月のおと

星月夜と本があれば幸せだった於音が、なぜかはまった漫画「るろ剣」。空想と妄想と現実と…。日々想うことを想うまま、書く、描く。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

今日はふっるーい話。わかる人いるかなぁ。

4月30日(月)


今日は振り替え休日だったのね。
とても良い天気。とても明るい1日。そしてとても暑かった。
やれやれ、こうも一日ごとに気温が違うとやりにくいなぁ。

にじむような十四夜の月でした。
金星が綺麗。


もう毎度になっちゃったわ、愚痴。
本日は、3回コンセント抜いて起動し直して、ようやく動き始めました。
ヨンタ…
4回目でようやくネットに繋げたので、今のウチ(笑)大急ぎでサイト界を駆け抜け、日記だ、日記(笑)


ここ数日、テレビで「地球へ」というアニメの予告をやってます。
ご存じでしょうか。

予告ナレーションの中に「三十年の時を経て…」



がーーーーん




ってショックを受けるかとおもったけどね、この手のオドロキ、すでに慣れてるよん。


於音さん、リアルタイムで読んだよ、この原作の漫画。
この頃の竹宮さんって大好きでしたよ。
いっぱい良い作品がありますが、この「地球へ」も好きでした。
ドキドキしながら読んでましたね。

あ、今さらですが「地球へ」は「テラへ」と読みます。
地球のことを「テラ(確か、ラテン語かギリシャ語で大地、の意味)」って呼ぶのは当時、SF世界では流行だった気がしますが。
この漫画でいっぺんにメジャーになったような。
この中だったと記憶してます。
大好きな某サイト様のすてきマスター様のお名前を最初に見たのは。


この辺の記憶は何と言っても「三十年前」ですから、不正確だったらごめんなさい。

SF大好きオンナノコだった私は、この頃手当たり次第に読みまくりっておりました。海外、日本の小説、漫画…。
最近よく名前を聞いた「ル・グィン」の小説にも夢中になってたなぁ。
「渚にて」なんて古典中の古典SFに感動して、「文部省(当時は文部省ね)ご推薦」の課題図書をほっぽり出して、読書感想文をかいたりしましたね。
この頃一番泣いた本が、聞いたことある方もおられるでしょうが、ダニエル・キースの「アルジャーノンに花束を」でした。
もう、号泣、でしたねぇ。

何だか、やたらと感動してばかりいたような記憶があります。
ま、私にも多感だった時期があった、ってことかしら。

手塚治虫の漫画に感動し、SFに夢中になり、エンタープライズに乗って夢は宇宙を飛び、リアルタイムで連日科学館のプラネタリウムに潜り込んで。
もち、少女漫画にもいっぱいはまっておりましたし(ベルばらやエースをねらえ、とかね)ハンカチ持って出るのを忘れても、本を持たずに外出することは無かったなぁ。
ルパンにホームズ、クリスティ、ムツゴロウさんやドクトルマンボウ、ギリシャ神話にローマ神話、聖書に古事記に日本書紀。
このあたりは10才くらいから17,8才頃の私の愛読書でした。


むむむ、たった一つの漫画の思い出からこれだけ芋づる式に出てくるってこと自体、年取った証拠可ね(笑)
まぁ、いいわ。
久しぶりにあの頃を思い出したな。
実は私、中学生くらいの頃の自分が嫌いでね。
人と付き合うより本と漫画に埋もれていた方が幸せだった、利己主義で自己チューで暗かったっす(笑)

こんな40代を迎えることになるとは想像してなかったかも。
だって、進歩してないもんね。
夢中になってるものも相変わらずだし(そりゃ、少々広がったけど)



ちょっと開き直ってね。


天体望遠鏡、も一度、ゲットしようか……な♪


私信


ごろにゃーーーーん
(頭なでて、なでて。スリスリスリ…)



スポンサーサイト
別窓 | 日々想うこと。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

繋ぐ右手が温かい…

4月29日(日)


世の中しっかりゴールデンウィークだそうで。
今日はとっても綺麗な1日でした。
風は爽やか。日差しはあったか、鳥は歌い、今年初のアゲハチョウも見ちゃった。
でも、終日お仕事でした。
外が見られる仕事場で良かったよ。

ちょっとだけ秘密の場所があってね。
仕事場の敷地のはずれに小高いところがあって、そこから某所の方角を見ると、ただ今野生の藤が真っ盛りなの。
若緑の中、一部が紫色ににじむように光ってる。

こういうのを見ると、ひとりクサっているのが実にお間抜けに感じます。
自然はやっぱり偉大です。ちょっと寂しくなるほど素っ気なくほっておいてくれて、ビックリするほど暖かい。


昨日、ようやくるろ完全版ただ今20巻分を新しい棚に収めました。
もちろん、あと2冊分も確保(笑)
で、ベッドサイドのちょっぴりアブナい本達(違う、違う、宝物よ、宝物)も整理して某所に保管し直して。
でかい紙袋二つ分の本達を古本や行きに決定。
るろの単行本、売っちゃおうか、とちらっと悩む。
うむむ。完全版が出たら売っちゃう、って思っていたけど、思っていたけど、けど、けど…。
結局中止して再びベッドサイドへ。決心がつかぬよ~。

ぷぷぷ、女王様、私しっかり持ってるわ。少佐と伯爵。
今回も居残ってくれました。手放す勇気はござんせん。
「ぶぁかもの~アラスカへいけ!」って一括されそうだし。
いやぁ、以前「イブ…」を売っちゃったときは後悔、後悔。
どうもお互い、ごつい黒髪さんには弱いみたいねぇ♪少佐にタバコ、師匠にお酒…(いい男には必須アイテムがちゃんとあるのね)


がんばって整理してもしつこく居座っている本の山。まだ雪崩の危険は去りません。
相棒殿のように図書館が上手に使えません。
いついつまでにこの本を…って言うのが苦手なのかも。
気に入った本は手元に置きたくなる、っていうのもネックかも。


