月のおと

星月夜と本があれば幸せだった於音が、なぜかはまった漫画「るろ剣」。空想と妄想と現実と…。日々想うことを想うまま、書く、描く。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

つれづれ2

5月30日(土)


今日は変な天気。小雨が降ったかと思うと、ぱぁっと晴れて。
夜は月に暈がかかっておりました。



螢ちゃんは順調に育っているそうな。
今日、一匹迷い込んだあわてんぼが捕まっておりました。
コップの中に入れた葉っぱに掴まって、やっぱり光っておりました。
(螢って、あわてたりビックリしたりすると光るのかな。)



栗本薫さんが亡くなっちゃった。
私、すごく好きでした。デビュー当時からのファン。グィンシリーズは途中で読むのをやめてしまいましたが、伊集院さんのシリーズは特に好きでした。
一番のおすすめはエイリアン殺人事件、だったかな(笑)本が手元にないんで確認できないけど。
まだまだ書きたいものがいっぱいあったはず。
さぞ無念だったろうに。



るろファンであると共に、私於音のオタ部分をになってるもう一つのファクター。(何カッコつけてるんだか)
スタートレックの映画が公開。
今度は若い俳優さんを起用しての、カークとスポックの若い頃の話。
何となく、雰囲気、似てる~
スタトレ映画で初日に行けなかったのは今回が初めてだなぁ。
行きたいけど。
行けると良いな。
行きたいな。
若い頃の血が騒ぐ。


どんなに忙しくても必ず行ってるサイトさん。
毎回、必ずやっちゃう儀式。
日記へ無意識のうちにすぐに飛ぶんだけれど、必ずもどって薫殿のお尻を触る剣心を見なおす私。
しょうもな、と思いつつやっちゃう儀式(笑)



ちっちゃな水路が職場にあって。
年末に植えた菖蒲が綺麗に咲きました。
花びらを観ていると、時間を忘れちゃう。この忙しいのに。
でも、本当に綺麗。



以前、三日休みが欲しい、とこの日記に書いた。一日寝て、2日目片付けて、3日目パソコンに浸る。
訂正。
1日では片付かないと判明。
五日欲しい。
1日寝て。2日片付け、あと2日パソに浸る。
あ、あと1日。本が読みたい。すごく。
大好きな恩田さんと、スタトレの原作と、QEDも買ってきた。
あ、そうだ。
ヒ○ルの碁も借りたんだ(生徒から…)あれもじっくり読みたいし。


ふむ、一週間。
一週間欲しいな。











スポンサーサイト
別窓 | 日々想うこと。 | コメント:0 | トラックバック:1 | ∧top | under∨

つれづれに。

5月27日(火)


ずいぶんと日が開いてしまった。


先日あった、大イベントの最中、私は会場整理でほとんど外にいる状態だったんですが。
とてつもない花粉症の症状が出ました。
この春もずいぶんと悩んだつもり(!)だったんですが、今思えばアレは可愛かった…
とにかくとにかく、流れる鼻水、声は涸れ、留まらないクシャミ。
眉間には10トンの重しが乗って、その上でアフリカ象とマウンテンゴリラとトドがタップダンスをおどっているような頭痛。

それに風邪の症状がプラス。

花粉症に鍼治療は効きます。私には。




久しぶりにかけたテレビでいきなり、涼風さんがオスカル演じるベルばら公演が観られました。
最後のトコロでしたけど、思わず見入っちゃうね、やっぱ。
かっこいいんだわ、これが。
気品があって、好きだなぁ。



こういう思い頭を抱えているときに、ネットで調べ物をしなくてはならないのはシンドイです。
細かい作業、できない~。
自分の日記は書けなくても、人様のだけはちゃんと読んでる私。


唐突ですが私信。
いつもご覧になってくださってると言われる、マダムへ。
そう、あなたでございます、ご心配かけて、ホントにすみません。メールを頂いていたことに気付くのも遅ければ、反応も遅い。
我ながらサイテーです。
すっかりとは言い難いですが、だいぶ元気になりました。
本当に、ありがとうございます。



