからしか見られないよう柵が作られていました。
でっかく「螢をつかまえるのは厳禁!」て立て札と。
なんのための螢か、わからなくなったと嘆いておられましたよ。
皆に、飛んでいるのを見て欲しかったのに、心ない人のために全部が禁止されてしまう。



そんな親に育てられた子供、どうなるんでしょうね。




今日の私は怒っておりますよ。

人ごとだけど、人ごとには思えません…

別窓 | 日々想うこと。 | コメント:1 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

♪こっちのみーずもにーがいぞ…♪

6月12日(金)



今日は1日休み!だった………はずだった   orz


朝一でお客さん案内の仕事が入っていたんだけど、ま、大丈夫だと思って今日の当番さんにお任せしてたんですが、彼女が急用ができて午後出になってしまった…
仕方ないか~
お客が済んだらゼッタイ帰ろう、と思って出勤。10時半には帰ってやろう、って。
そしたら、別の人が朝電話をかけてきて、腰痛で欠勤だって。
無視したろか…と思ったけど、しゃーない。結局、お昼までオシゴトしてました。

今日はどうしても医者へ行きたかったのよね。四時に予約してあったんだ。
その後、えーごのお勉強へ行きましたとさ。
早速昨日の疑問を伝えたらね、さすがに先生も即答ができず調べてくるって。
日本語でも難しいんだもんね、よろしく、先生。

終わってから例の螢池へ。
ちらほら飛んでました。
ただね、網、持ってきていた人がいたのよ~~

ちょっと、思いつかなかったからビックリ。よく考えたら当たり前なのかな。
どうか、短い命の螢です。最後まで飛び回らせてあげて欲しい。
どこの螢も同じなのかどうか、わかりませんが、ここの螢は何となく人なつこい、と言うかどんくさい、というか。
簡単に掴まっちゃう。

螢が町からいなくなったのも仕方ないのかな。



あんまりやりたくない事だけど、漫画を斜め読みしてる。
「ヒカルの碁」
借りられたので返すまで必死。
結構アニメ通りのよう。(アニメも全部は見ていないんで何とも言えないけれど)
近所の本屋が漫画レンタルを始めた。
うーー、読みたい本がいっぱいあるけど。
まずは、枕元に今にも崩れそうにつんである本を何とかしなくては。
震度2で崩れそうだ。


若い頃、しっかり低血圧だった私。最近、年のせいかだいぶマトモになってきた。
三十代までは、上がシッカリ100を切ってた。
いまだにその頃の癖で起きる三十分前には音楽を鳴らし、目覚ましを二つセットです。
ただね、若い頃と違うのは音楽が鳴る前に目が覚める…
コレ、年のせいか、それとも血圧が戻ってきたせいか。(同じ事か…orz)
蒼いお花のままサマ、朝、起きるときにお水を飲むといいようですよ。
よく、シャワーを浴びるといい、って聞きましたが、アタシはシャワーまで行くのがシンドかったんで続きませんでした。
それより、お水の方が効いたんで、いまだに飲んでます。


さ、明日は早い。7時には出勤したい。寝ます。




別窓 | 日々想うこと。 | コメント:1 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

松阪牛はんまい!

6月12日(木)



昨日は夕方から大雨。今日は午前中からはっきりしない天気でした。
急に降ったり、急に晴れたり。



先日、実は伊勢に行ったのよ。
鳥羽で一泊。帰りに伊勢神宮。某大好きサイトマスターさんがお出かけになる、ホンのちょっと前。
私も伊勢エビコロッケは……でした(笑)


鳥羽駅にはお昼前につきました。
夕方まで一人!
んで、行ってきました、鳥羽水族館。

一人で行く所じゃないだろ、って自分でも思ったけどね。
子供連れで行くところだなぁ。
以前、相棒殿たちと行った大阪の水族館も忘れられないけれど。
結構、一人でこういうところへ行くのは慣れてますし、好きです。
でも、やっぱ、ちょいさみしい。



それがね、結構楽しかったんですよ。
クラゲの前でぼーーーー、っとして。
アシカショウも見たし。
じゅごん、かわいい。
らっこ、かわいい!
カワウソ、かわいい!!

ただねぇ、気になったのが、子供達。
どっかの幼稚園グループが保護者と来ていたようで。
混んでなかったのでいいんですが、ゆとりがあるもんで、子供が騒ぐ。
ま、ああいうところではしゃぐな、ってのが無理ですが、やっぱり程度問題。
競い合って奇声を発して走り回る。
ガラスを叩き回る。



あら、かわいいわぁ、無邪気だわぁ~なんて言ってあげられない私。
自分の子だったら拳骨だな、って考えちゃって、ちょっと
…いえ、かなり落ち込んだ。

根本的なところできっと優しくないんだ、私って。






久しぶりに海を眺めながらぼおおおおお…としました。
急に貰えた休みだったので嬉しかったな。
夜、相方と合流。で、次の日伊勢に行ったのね。
夕方から仕事だったので、お昼頃までしかいられなかったけれど、ぶらぶら買い食いしながら歩きました。