お月さんも太ってきましたよ。
完全版最後の発売日はもうすぐ。満月の日です。
たったそれだけのことでナゼか嬉しい変なアタクシでありました。

ところでちゃんと、アップされるかな。毎日ヒヤヒヤ…


別窓 | 今日のため息… | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

なんともならん

4月27日(金)続きです


昼間のテストは何とかカントカ、のようです。
アップはできたけど、管理者ページからの確認はできなかったよ。


持ち歩き用の、B5ノートパソもネットに接続不可です。
半日かけて原因と対策をやりましたが、出た結論が「ウィンドウズの入れ直し、それでもダメならメーカー送り」でした。

もう笑うしかないでござるよあははははは


夕方、医者へ行く。
右手は使いすぎだって。
左手にも痛みが来ているので気をつけないと。


いっぱいいっぱい迷惑かけて。
いっぱいいっぱい心配かけて。

ごめんなさい。

そして、ありがとうございました。

暖かいメッセージもらって、もう、携帯握りしめて涙出てきました。
暖かいメッセージもらって、パソ前でも一度泣けました。


いっぱい書きたいことがあるのですが、今回も上げられるかどうかわからないのでひとまずこれで。


あ、そうそう


乙女さーん。桜の剣心はワタクシの元にございます。
大事に大事にしてきましたよ。
せっかくの宝物がどうかなっちゃうことのないよう、がんばりますね。




別窓 | 日々想うこと。 | コメント:1 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

てすとでござる

4月27日(金)


夕べ木曜日、ここに日記を書きました。アップできませんでした。
何回か試したけど、やっぱりダメ。

で、ただ今金曜日の午後。
今からもう一度テストです。
まるで昔の私みたいに低血圧なヨンタ。
しばらくほっておくと動くようになるのです。だから、一時間ほど放置しておきました。

これでアップができるかな??

別窓 | 日々想うこと。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

ぱらぱら散る葉を受けて

4月26日(木)


今日は良い天気で暖かでした。
でも、風が強くて困りました。
木の葉がまるで雪のように降っている。
一年で一番綺麗な時期だと思うのに、なぜこんなに寂しく見えるのだろう、って考えてた。

職場はただ今工事の真っ最中。
緑豊かな場所にあったのにね、古い建物は見る影もなく、新しい建物の邪魔をする木は容赦なく切り倒され…

泣いてるよ。

仕方ない。
うん。わかっているけどね。
それでもやっぱり、痛いものは痛い。



自然ってなんて優しいんだろう。
人間が横暴に振る舞うのをだまって許してしまうのかしら。



時々、暴れても仕方ないかもしれない。
これは、直接被害を受けてない者の戯言だな。




いっぱいいっぱい心配かけてます。

ごめんなさい。

そして、ありがとう。


別窓 | 今日のため息… | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

ぱらぱら散る葉を受けて

4月26日(木)


今日は良い天気で暖かでした。
でも、風が強くて困りました。
木の葉がまるで雪のように降っている。
一年で一番綺麗な時期だと思うのに、なぜこんなに寂しく見えるのだろう、って考えてた。

職場はただ今工事の真っ最中。
緑豊かな場所にあったのにね、古い建物は見る影もなく、新しい建物の邪魔をする木は容赦なく切り倒され…

泣いてるよ。

仕方ない。
うん。わかっているけどね。
それでもやっぱり、痛いものは痛い。



自然ってなんて優しいんだろう。
人間が横暴に振る舞うのをだまって許してしまうのかしら。



時々、暴れても仕方ないかもしれない。
これは、直接被害を受けてない者の戯言だな。




いっぱいいっぱい心配かけてます。

ごめんなさい。

そして、ありがとう。


別窓 | 今日のため息… | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

聞こえるけど言葉にならない

4月25日(水)


もう25日だ。
今日は午前中曇り空。夕方から晴れた、かな。
帰宅は夜11時半だったけど、あえやかな上弦+1日の、ちょっと太り始めたお月様。久しぶりだね。


ダメかな、って思ったけど、試しにヨンタを起こしてみた。
幾つか入れない所があるけれど、何とかここには来られたので日記。
はて、メッセンジャーとかは繋がっていたのかしら。

いい加減メンテがしたい。


全く駄目だったらどうしよう。ヨンタを諦めなきゃいけなくなったらどうしよう。
相棒殿のタイガーは大丈夫だったみたい。
さっき行ったらね、もう、一瞬クラックラするようなすてきなものが見えたわ。(ええなぁ)



疲れてとても眠いんだけどね、ここんとこ寝ると仕事の夢見るからやだなぁ。


仕事するのがイヤだとは思わない。
何があっても仕事は仕事。
ただ、一生懸命するだけだ。
わかっているけど、時々気持が↓になるのは私の弱さ。
中途半端な自分の弱さ。




実はペンタブが全く使えない状態になってます。
スキャナは怖くて試せない。
でも
絵が描きたいなぁ。





ヨンタのばか。


私のばか。
別窓 | 日々想うこと。 | コメント:1 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

とりとめなく、仕事って大変。

4月24日(火)



ちょっと切ないです。
仕事のシビアさは重々、わかっているつもりですが、それでも、とんでもなく切ないです。
今日、一生懸命働いている若い人を思いきり裏切る形になってしまった…。




ヨンタ、重体です。
起動すると必ずエラー。で、画面の一部が変化しちゃうし、システムの復元も、もはや不可能となりました。
唯一の救いは、時間がたつにつれて反応が戻ってくること。



一生懸命仕事することで、誰かを傷つけなくちゃならないなんて。
それでも、前に進まなきゃ。


こう言うときに、昔聞いた言葉を思いだす。

「誰かが幸せを感じた分、どこかで別の誰かが不幸になっている」


さすがの私も長年学習してる(つもり)
だから、凹むのもハイになるのも自分の心次第、と思っています。
それでもね、時々やってくるわ。

自分の能力を評価される目安って何でしょうね。
「君ならできる、ガンバレ。」これって難しい言葉だね。
誰より高く評価されることは幸せなことのはずなのに。

クス…私だって逡巡するじかんがあるんだよ~~(と無意味にさけんでみる)



さすがに、疲れました。





別窓 | 日々想うこと。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

ぼろは着てても心は萌色。

4月23日(月)


今日も暖か、だったはずなんですが、午前中、底冷えするような場所で仕事せざるを得なくなって、鼻水ぐしゅぐしゅ、くしゃみはするわ、お腹はひえるわ、腰は痛くなるわ…。さんざんでした。
ちょっと困ったな…なのは、膀胱炎が再発しそう。


今年に入ってから、新しい職場の正社員になった私。
先月までね、どうも変だなぁ、って思っていたの。
実は、きちんとした正社員のお給料、って貰った経験が無いんだ、私。
だから、どういうふうにいただけるものかよくわからなくてね。
3ヶ月間黙っていたんだけど、この前、機会があったから恐るおそる尋ねてみた。
で、結果、今月のお給料、40%カットでございます(泣)

もろもろのお金が引かれていなかったそうで(笑) ←笑って良いところか?