つがいの燕が池に来るようになって、朝の楽しみが増えました。
時々、羽を休めて水を飲んでいきます。
アヤメを掠めて飛ぶ燕の姿は、何だか日本画の世界だね。
飛んでいる燕は縁起がいいそうな。
飛んでいると言えば、螢。順調に育っているようです。
ま、数はほんの少しですが、毎晩数匹ずつ増えているそうな。
乱舞する姿が見られるまでは、数年かかるでしょうが、未来は明るい。
軍艦生物様からとってもとっても、とおおおおっても嬉しいメッセージを戴いてしまったので、私の方がどっかへ飛んでしまいたいほど浮かれています。
ヘッドライトを用意しようと、今、真面目に思ってる。何か、かわるもの、かわるもの。懐中電灯点滅させてみようかな。
そう言えば、太陽のおかぁさまもおっしゃってたな。


そうだ、この前ずっとエレクトーンを習っていたのに、楽譜が読めないってお方がおられた。
一応、音楽に携わっているものとして一言。
楽譜は付随的なもの。読めなくたって良いんです。ホントは。
何よりも、幼稚園から中学生まで続けられたってことが凄い才能。
それだけ、耳が良く、感覚がよく、センスがいい証拠。実際の話、楽譜を特に教えないで楽器の習得をする方法だって、確立されているんです。
いるのは、学校だけ。
楽譜なんて、正直なところ、10分あれば読めるようになります。
ってより、あれは「読む」ものじゃなく、数えるもんです。
いまだにね、「楽譜くらい読めなくちゃ」って言いながら、子供を音楽教室に連れてこられるおかあさまがいらっしゃいますけどね。
そりゃ、がっこではトクしますけどね。
こっちは商売ですから、まず、教えますけどねぇ。
音楽の習い事は、どれだけ続けられたか、「自分が」好きな曲を自分で選ぶことができたか、やってみたい曲がたくさんあったか、が大事だと思います。
長いことやっていても、十八番や大好きな曲、大切な曲、忘れられない曲がナイなんて子供は可哀想です。
上手く弾けなくても、できるようにならなくても、好みがちゃんと自分でわかるようになった人は、それだけで充分だと思うのです。
「みんなやってるから」…なんて真顔でいう子供は………ため息が出ます。
むしろ、「これきらーい」って言ってくれる子供を育てたい、と思っていた私は、音楽教師としては未熟だったかもしれないけれど、実は本音なんですよ。



かく言う於音サン、子供の頃習い事は一切やったことがない。音楽以外。
そろばんも習字もお絵かきも水泳も。
塾すらいったことありません。
関西の某超有名女子名門校を受けろと言われて行ってみたことがありますが、一ヶ月持ちませんでした。
色々やってたら、どうなっていたんだろね。




某半地下乙女さま。
彼の人の楽譜、買っちゃったよ。あれは、本当に、いい。


また、私信。
フルムーン様
私の阿呆な疑問に応えてくださってありがとう。
また、ゆっくり考えてみたいな。
「助けると思って~」てな要望には、剣心応えなかったと思う。
でも、命がけの状態だったら、なんて考えてしまった私です。
あの病気は、スタッフ側の考えは架空のものだったらしいんですけど、そうは思えない設定でしたよね。
そう言えば、以前、熟女同盟の皆様や懐かしいマダムピーチと議論したことがあります。
答えは出ないでしょうが、それでも皆様の考え方や感じ方が伝わってきて嬉しかった覚えがあります。
一度、ゆっくり話してみたいですね。






今夜はとりとめなく。
いつも以上に。だらだらと。



相棒殿。
心配かけてごめんなさい。
元気になりましたから。












別窓 | 日々想うこと。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

地球はぐるぐる回ってる…ぐるぐる

5月22日(金)


不義理と怠惰の権化となってます於音です。
申し訳ありません。

於音サンただいま絶不調日本海溝最深部に漂う今日この頃。
先日どうも変、と思っておりましたら腰が痛くて動けなくなり。
いつもお世話になる針の先生には看て貰えず、マッサージを受けて帰宅しました。
どうも変。
そしたら発熱。

どうも風邪らしい。風邪か?