ただ、それからきっかり一週間、休み無しだったから疲れました~。
今、特に追い立てられている仕事はナイのですが、とにかく雑用が多い。
相変わらず、夜、帰宅して座るとスイッチが切れちゃいます。
眠くって、だるくって。



ぐだぐだと生息しています。生きてます。
なんとか一本、サイト用に直したのですが、まだ上げられていない。
最後のつめ作業がまだです。
もうちょっと、お待ちください。
(誰も待ってないよ~って自嘲めいて開き直っていたら某マダムのお手紙読んでね。反省。
どうぞ、足を崩して楽ーーーーにして、あと少しお待ちください。いつもありがとうございます。)


足を崩して、で思い出した。

英語、続けてますよ。この所、毎日のようにぎゃーじんさんが来る。
先日、お茶室にお通ししたら、正座ができぬとおっしゃる。当然だよね。
気楽にどうぞ、は言えてもね、足を崩してお楽にどうぞ、って言えなくてね。
今度、教室の時に聞いてみなくちゃ。
「お好きなところへお座りください」は言えるようになったけど。
躙り戸(にじりど)を説明できなくてマイリマシタ。
「あーんど、ひやいずえんとらんす」ってやったら、どーしてこんなに小さいんだって。
えーーーーっと……
謙虚、とか高尚な単語は覚えておらん。



がんばってます。



あ、私信。
えーっと、ファンとかいわれて嬉しいより前に、まじですかあ?ってのが先に立ってます。
でも、素直になろう。なおさま、嬉しいお言葉ありがとうございます。









別窓 | 日々想うこと。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

鴨のカップルのため、合掌

6月4日(木)



雨が降りそであんまし降らなかった、はっきりしない1日。




職場の新しい庭にできた小さな池については時々書く。
一昨日から、実はこの池に鴨のつがいが羽を休めていた。
この春はセキレイの親子が来ていた。
この五月からは燕が綺麗にタッチダウンを繰り返していた。


昨夜、螢の飼育状況を見るために出掛けたついでにこの池をみた。
暗い水の上と、闇の中をきれいな水鳥のシルエット。
ふと、気付くと庭の真ん中に、もう一つ影がある。

なんだろう?


猫でした。明らかに攻撃態勢。
思わず石を拾って投げていたわ。




今朝、鴨のカップルは朝の一泳ぎ。
やっぱり綺麗なシルエット。


昼過ぎに気がついたときはもういなかった。
皆、あそこは餌もないし、きっと夕方に戻ってくるよって。


戻ってこなかった。
どうしたのかな。



夜、相方がぽつりと言った。
猫にやられたよ。

二羽とも?
わからない。



自然の摂理だから、仕方ないのかな。
弱肉強食…
仕方ないが。此の世の掟だろう、って相方も言った。
でも、助けられるものなら、と石を投げたけど。



うん。冷たいようだけど、仕方がない。
今年に入って、いったい幾つの小さな命が亡くなっちゃうのを見たろう。


猫好きの猫ママの私が許せないのは、
許せないと思うのは、



ウチの職場の新しい庭は、たしかに猫から見たら魅力的だろうな。
ましてや、そのど真ん中の食卓にご馳走がどうぞ、とばかりに乗ったら、猫は間違いなくイタダキマスと飛びつくだろう。
かわいい、かわいいと言って、猫に餌を毎日のように運んでいる人がいることだ。
家で飼えない、などと理由はきっとあるんだろう。
毎日のように朝と夕方、律儀に餌を持って庭のそばに来て、家の外を放浪中の飼い猫や、野良猫に餌をやる。
ここへ来れば餌が貰える、遊んで貰える…猫は一発で覚えてまたやってくる。
人を恐れないから、たぶん飼い猫だろう。
なぜ、放すんだろう…



職場近くにいる猫たち、全部、連れて帰りたい。
それができないから、歯噛み。


明日、もし餌をやってる無責任ヤロウがいたら…
見つけたら…

私、思いっきり怒鳴りつけるかもしれない。



猫が鳥を捕ったって?
猫の習性だから仕方ないよ。
そんなこと、こっちも知ってる。
猫には猫の都合があるから、それを人間の都合でどうこうするのが理不尽だということも、よくわかってる。
でも、人間の、社会のルールができてしまっている以上、私たちにできるのは、無責任な接し方はしてはいけないって事。
来客の座布団を一式、ダメにされたり、重要書類を一箱、ダメにされたり…
いつも猫たちに思うのは、

私はあんた達、大好きだし、あんた達ほどきれいな生き物は滅多にいないんじゃないかと思うほどだわ。
でもね、ココにいる以上、どうしてもあんた達を苛めなきゃならない。
自由に暮らしているあんた達を追い出さなきゃナンナイ。
どうか、ココへは来ないで。森の中へ行って。
人と出会わないところでのびのびと昼寝して。
森の中で小鳥と丁々発止の生活をして。
お願いだから、ココへは来ないで。

嫌ってくれて良いからね。引っ掻いてくれて良いから…
石を投げるから、頼むからでていって。


前書いたけど。

何度も何度も書いてると思うけど。


時々人間でいることが恥ずかしくなるときがある。


別窓 | 日々想うこと。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 月のおと |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。