来月もこれなら、困っちゃう。


まぁ、お金は天下の回りもの。
何とかなるでしょ。


この所、職場はお菓子責めでございます。
和菓子に駄菓子に洋菓子に。
よりどりみどりの嬉しい責め苦。

「お菓子は控えます」

なんて宣言しちゃったモンで、

「Oさん、今日は○○堂の××があるよ~。食べん?」

なんて誘惑をかいくぐり……1日ガマンしたのに最後の最後、綺麗な和菓子が届きました。
しかも、賞味期限は明日まで。
ひい、ふう、みい、…数えてみたら事務所にいる人数も少ないし…

なーんて言い訳しちゃって、ついに食べちゃった。


あぁ、しみわたる甘さ=幸せ……



それにしても、和菓子って芸術品だよね。
あの、綺麗さ。



明日も誘惑が多そう。
あぁ、辛いなぁ。

もう、負けそうですわ。




そうそう、思いっきり私信。

おかぁさーん、例のお店の所在地教えて~。究極のバーム、食べたくって~~~。同僚に知ってる人がいたのよ~~





もひとつ私信。

女王様に敬礼!
しかと了解いたしました。優先順位特一で考えさせていただきます!!!!!!!!!!


別窓 | 今日のため息… | コメント:1 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

一瞬の夢

4月22日(日)


朝から暖かい雨。
柔らかい湿気。
新芽が喜んでいます。

いつだったかここに書きました。
厳しいセンパイが窓から見える木に、果物を刺していた、という話。
あれ以来、時々、私が刺しています。
私だけでなく、古くから勤めている他のセンパイも、時々刺しているらしい。
らしい、っていうのは、その餌場となる木。
すっかり緑に覆われて真冬の様子と様変わりしたから。

一昨日、オレンジを二つに割って差しておきました。
そしたら、昨日、今日と二日とも来てくれたわ。
何の鳥かわかりません。
私はこういう事には疎い。
でも、どうやらつがいのようです。
緑の葉っぱがやけに動いているなぁ、って思ったら、黒い影が。
よく見ると、尻尾の長い、インコほどの大きさの鳥がオレンジに頭を突っ込んでいる。
で、となりにもう一羽。

かーわいー♪

来てくれて嬉しいなぁ。
他に、どんなお仲間が来るんだろう。
あ、あの鳥は何の種類なんだろう……


明日はリンゴだな。



ところで、本日久しぶりにまたしても地下倉庫へ潜りました。
くすん。
右手が悪化しちゃったわ。

悪化と言えばヨンタ。
帰宅して、起動したらまぁ、嫌がる嫌がる。
全然動かない。
終いには終了できなくなった。

まぁ、一番下のバーも青になったり、白になったりしてるしね。
何度も再起動させて、ようやく、ここへ来られました。

あら、もう、「明日」になっているじゃない……orz




疲れました。寝ます。
さっき、お風呂の中で一瞬うとうとしてしまった。
相棒殿のバレエだけちょこっと見ていたせいか、


剣舞を踊る師匠

を見てしまいました。とっても………



す て き ……

えへへへへへ~



別窓 | 妄想あれこれ | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

彼は必死に闘っていた…

4月21日(土)


今日は暖かな1日でした。でも、夕方になったら曇り空に。
空気がポヤヤンとした、春の宵。
昨日から「穀雨」という二十四節気の一つに入っています。
この時期に降る雨は穀物のために必要なもの。
明日、慈愛の雨が降るかな?
この春に降る長雨を「春霖(しゅうりん)」といって、やっぱり木の芽を芽吹かせ、蕾を育てる恵の雨とされます。
良く聞く「春雨」というのもいいですが、日本語って綺麗ね。




ブログデザインを変えてみました。ちょっと早いかもしれないけど、螢バージョン。
何でも七色螢が飛ぶそうです。見つけたらクリックしてください。何やらあるらしいんですが、私自身まだ見つけられません。

実は少々自棄(やけ)気味で。
だってやっぱりなーんかおかしい愛機ヨンタ。
いい加減、私もエラー表示を見るのに馴れて来ちゃった。
何が起こっても良いように、思いついたときにしておこう、くらいの気持になっちゃったわ。




前、ここにも書いたことがある近所の気の良いわんこクン。
ほら、雀のお宿の側に住んでる優しい奴。
愛想の良い人気者だから、結構近所の子供達とかがお菓子を置いていく。
先日も覗いてみたら、何やら鎖を思いっきり伸ばしてね、後ろ足で立って必死に顔を突き出してる。
で、私の顔を見るなり、情けなさそに尻尾を振って何やらお強請りボーズです。
見たらね、犬用の肉の缶詰が置いてある。彼からはほんのちょっとだけ遠くて届かないところに。どうやら、缶詰を開けないでそのまんま貰ったらしい。
缶詰って言っても、今のはほら、プルトップ、って言うの?輪っかを引き上げてぱかって開けるヤツね。
そう言えば、聞いたことがある。
彼はなかなか器用な犬で、缶詰を上手に自分で開けるそうな。
どうやらいつもの調子で貰って、自分で開けようとしたあげく、失敗してほんのちょっとだけ遠くに転がってしまったらしい。

「お願い、とって下され」

そう言われているようで。
この子のね、下がり眉毛(ホントにそう見えるのよ)見てると、どこぞの剣客さんを思い出してね(笑)