一週間ほど前、そういやぁ職員さんが一人、とんでもない声をしていたな。
一昨日、直接の上司さんが鼻水ずるずるでティッシュ使いまくっていたな。
んで、私?


今、風邪は笑い話にできん。


明日、職場中を使っての大イベントがあります。
なんと、ホール全部を貸し切っての結婚式。
ホントは今日も出勤して会場設定手伝う予定だったんだけど、さすがにサボりました。
1日寝ていましたからだいぶ楽にはなりました、ウン、なったと思う。
けど…。


ホントに風邪かな…

医者へ行くと良いんだけど。わかっているんだけど。




とにかく、寝ます。来週には復活。予定。


別窓 | 日々想うこと。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

あぁ、もう…

えっっと…

今日は何日だ?

最近、夜やれやれと座ったとたんに襲われる眠気。(相棒殿もこの間書いてたな)
この前までむちゃくちゃ雨で。寒くって。
今日は晴れ。
とたんに暑い。


西が騒がしいです。
相棒殿~、心配してます。
当然とも、過剰ともとれる反応に対岸の火事ではいられません。
月末、相方も大阪出張あり。(私もいくつもり)
今日、どうするの?って聞いたら、もちろん行くって。

あの人も、彼の人も、その人もin kansai
あぁ…




とにかく、ごめん。どえりゃあえらい…
しんどくて仕方ない。眠いです。


あれやこれや、もう少し時間ください……



別窓 | 日々想うこと。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

5月14日…

5月14日(木)


現在の正確な日時は15日ですが、気分だけでも14日にさせてね。

今日はとても良い天気で、やはり暑いくらいの1日でした。
3時頃からとても風が強くなってね。
いろんなものが舞い散っていたなぁ。

さて、どこのるろサイトさんでも決して忘れちゃいけない今日の日付。
あっちでため息、こっちで嘆息、そっちで瞠目、のドキドキの日。
全くそんなのお呼びでないよなココですが、ちょっぴり端っこにひっかかってみよう。



職場の近くで螢を育てているところがあって、今日辺り見られるかも、って以前書きました。
今夜、仕事の後、見てきましたよ。

ちゃんと、飛んでました。


目の前で螢が、脳内で音楽が飛び交っておりました。




ホントの螢、実は殆ど見たことがなかったんです。

職場のホールディスプレイにはほたるの里がありまして。
手伝ったのはもちろん私です。本体は設備課がやりましたが。
蛍の光を真似た電飾があるんです。暗闇にセットすると、螢そっくりに光ります。

今日、最初に本物を見たときの感想。

「ディスプレイの螢とそっくり……」        orz



一ヶ月ほど前に、螢の幼虫が光るのをみました。
アレは、本当に、本当に儚い光でした。
そして、成虫になった蛍の光は、ずっと強くなっていましたが、それでもやっぱり儚いものでした。
水辺の近くの、低木の葉陰に静かに音もなく留まっている螢。

5日くらいしか、生きられないそうです。


誰かが聞きました。
螢って何を食べるの?
幼虫はカワニナを食べるけど、成虫は食べないって…
水の中から生まれ出でて、出会ってすぐに恋をして、命を次に繋いで亡くなっていく。
命を繋ぐために生まれてくる。
ううん、死ぬために生まれてくるような。

螢が自生する場所に戻そうという運動なので、どんな環境だとどう育つか、今試しているところだそうです。
今日の螢も、半分は調査のため。
いつかは今日の螢たちの子孫が自らの力で飛び回ってくれる日を夢見ているそうです。