で、缶詰を拾って彼のテリトリーへちょこっと移動。
…とみたら、プルトップの輪っかがとれちゃって、五ミリほどの穴が空いている。
そこから良い匂いがしてる。
これは辛かったろうな。
いかにも美味そうな匂いがしてるのに、ほんのちょっとのタイミングで手の届かぬ所へ言ってしまった愛しの缶詰。
まだ、何処かへ言ってしまったなら、雀に餌をとられても怒らない彼のこと、きっと諦めただろう。
なのに、目の前にあるのだ。
ほんのちょっと鎖が伸びたら、鼻面が伸びたら食べられるところにあるのだ。

「ヨシ、辛かったね。ちょっとまって。」
「スマンでござる。頑張ってみたが、こればかりはちょっとムリでござった。しかし諦めがつかずに苦慮していたので助かったでござる。」

犬語で会話をしながら缶詰を開けようとしたけど、輪っかがなくなっているので開けられない。
こう言うとき、牙がないと困るなぁ。

「ど、どこへ連れて行くのでござる!拙者の大事な薫、じゃない、缶詰を…」

と焦る犬剣を置いて、私は千枚通しをゲットするために大急ぎで帰宅。
で、缶詰のふたを必死でこじ開けて彼の下へ。


無事、送り届けました。
幸せそうに食べてました。


数日後、今度はあんパンの袋を前に苦悩する彼を発見。

器用なはずの彼は、ビニール袋をちゃんと破いて捨てるんだそうです。
が、今回も彼は鼻先へあんパンを置いて、世の不幸を一身に背負った顔をしていたわ。
…以下、同文。


まさか、誰かがわざとやってるとは思えないけど。
(ちょっとだけ、気持がわからんでもない。彼の、あの表情見たさにちょっとだけイジワルしたくなるような気持。)



それにしても、「あの頃」の剣心を想像するのは面白いですね。
まさに「彼」と同じじゃなかったかしら。
美味しそうなうさ耳の薫を目にしてるオオカミ剣心か。
はたまた無邪気に尻尾にじゃれついてくる天真爛漫無邪気な狸娘にじれじれしてるぽあぽあ尻尾の狐剣心か。

どうやって「いただきます」するかは皆さんの「萌心」のなせるところですが、ふと思ったわ。
現実の彼にはお節介なワタクシがおったけど、「剣心」にお節介を働くとしたら、やっぱり左之だろうか、妙さんだろうか。


ふふ(笑)

やっぱ、剣薫はすてきです。
剣心、彼のように涎は垂らさなくてもいいから(笑)いつまでも薫ちゃんを追っていてね。
で、薫ちゃんはあんぐり食べられちゃってください。
だって、そこまできっと、ずいぶんと待たせちゃったんじゃないかしら。
剣心の首、きっと伸びてるよね。
今は伸びてるのは鼻の下か?



妄想とまらない於音でございました。


一つ私信。以下、続きで。


別窓 | 妄想あれこれ | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

もっと美味しい話がかきたいな。

4月20日(金)


ひっさしぶり…というか初めてじゃないでしょうね…
真っ昼間の更新です。
今日は夕方までお休みでござる~~(嬉)


なんてウキウキしている時間はござんせん。
夕べ、遅くに(もう、今日になってたな)瑠璃部屋に一つ、アップしました…というより、してもらいました~。

先日からどうしても機嫌の悪いパソ・ヨンタ。
昨日は突然またしても日本語入力がダメになりました。
しかも、びるだくんが思い通り動いてくれない。
どうなってるんだろう…って、またしてもお世話になりました。
オカンレンジャー・Dr.beni。

何とかアップはしたものの、問題点を残したままでおりました。
先ほど、確認しようとヨンタをたたき起こすも、起きてくれない。
ようやく起きても、エラー、エラーで先へ進まない…


システム復元しようとしても、またしてもエラー。
で、仕方ないので4日ほど前へ戻してみました。(こっちはできた)
どうやら直接の原因は二日前の自動アップデート。
いらないプログラムだと思ったので「いらんよ~」って途中でキャンセルしたんですが、これがインストールされてたみたいで。



根本的な不調の究明と対策ができていないので不安は否めませんが、なんとかAtokも戻ってきたし、このブログにも入れました。

まったく、こんなんでサイトの管理人の端くれって言えるのかしら、と激しく凹む…。




気持切り替えよう。

相棒殿曰く、「於音さんの剣心はよく食べてるね。」

ううむ、さすが相棒殿。
確かに、食いしん坊の私が書くんだからね。
大体於音さん、唯一の自慢が…

「ほとんど好き嫌いが無い」でございますゆえ。


もちろん、苦手なものはあります。お金出してまで食べたいとは思わないってものもあるけどね。
基本的に出されたものは全部美味しく頂けます。
でもね……


だーーーーれも信じてくれないけど
私、子供の頃拒食症でして(笑)

ホラ、信じられないでしょう??アナタ(←誰やねん)


ちっちゃい頃は、お腹が空いた、という気持がわからんかったのよね。
でも、叱られるから食卓に座って、一生懸命口を動かしていた記憶があるなぁ。
そういやぁ、ハダカにされて納屋に放り込まれたこと、あるな。
お灸されたこともあるし。
「ごめんなさい~、ちゃんと食べます~」って泣きながら戸をたたいたこともあるなぁ。

なんで食べられなかったかわかりませんが、中学校に入ってからはちゃんと食べられるようになりました。
遅いけどね。

今じゃ、誰も信じてくれない食いしん坊+大食漢。

一人で食事するのも、全然平気。
皆でわいわい食べるのも大好きです。
でも、苦手なのは人が食べ物や料理に対して文句を言いながら食べるのに付き合うこと。

「ね、今日の○○、まずいねぇ」
「今日の××、ちょっと柔らかすぎるよねぇ」
「食堂の○×、もうちょっと美味しくしてくれないかなぁ、そう思わない?」

って同意を求められる会話が一等苦手。
同時に「これ、美味しいでしょう?どうしてもっと食べないの?嫌い??」とか
「え、こんなのどうして食べられるの?変わってるね。」
ってのも苦手だぁ。(スキに食べさせてくれい)

人の好みはそれぞれだから。
感想を持つのは当然だし、私だって美味いモン食べたいよ。
なんだこれ?ってのもあるけどね。
私は究極の我が侭でね。
食べ物にカンしては自分が美味しいと思うもの、有り難いと思うもの、それを一人で満喫したい。
一緒になって「美味しいねぇ」って笑ってくれる人がいれば、もっと嬉しい。
けど、人と感想が違っても、どうでもいいわ。私が美味しけりゃ。

ま、自分で上手に作れないからだって言われたらぐうの音も出ません。
苦手だもーん。
(だから、人が作ってくれたものには全く文句が言えないのかも。)


剣心は、贅沢は全く言わないけど、ちゃんと食べるものは食べる人だと思うな。
生きなくてはならない。
生きるためには命を喰らわねばならない。
だからこそ、必要もない命を奪うことに「新しい世界を作るため」という大義名分が必要な自分。
それでも、それでも生きなくてはならない。


薫の料理だからガマンして食べるんじゃないの。薫が作ってくれる大切な命の糧だから、どんなものでも美味しく食べられるだろう、なんて思っちゃう。


これからも剣心にはちゃんと食べて貰おう。
大好物さんを含めてね♪

ご感想が頂けると嬉しいです。どうぞよろしく。
別窓 | 日々想うこと。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

銃は必要ありません

4月18日(水)


今日もまだ、寒いよ~


青息吐息で、明日中に何とか小咄一つ、アップできる……かもしれない…。




また、ヤな事件が次々と。
短絡的な恨みで人が死ぬ。
簡単に殺せる銃があるから…なのだろうか。


以前、どこで読んだ、何の話だったか忘れました。
江戸時代、刀はね、人を斬ったときにその感触が刀を通して直に伝わるのだと。
人の命が吹き出て消えていくのを手が、体が感じるのだと。
でも、銃は引き金を引く瞬間しかない。
引き金を引いた瞬間の恐ろしさは覚えても、人の命を己の手で鷲掴みにする感覚が無い。

だから、江戸時代はむやみやたらに刀は振らない。

刀を抜けば、そこにあるのは命のやりとり。

銃を使うようになって、人の命はとても軽くなった。





幾つかの話のミックスかもしれません。



アメリカテレビ映画に「冒険野郎マクガイバー」というのがあります。
ご存じの方、いらっしゃるかしら。

主人公は自分の想像力、工夫する力、行動力を駆使して危機に立ち向かうの。
銃を持たないヒーローです。
実は幼いときに間違って銃をつかって人を傷つけた経験があります。
その恐ろしさから、自分は決して銃は持たない。

そんなヒーローが出てくるお話しで、私は大好きでした。

その中でマックは、アメリカ社会から銃をなくすことをメッセージとして伝えます。
銃をなくすために働くマック、という話が一本ありますよ。
最後の場面で、応酬された拳銃、えっと、一万丁だったかな?百万だったかな??その山を前に「まず、取り敢えずこれだけ」という会話をします。
まだ、銃社会の、ほんの少しを削っただけ、という周囲の人に「ゼロよりは前進。100でもゼロよりはまし。」というような台詞を言います。
現実に、マクガイバーを演じた俳優さんは、全米の銃社会に警告を発しているグループに属しているそうですよ。

たった、一丁、されど、一丁の鉄砲。



人を斬り殺す、なんて残酷の極みのようですが、斬った人間もやっぱり傷をおっているでしょう。でも、どんどこそんな日本人の心は忘れられて。

やがて、簡単に人を殺してしまう、想像力の貧困な社会が残るんでしょうか。


この数日、銃で命を落とした方達のご冥福をお祈りいたします。




別窓 | 日々想うこと。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

あぁ、重かった…痛かった…

4月17日(火)


……寒い

何で、今日はこんなに寒いの~~?
風邪ひきそうだわ。


先日から一つ小噺をアップするために四苦八苦しております。
ホントは、別な話をアップするためにいろいろやってたのですが、なかなか進まない~と焦っていたら、時期が来ちゃったから、前から用意していた春用を…とね。

ところがであります。

どういう訳か壁紙ができない…
画像が入らない。
以前作成したページも使ってやっているのに、どういう訳か巧くいかない。

…なぜだろ。

ま、この間から引き続いてるヨンタの不機嫌…
ここ数日、まともにシャットダウンもできないし。
なんか、ヤ○ーにあったシール何チャラも、設定してあったのにいつの間にやらぱぁになってるじゃない。

そのせいだとは思えないけど。
たぶん、私がどっか間違えているんだろ。


…というわけで、相棒殿、黄色い小咄を上げようと思っていますが道は遠いでござるよ。




先日、いつものように勝手にテレビをしゃべらせていたら(帰宅するとパソとテレビのスイッチ、必ず入れます。たとえ前にいられないときでも)CATVで「ヒトラー最後の○日間」という映画をやっていました。
これまたいつものように最初を見ていないし(だから、○の中は14か17か、10か、不明)途中も随分抜けている。
だから、登場人物も誰が誰やらわかりません。
ヒトラー役の役者さんが迫真の演技で、よくドキュメンタリーで見るヒトラーをとても彷彿とさせます。
で、エバ・ブラウンさんもわかった。
でも、あとは誰が誰?でした。
これが重くて痛い映画。
すごくシリアス。

戦争映画は昔、よく見ました。
この頃は意図的に見ないようにしてました。
今回も、見たくないな~って思いながら、気がついたらテレビ前に動きが止まる。

ヒトラーの扱いについても、いろいろと解釈はあるでしょうが、戦争が引き起こす狂気は良く伝わったしね。
野戦病院のとんでもなくリアルだったこと。
もう、胸が痛い痛い。
そして、もう一つ思ったのが、ヒトはなんて簡単に殺し、なんて簡単に死ぬんだろうってこと。
思いこみの恐ろしさ。
狂信の恐ろしさ。