今日も燕は飛んでいました。
ただの水たまりのようだった人工の池には、いつの間にかアメンボが、水草が、メダカが(誰か、入れたのかな?)…
アヤメが綺麗に紫と黄色の花をつけていました。
以前、載せたことがあると思いますが、去年、玄関にあるでかい瓶に蓮が咲いたんですよね。
散ってしまった後、本当に泥が詰まった瓶にしか見えなかったんです。
とてもじゃないけれど、掃除できないほど、ヘドロが詰まってしまったデカイ花瓶、って感じ。
今日、気付いたら蓮の芽が出てる。



仏様の回りに蓮の花の飾りを置いたり、仏様自体が蓮の花の上に乗っていたりするのはよく見ますよね。
仏様の心は、泥の中に咲く清らかな蓮の花のようなものだそうです。
汚泥の中からも綺麗な花を咲かせられること。
よく、座禅を組んで、心を真っ白に、無にする、って聞きますけれど、これはものすごく難しい。
ウチの宗派では、入門編があって(笑)
妄想系の於音サンには実にぴったりなのですよ。
まず、汚い泥を思う、そこから芽が伸びて綺麗な蓮が咲く。
蓮の花の真ん中に、仏様の姿を思い浮かべる……と妄想を広げていくわけです。
やがて、仏様と自分は一体になって……あはは、できないけれどね。



今日は何と言っても特別な日ですもの。
ちょっくら妄想を(いつも以上に)働かせてもいいよね。

汚い泥の上を清めるように水が流れる。
その中を、醜い生き物が這うように生きている。
やがて彼らは時を待ち、生まれ変わってその姿を現す。
此の世の全ての穢れや悪を、一切寄せ付けないほどの強い艶やかな面を見せながらすくっと立つ葉陰に、やがて来る次の姿を夢見て待つ。
醜い姿から生まれるのは光を纏う姿。
けれど、やはり夜の住人。
それでも、精一杯の光で愛するものを探す。

艶やかな華の上で。柔らかな緑の葉の上で。


人の一生のような。




誰もが自らの奥にある暗闇と汚泥に気がつけば。
それは希望の葉が伸びてくるのを見る。
自らの意志で汚泥に身を沈めた自分でも、花開く種子を持っていて、やがて誰かをその葉の上で待つことができる。
幸せに生きるという言葉を知っていても、幸せは知らない。
死ぬために生まれて生きる人生を知っていれば、誰かを愛さずにいられないのだ。


蓮の台(うてな)のような世界で、淋しい光を放ちながら愛する人を待つ生き方が、哀しいのか、幸せなのか。








原作では、剣心の淋しい心を現すように木の葉が舞っていた。
その、淋しい、身勝手で、独りよがりで、それでもひたすら優しい心根は薫の声を殺したけれど、その光は薫の心に灯ってしまった。
光に照らされて、光に吸い寄せられるように、やっぱり淋しくて、身勝手で、独りよがりで、それでもひたすら優しい薫の心は剣心に届くのね。






今夜見た光は熱もなく、音もなく、淋しい、でも暖かい綺麗な光でした。
あぁ、かなわないな。




これからもしばらく、この光は私の胸にも灯ります。

この光が、今、苦しいあの人にも、彼の地のあの人にも、そして貴女にも届きますように。







すみません、お返事は次回に。









別窓 | 日々想うこと。 | コメント:1 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

夢は極楽浄土

5月9日(土)


今日も暖かいを通り越して、暑い1日でした。
お日様沈んだ後の気温差が、かえってキツイです。


さて、いきなりですが鳩摩羅什(くまらじゅう)ってご存じですか?
実在の人物で、西暦350年シルクロードの亀茲国(きじこく)という国の王族に生まれた人です。
仏門に入り、三蔵法師(玄奘三蔵が有名ですが、要は優れた法師に与えられる称号です)と呼ばれた人です。
何が有名って、古代インドのサンスクリッド語で書かれた教典を、中国語に翻訳したことで有名です。
その殆どが日本に来て、現実に今でも使われているわけです。