調べれば○の中に入る数字も、俳優さんについても、すぐわかりますが、どっか調べたくない、知りたくない、もう見たくない、って気持にもなってます。




一つ、気の抜けるような、情けない話。
テレビをつけといて、部屋でごそごそしてた。
聞こえるのはドイツ語。言葉の様子で、あ、ヒトラーがしゃべってるな、ってわかるの。
そしたらね、時々、「ヒムラー」ってはっきり聞こえるわけ。
当然だよね、有名だもん、「ヒムラー」
でも、思わず反応しちゃう自分に……orz

そう言えば、大昔の子供の頃「デビルマン」の漫画を読んでショックを起こしたときにもあったわ。
「ヒムラ」とかいう名前。
登場人物(?)の、誰だったか忘れちゃったけどね。
あの時、名前のモデルは史実のナチ党員ヒムラーかしら、ってちょっと思ったっけ。
後から現実に「ヒムラ」って名前の方もみえるんだし、日本語だから…って思い直したっけ。

実はほんのちらっとだけどね…
るろを初めて読んだとき、思い出していたんだ、このこと。
(わざとヒムラって名字にしたんじゃないよね…)
あ~、ヤダヤダ。

どうも屈折してるな、私。
ろくでもない連想してるな。




気分を害した方が見えたら、ごめんなさい。



あ、地震を心配してくださった皆さん、ありがとうございました。
ウチも大丈夫でしたよ~。







あっら、日記をアップしてみて気付いたわ!
知らなかった!!!

日曜日に書いた日記が消えてるよ~
と言うか、アップ失敗したみたい……


何か、もう、ホントに………

別窓 | 日々想うこと。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

バトンくるくる◎◎

4月14日(土)

夕べの雨に洗われて、空気が澄んでる土曜日でした。
ただ、風が強くて桜の花が、もみじの種が…

それから檜?

どうりでくしゃみ…。腰にひびくんだ、これが。
今年くらい花粉症ヤだ、って思った年はないな。


さて、先日相棒殿ともらったバトン。
殆どかぶっているけどね。
ま、いいや、ってことで載せちゃいましょう。
私もあくまで直感ね。
少々色の名前に凝っているのはここしばらくの愛読書のせい。

ほぼ同時期に愛しの木さんにも同じバトンを戴きました。




さな姐様  知  鬱金色   秋
おりん様  温  橙     初夏
マサキ様  透  銀     冬
館長様   安  桔梗(笑) 秋
春虫様   緩  洗朱    晩夏
真様    新   青    秋
かおり様  礼  橘     晩秋
なお吉様  心  曙      初冬
ささら様  空  水色    秋


うう、回せない方達がいるだろうな。

ちなみに、私が今回考えた相棒紅様


親   東雲   初冬


私がシマコさんをイメージすると、どうしても…

次 臙脂 初冬

となっちゃう(笑)
なぜか、どてらを着ている次男が浮かぶのよ。どうしてだろう。


そうそう、先日書いた「那由他」について。
出典を書いておくのを忘れたわ。
塵劫記(じんこうき)という江戸時代に書かれた本にあります。
ちなみに、華厳経というお経本には無量対数の次の(!)大きさの数についても書かれているそうな。
人間の想像力、ってどこまで広がるんでしょうね。
あの、星の輝きを見つめて、数々の物語を紡いだ古代の人たち。
月の模様から、愛らしいウサギや蟹を思い浮かべた子供達。
眩しい太陽にすら微かな影を見つけて、烏の姿を想像して見せた古の人々。

そこにはどんな小さなもの、どんな大きなものへの関心と興味と変化への愛情があるような気がするな。




葉陰にいる妖精やお化け。
地の底の神様や岩戸の影の女神様。
みんな愛しいものばかり。
子供の頃、私も鬼太郎の大ファンでしたよ(笑)
ちょっと前の私のヘアスタイル、回りから鬼太郎ヘアって呼ばれていたのよ、相棒殿~。(実は内心嬉しかったりして…)

別窓 | 日々想うこと。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

師匠みたいで…スキ♪

4月13日(金)


花曇りの中、夕方から少々風が出てきて、雨がふってきました。
この名古屋市の桜も今夜で最後でしょう。


さて、先日からしつこく話題に載せていた「でんでら」の童歌。
私の大好物、ミカン色に輝くあの超高級ナマモノ様から答えを教えてもらいました。

そう言えば、あの番組は面白い、と相棒殿もおっしゃってたなぁ。

於音さん、夜ばいの訳がきぼ…ゴホゴホ



さてさて、ナマモノ様~と叫んだことから思い出したことが。
時代劇大好きな私、萬屋○之介が大好きでした。
「破れ~」シリーズが大好きでしたね。
「破れ奉行」も好きだったな。
ほとんど地上波のテレビ番組が見られないので、何かしているときはケーブルテレビをつけっぱなし状態です。
で、「破れ~」シリーズの、「破れ新九郎」ってのがあってね。
犬猫ナマモノ 生き物オールオッケーのお医者がね(人間は診ない)主人公の、あとは悪人を最後にはバッタバタ、って話です。

子供の頃ね、見て忘れられないシーンがあったの。
先日、それをやっていて、またやっぱり考えさせられちゃった。


いつものように(時代劇のワンパターン)悪人に翻弄された善人がいて、その理不尽さに怒った主人公が最後にその剣の腕を披露して終わり、って話ですが、あるお話しの大団円の部分でね。

「でも、○○たちを斬っちゃって、俺たち、大丈夫かな?」
「大丈夫のはずあるめぇ。人間を斬っちゃったんだ。ばれないはずねぇじゃねぇか」
「どうなるんだよ」
「決まってらぁ。俺たちゃ、間違いなく地獄行きだな」


たったこれだけなんですが。
もちろん、台詞は細かいところで違いますよ。
私の貧弱な記憶に頼っていますから。

勧善懲悪の時代劇でね、最後のみんなが集まって大団円を迎える、って結末はお約束だよね。
その、お約束の中で主人公自ら「地獄行き」を宣言。

新鮮に思ったし、同時にずきん、と来るほど驚きました。
シリアスな場面じゃないところで、さらりといわれる恐怖の一瞬。
好き勝手を生きている主人公の、根底にある使命感と武士道に触れたような気がしたわ。

袴に刀に…なんていったらこれ以上の萌番組はないさね。
剣心だったら何て言う?なんて考え込んでしまったわ。



別窓 | 日々想うこと。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

腰がぴきっと~~(泣)

4月12日(木)


春らしい良い天気。散る桜が綺麗。
でも、朝から憂鬱。
軽度のギックリ腰のようです。

軽いと思うのは、何とか動けるから。
できないのは、歯を磨いたり、おじぎをしたり、の動作。

今夜も急遽、鍼に飛び込む。
変なところに打たれたわ。それでも楽になるならガマンするわ。



ほんの少しずつですが、リアル棚の整理も始めました。
今まで、片隅に押し込めていた(ナイショの)本や、例の桐箱さんも収納(笑)
この桐箱をね、どうするかですっごく迷った。
箱のまんまで置いておいたら、まずなかなか、開けないだろうな…って。
迷ったあげく、中から出して別々に。

最終的にはテレビの隣りに置いてやろうか、逆刃刀のペーパーナイフ。
二本並べられるから、忍者刀もおいてあげようかな(笑)
DVDも出したから、今度こそ(!)絶対見るぞ。
箱はお土産箱となりました。なんだそれって?ふっふっふ




知らんかったわ。鬼太郎って結婚してたの???

相手は誰、誰??




ところでですね。
私はあんまり経験ないんですが(男性もいる職場)女性の皆様、お茶を同僚とか上司に出すの、抵抗ありますか?

私はよくわからないの。
自分が飲みたいときにね、誰かいたら、必ず声をかけます。
で、ついでだから、入れる。
○さんはストレート、×さんはミルクのみ、△さんは両方フルで、とかようやく覚えたかな、って思うんだけど。
でも、そう言うことに抵抗する人もいる。
ふーん、そういうものなのか~。

はて、なんでイヤなんだろう。


で、コップを置きっぱなしで出歩いちゃうヒトもいるわけで。
で、しょうもないなぁ、って苦笑いしながらカップを片付ける。
別に、イヤじゃないんだけど、やっぱりそう言うことに抵抗するヒトもいる。
使い捨てのカップを入れよう、って提案があったわ。
わざわざ今あるカップを捨ててまで、体制を変えなきゃいけない理由がピンと来なかったので、一応良いじゃん、今まで通りで、って意見を言ったけどね。
考えてみたら、そう言うことに時間を使いたくない、って考え方もあるわけで。
うーん、考えが足りなかったかもしれない。
でもさ、

「Oさん、他人の分用意してあげて、当然のように片付けるのに抵抗無いの?」

って聞かれてしまって、答えにつまってしまった。
なぜか、うん、って答えられなかった。角が立つと思ったのかな。
仕事時間は全て、仕事のために使いたい。
そういうもんかもしれないね。





このまんまでは潰れる…ということで、週が開けたら(土日は休めん)どっかへ逃げるかも。
マジな話、どっかの病院へ、と言う話も出てる。

それはいやでござる。


お願い、二日で良いから、なーーーーーーんにもしないで(好きなことだけさせてね)いさせて欲しい。

たまってる中途半端落書きを仕上げたい。

特に半脱ぎ師匠とか……(笑)



別窓 | 日々想うこと。 | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

於音の萌心は無量大数…

4月11日(水)


すんません。
何とか生きとります。
桜吹雪がきれいです。
いつの間にやら春爛漫。


何とかインフルエンザにひっかかるのだけは回避した模様。
でも、あちこちにガタがきて、何をするにも痛い、だるい、めんどくさいに陥りました。
やたらと出血、肌荒れアカギレぼろぼろ手足、腰痛と頭痛と痺れ。
オマケに鬱々とした気分。


こうしている間にも、どんどこ時間はたち、物事は予定に従って進んでいきます。
我が家においては、リアル瑠璃部屋改装計画が進行中。
一応、棚がつきましたよ。
家具屋さんって、偉いなぁと思いました。
単純な壁じゃなく、マンションの梁やら電気、ガスの配線やらを縫うように作り付けの棚を作ってくれました。
お陰で、カエル殿一家や色紙剣心やうり坊ちゃんや新顔の雛人形(我が家の新参者剣薫カップル)などなどなどの居場所が決まりそうです。

もうちょっと片付けに熱意と根気が使えたら、きっと今頃…。


新しい仕事が来るかもしれない。
何でこんな時に。


文章だけはごちゃごちゃ渦巻いてます。
戴いたバトン(なんと、お二人からもらっちゃった。有り難いこと!)も考えてはおりますし。



相棒殿の話に出てきた那由他。
そう言うタイトルの漫画があったの知ってる?
主人公は文字通り「那由他」というオンナノコ。
中身もその名の通り、スケールの大きなものでした。


 一・十・百・千・万・億・兆・京(けい)・垓(がい)・抒(し、じょ)・穰(じょう)・溝(こう)・澗(かん)・正(せい)・載(さい)・極(ごく)・恒河沙(こうがしゃ)・阿僧祇(あそうぎ)・那由他(なゆた)・不可思議(ふかしぎ)・無量大数(むりょうたいすう)

って進むんだよね。古いインドの言葉なので、仏教用語になってるやつがあるな。
もちろん、一より小さい割・分・厘・毛の後も続くけど。
他にも距離を表す由旬(ゆじゅん)、とか時間を表す劫(ごう)とか使われてます。
この話を聞いた時ね、そこまで考えて名前をつけちゃう古代インドの人たちの想像力に脱帽!でした。

想像力ったってね、「ガンジス川の縁にある砂の粒の数」とかね、「天女が100年に一度降りてきて、その薄いひれ布で大きな石をなでる。その石がすり減ってなくなるまでの時間が一劫」なんて気の遠くなるような事を考えた(らしい)。