この方の人生、ドラマチックです。
亀茲国で尊敬を集めていた羅什は、自国を滅ぼした中国(当時、後涼)に連れて行かれ、17年も軟禁され、やがて長安で仏教経典の漢訳の仕事をした人。
35才の時に還俗しているんです。
つまり、坊さんなのに、女犯を破ったから。
通説では、あまりに優秀だったから子孫を残せといわれた、とか、また中国のあまりに俗物な将軍が聖者を貶めたくなったのか、とかいわれます。
狭い密室に女性と一緒に幽閉されたんだそうな。
結婚しないと、その女性を殺す、と脅かされたそうです。
(これはたぶん、間違いないだろうな。部屋に一緒に監禁されたくらいで35年守ってきた仏法を捨てちゃったとはちょっと考えにくい状況、かな)

中国へ連れて行かれちゃった後の羅十は漢訳の仕事を、亡くなるまで続けたそうですが、亡くなるまで僧であり、僧でない自分に自己嫌悪を抱き、深い悔恨の中で生きたであろうことは想像できます。
ましてや、自国を、家族を、全て壊し殺した国の人々のために生きなければならなかったのですから。

有名な「色即是空 空即是色」は羅什三蔵の訳です。


さ、ここまでは良しとして(何が?)ここからが於音サンの妄想となるわけです。

そぼくなぎもーん
誰か教えて。

ソノ気がなくても、人助けのためならできるんでしょうか?男って。


アイがなくてもデキルのは知ってるぞ。
それとも、「結婚するから助けて」って言ったとか?(で、後から正式に結婚したのか??)

於音、わかんなーい。



茶化す気持は全くありませんから誤解無く。
羅什三蔵は、私が尊敬する人の一人でありますし(女犯のコトを知っても全く、関せずでしたし)むしろ、敵国で生きた日々はどれほどの日々だったろうと思いますし。



何かとるろに結びつけちゃう癖は、私も抜けておりません。
そんな話、どっかで読んだ気もするぞ。

「人助けで剣心は女性を抱けるか?」ってヤツ。

薫と一緒になった後ならもっと劇的。
ううむ。
そりゃ、ヤだけどさ、そんな想像。

でも歴史を見ると結構あったりして。
羅什さん然り。
日本に布教に来た宣教師で、捕まって転んだあげくヨメ持たされて、って話もしっかりありますし。

反対に、女性なんか、敵の嫁さんにされた例は古今東西山ほどござる。
(巴さんが特別なんかじゃ全然ナイ)



何が言いたかったかって言うと、人間って哀しいなぁってことです。 ←なぁんだ

男も女も、山ほどの涙と悔恨の中で生きてきたんだろうな。
今の私たちの生活は、そういう人たちの上に成り立っているんですもんね。


そう、まさに、色即是空 空即是色、なのでありますよ。

オタク的妄想癖は相変わらずですが、少々沈思黙考於音なのでした。
(嘘つけ、言葉にしてるじゃんか!)





別窓 | 日々想うこと。 | コメント:1 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

うつくしいもの

5月8日(金)


名古屋地方は五日から雨続きでした。
今日は四日ぶりの晴れ。日中は気持ちよく暖かくなりました。

今、職場は新人さんラッシュ。
フレッシュさんはいませんが(年齢的にね。)気持も新たに何かを始めるにはちょうどいいかも。
ただ、新人さんへ仕事を伝えるのも結構面倒だと知りました(笑)
でも、これも仕事、仕事。彼らが動けるようになれば、私も楽できる~


その間に、少々面白くないことも勃発。すでに辞めた人がお客さんと連絡取って業務をかき回したり、
パートさんの休みを勝手に動かした職員がいたり。
(あら、この日はこんなにパートはいらないわね、ってやったらしい。そういう職員さん=正社員 、自分が一番時間ギリギリに出勤して、パートより早く帰るトンデモ社員なこと自覚ナッシング)