すんごい想像力。
ご先祖様バンザイ、っていいたくなるのは私だけかしら。

そんなこと考えるとね、心が何て言うか、すっとからっぽの空間になるような気がします。



なにやらすごい寄り道してるな。

とりとめが無いのはいつものことだけど、いつもより気まぐれになっている気がするな。



とにかく、元気になります。



あ、相棒殿に新しいストラップを………



そうそう、先日書いたどこぞの遊び歌。

私、いまだに意味がわかりません。
どなたか意味をご存じの方、ご教授下さい。



でんでらりゅーば でてくるばってん
でんでられんけん でてこんけん
こんこられんけん こられられんけん
こんこん


っていうの。
さっぱりです(笑)
別窓 | 日々想うこと。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

こられられんけん♪

4月7日(土)


せっかくのイベント日だったのに。
必死に準備したのに。
雨降っちゃった。
まぁ、何とか終了。
帰宅は夜10時半でした…。
昨日、イタイ思いをしておいて良かった。


相棒殿の日記を読んでいて、ふと思い出したこと。


あれは私が5才の時です。幼稚園だったから、覚えてる。
ふと、頭の中に浮かんだ遊び歌のようなものがあって。
友達に「こんな歌知ってる」って歌ったことを覚えてる。
でも、誰も知らない歌だった。
意味も全くわからず。
親に聞いても知らないって。
当時、私は関西。今の相棒殿のお家の近くにおりました。

そのまんま、すっかり忘れておりました。
まだ最近になって、初めてその歌が九州方面の遊び歌だったことを知りました。
さだ○さしさんの「がんばるんば」って歌に使われていたの。


「でんでらりゅうば でてくるばってん でんでられんけん でーてこんけん~♪」

って続くのね。


大人になってから、何かの拍子に思い出す度、いったいどこでこの歌を聴いたんだろう、って思ってた。
~ばってん、って言葉があるから九州方面の歌なのかも、とはかんがえたことがありました。
でも、そのまんま、また記憶の淵に。


どうにも思い当たらないの。幼稚園には九州出身のヒトなんかいなかったと思う。

なんでこんなにくっきりと記憶しているんだろう、って不思議に思ってました。


相棒殿の「胎児の記憶」ではないでしょうが、唯一、おもいあたることとしたら、私が生まれたのが九州福岡県だった、って事くらい。

九州と言っても全然記憶がありません。
母曰く、まだ赤ちゃんのころに関西に出て行った、とのこと。
でも、引っ越しの前に九州中を旅したよ、って言うの。
「覚えとらん?あちこち観たの」

おかぁさま、一歳やそこらで観光旅行して、覚えているはずないでしょう?


でも、その頃しか思い当たらない。
私が九州の子供の歌を聴いた事なんて、他ではあり得ないようだし。
ちなみに、私は生粋大阪下町人と、生粋名古屋人とのハーフでございます。

子供の頃に身についた歌とかは、なかなか忘れないものですが、この歌くらい、回りに誰も知っている人がいなくて、ってのはありませんでした。

私の記憶力はひどく気まぐれ。しかも、この時に使い果たしたと見えます。


やれやれ。


どなたか、この歌ご存じですか?

別窓 | 考えてはみたけれど… | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

生存報告

4月6日(金)


あらぁ、同居人様がお出かけになってしまわれた。
今頃、袴で運動会をなさっているだろう。もうお休みになっただろうか、寝言でグーグー言いながら(爆笑)


於音、久々に月からの音をきいた日から絶不調。
アンテナは全開、仕事も全力、さすがにすり切れてきてる。
昨日は全く動けなくなりました。
生きてはいるよ。だいじょうぶ。
肘に鍼を打たれた。コレ、ものごっつ、痛かったです。


何のことはない、ヨンタはきっと、私を写しているんだろう。
書きたいことはいっぱいあるけど、今はとにかく休みます。
文字通り、動けなくなるのが怖いから。


鍵はみたよ。
ご飯は…(舌に口内炎ができちゃって、食いしん坊を少しの間返上。でも、今まで蓄えた分があるから大丈夫)


おやすみなさい。


別窓 | 日々想うこと。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

ふっかつなるか…へたれるか…

4月3日(火)


思わず3月、って打とうとした。
やれやれ…


今日は綺麗な満月が。
夕べは薄闇の中、朧な十四夜の月でした。
桜はほぼ、満開に近い。
毎年、この時期、日本人に生まれてよかったなぁって思うわ。


今夜に狙いを定めていたのですが、右手が痛いです。
夕べはちょっと、テンションアップ。
キーボード打ち打ち、鉛筆カキカキ。

調子に乗りすぎた。



今日、瓦屋根ほどもある硯を三つ、倉庫の奥から引っ張り出したら右手がご臨終です。





今も痺れてる。



ついでに喉も痛いんですけど。ついにうつされたかな?
職場で、Tさん→Eさん→Iさん→Mさん→Uさんと来たんですが、ついに次はOさんか(笑)
って、冗談言ってる場合じゃゴザンセン。

どうしてもやりたいことがあるので、もうちょっとがんばって…
ヨンタもガンバレ、あと少し入力するよ。

月がきれいですから。




別窓 | 日々想うこと。 | コメント:3 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

ああ、しまった…

3月31日(土)


…ヤになっちゃうほど疲れちゃったので、帰り道、ウチの近くの桜の下でぼやぼや道草、夜桜見物。
ぼ~っとしてたらいっきなり雨が降ってきた。
あわてて帰宅したら追いかけるように、すごい雷。



眠い、というより、疲れた。
体の節々が痛いのは今日一日のせいだと思いたい。
そう、断じて昨日のせいじゃないわ。


さっき、相棒殿の日記を見てすっごいショック。

…大事な大事な人へのお土産忘れた。



orz




随分前に、とあるお店で見つけたブツ。
絶対いつかの日のために、と大事に取っておいたのに。
何でか、すっかり忘却の彼方。


orz




なんでや…


昨日なんて、ショッピング妄想フル回転の時間があったのに。




それよりも、何よりも、お会いしたかった……
あの、信じられないくらいの超絶美天使様に……




ああああ、私の馬鹿。



泣きたいくらいがっかり。
確かに聞いてたはずなのに。




体痛いし、心もイタイや。
右手の痺れもひどくなっているような…
いかんな、ちょっと心に余裕がなくなってる。



寝よう。



…それにしても、なんでこんなに忙しいんだ。
別窓 | 今日のため息… | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 月のおと |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。