おっと、愚痴っちゃったよ、せっかく気分新たに新緑のシーズンなんだから、トンデモ社員のことなんか月の裏側まで蹴飛ばして、気持ちいいこと考えよ。



この間、コメントのお返事にも書かせてもらったんですけどね、中庭にある大きな池に数日前から燕がやってくるようになりました。
この春はセキレイの親子が遊びに来てたんですけどね。
燕ちゃんはものすごく気持ちよさそうに、池の表面を何度か滑空してね、モノの見事に水面をツイっと叩くようにして飛び去ります。
池って行ってもね、魚はいないんですよ。浅い水盤なの。
はて、燕って何食べるんだっけ?虫??
水面にいる虫をついばんでいるのかな??

それがねぇ、ホントに見事な飛びっぷりなのよ~
つぃ~と滑空、滑るように水面をなぜて、青空に身を翻します。
ホント、気持ちよさそうでねぇ。
カラスが羨ましそうに見てる。
アヤツらは体が大きすぎて燕の動きについて行けないみたい。

決しておどおどはしてませんよ(笑)
むしろ、「燕」であることを満喫しているようです。ウラヤマシ。



はっと気付けば往く秋に、雨に濡れながら植えた菖蒲に花が咲いた!
何度も工事で水路が潰され、そのたんびに「菖蒲が植えたるンだから、踏まないで~~」と大工さんを追い立て続けた甲斐があったってもんです。

先日の雨の中、匂い立つような月の色。

垣根にそっと植えたイチゴも花が咲いていた。これも植えたはいいけど工事で踏まれ、さらに水がやりにくくて枯れちゃったって思っていたヤツ。少しだけど無事、根付いて少々だけど育っておりました。
嬉し~。
イチゴのそばの垣根は、実はお茶の木です。
そっと、カテキン王国を忍んでおりましたが、これも無事育ってる。
綺麗な新芽が出ていてね(笑)
みなでこっそり「摘んできて、お茶にしよ、お茶にしよ、」って話してた。年配のおばちゃまが、やったことあるからマジでとってこようか、って言ってたの。
そう言えば八十八夜も過ぎちゃったね。


ちょっとゆとりを持って見回せば、綺麗な物がいっぱい。気持ちが良い物、いっぱい。
そうだね、キツイ、しんどい時にこそ、がんばって見回そう。

忘れないようにしなくちゃね。








別窓 | 日々想うこと。 | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

鳥になりたい。

5月3日(日)


今、書き始めに凄く困っちゃった。
何日かは覚えてる。でも、何曜日か全然わからなくって。
決して、惚けちゃったんじゃない……と思う。



ここ数日は、暖かくって気持ちの良い日が続いています。
職場の新しい庭にある水盤に、燕がすぃ~っとダイビング。
アレ、何しているんだろうなぁ。気持ちよさそう。
何度も繰り返し、やってましたよ。
ちょっと前はセキレイの親子だったし。

こういうシーンはホントに楽しい。
忙しさの中の、ちょっとした楽しみ。



反対に、ちょっとだけ哀しかったこと。
言葉にするのが難しい愚痴なので、追記にしようっと。 ←なら愚痴るなよ、私、ですよね(笑)




この所、ずっと動き回っているので疲れが取れないなぁ。
帰宅して、片付けてちょっと座ると、とたんにまぶたが下がります。
この前、雑文書いてたらそのまんま寝ちゃってね(笑)
次の日見てみたら、むちゃくちゃオモシロイ文章(?)になっとった。
このまんま公開した方がよっぽどオモシロイかも。
などとちょっと思った自分が哀しいわよ、またしてもね~


ゴメン、相棒殿。
必ずメールしますので。






別窓 | 日々想うこと。 | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 月のおと |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。