月のおと

星月夜と本があれば幸せだった於音が、なぜかはまった漫画「るろ剣」。空想と妄想と現実と…。日々想うことを想うまま、書く、描く。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

大晦日。今年の締めくくりでござるよ。

12月31日(土)


さて、大晦日。
今夜は珍しく、ちゃんとその日のウチに書きます。いっつもね、ブログ上の方にある月の日付と、日記の日付が一日ずれてます。(気づいてらっしゃる方、いるよね。)
そうです、私が日付をまたいだ夜中に書くから。

今日は朝からごそごそと片付けを。夕方早めに食事をとって、家から車で15分ほどの所にある「熱田神宮」へ行ってきました。
毎年、大晦日にここへ行って、一年間のお礼を言います。
この神社、かなり大きく有名な神社ですので、お正月はすんごく混みます。
で、このブログを書いたら、今度は近くの旦那寺へ除夜の鐘を突きに行きます。
これも、恒例。
ここ何年かは鐘突行事の手伝いもしてましたが、今年はお客さんをさせていただく。
で、お参りをして、夜中過ぎに帰ってきます。
以前、元気だった頃はね、この、鐘突の後、いったん帰宅し仮眠をとって、明け方近所の神社へ初日の出を拝みに行ってました。
近所の神社、ちょっと小高い丘の上にありまして、私が住んでる街に昇る朝日が拝めたんです。
(某犬舎のお日様おっかさまが初孫のために行かれたところ。)
さすがにしんどくなっちゃってね、誰もつきあってくれなくなったんで、今は除夜の鐘だけにしましたが。



振り返ってみると、怒濤の一年。
一昨年の夏になるんですね、いきなり「るろうに剣心」なる漫画にはまちゃったのは。
サイトの存在を知り、二次小説なるものの存在を知り、実に様々な出会いがありました。パソ大の苦手の私が毎夜格闘することになろうとは、ね。
観る読む専門のおばちゃんが、図々しく出入りし年若いムスメさんたちと一緒にきゃぁきゃぁやらせて頂けるなんて夢にも思っていませんでした。

今年お正月。ナニも考えずに名乗ってたおねーサンを於音にあらため一年がスタート。
某お方の孫誕生に刺激され何故か、絵を描き始めたのがこのころかな。
2月、思いっきり大変だった仕事が一つ終了。緊張の瞬間でした(その時の総まとめ資料作りが実はまだ、完成してない……)
4月の桜舞う明治村。感激でした。「るろが好き」という共通項で結ばれた方達との出会い。
実はこの時、私個人にはもう一つ大きな出会いと変化がありました。
全く想像もしてなかった展開。今でもあの時、あの瞬間を思い出すと不思議な感動があります。
それが今、ここで「月からのおと」を聞くきっかけとなりました。
その後、フットワーク軽く大阪までるろカラオケしに新幹線に飛び乗る、など奇行がそろそろ目立ってきたのもこのころかな。
またこのころ、実家の母が実は大病を患っていることが発覚。入院だ、検査だ、手術だ…と大忙しとなりました。
全部すんで、無事退院したのは秋風吹く頃。
10月のオンリーが内心、いけるかしら、と心配してましたが何とか行けました。
またまた、そこで新たな出会いをいただき、もう、感激で。
オフ会にどっこんどこん出かけられて嬉しくって仕方なかった今年の秋。
そして、いつかは、と思っていたけどまたしても偶然が後押しをしてくれて(偶然は必然)始めたこの「月のおと」。
何とか今日までは無事に思考と気持の垂れ流し、続けられたわ。

その間、仕事では信じられないような事が起こって「仕事したくない病」にかかっちゃったり。
高校時代の級友が突然亡くなったり。
やたらと体調が悪くて「年のせいか…」と凹んだり。
オヤと冷戦状態に入って毎日地雷を踏みそうになったり(笑)

この一年、様々出会いがあって、どれほど喜び、励まされ、考え、嬉しかったことか。
このおしゃべりでお調子者のおばちゃんにおつきあい下さいまして、皆様本当にありがとうございました。
思うに、黙っていれば学校の先生のように大人で物静か、口を開けば甘えっ子のかしましオババ、見た目と中身のギャップにずいぶんとご迷惑をかけたなぁ、と。

繰り返します。皆様、本当にありがとうございました。
そして、これからもどうぞよろしくおねがいします。

新しい年が、皆様にとって明るく心豊かな日々となりますように。
スポンサーサイト
別窓 | 日々想うこと。 | コメント:1 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

年賀状、あぁ、年賀状……

12月30日(金)


今日は割と過ごしやすい天気でした。風がおさまったせいか暖かく感じます。
午前中、ひたすら年賀状がんばる。

やたらと賀状、賀状と叫んでいました。
仕事でね、アナログ年賀状をたくさん書きます。
それが終わって仕事が終了する28日頃から、自分の分を書きますが、その前にたいてい、家族の分を書かねばならない。
これがまた、数が多いんだわ。今年はハンコ、使っちゃったし。
それから、自分の分を書く。
自分のは、数は書かないんですが昔からずっと、一枚一枚表も裏も手書きで全部書く、と言う主義でした。ちゃんと、墨すってね。
今住んでいる所に引っ越したとき、差出人の自分の名前の部分だけ、パソの力を借りるようになりました。(住所が文字数の多い、めんどくさいのになったので)
その内、イラストだけちょっと、印刷したり、と堕落の道をたどり………

堕落はないだろ、堕落は。

パソを使うようになってみて、初めてわかるいろいろなこと。
これは、センスが必要だ。それに、面白いわ。

ハイ、言い直します。
その内、イラストだけちょっと、印刷したり、とデジタルに進化を遂げ、ついに今年は殆どパソの力を借りてしまいました。

今年は住所録も入力してみました。
新しいはがき制作ソフトを入れてみたらね、これ差出人だけ印刷できないの。
で、結局誘惑に負け、宛名も殆ど、パソになっちゃった。
恩師に出す分くらいは手書きにしました。
後はひと言足すくらい。

これはこれで楽しかったけど、やっぱりできるなら一枚ずつ手作りしたいなぁ。
出す人出す人一人ずつ思い出して、その人のことを思って挨拶したいなぁ。
基本的に手で書くことが好きみたい。
ただ、仕事で書く量が多すぎて、目は痛くなる、背中は板になる、手首は腱鞘炎になって痺れが出て…最悪は肩こりが酷くなって吐き気がします。
いつか、仕事を辞めて賀状書きから解放されたら、元のように丁寧な賀状に戻れるかしら。どうだろう、いったんパソを使う面白さに慣れちゃえば、元に戻れないかも知れないな。

そうそう、とっても嬉しいことがあるんで、描いておこうっと。
この前予告をもらってた、比古師匠が無事、到着された!
何と、クリスマスバージョンで。
もう、嬉しいったらなくてね。剣心と漫才 師弟の会話もしてる。
あぁぁ、ホントに幸せだ。
師匠、良くいらっしゃってくださいました。
お待ち申しておりました。
剣心もよく来てくれました。
ほんっっっとに、嬉しい。
遠い空の詩人様。心からお礼を言います。ありがとうございます。



今日、もう一つ大ポカをやった。
駅の近くの駐車場にね、車を停めておいたんだけど、出庫するときにあわてて1万円札を入れようとしてしまったの。
ペッと吐き出されて、あら、と思った瞬間、お札は機械の隙間に吸い込まれてしまった…えええ???どこ行ったの??
…で、仕方ないから電話してね、係の人に来てもらうまで待機。
無事取り出してもらえたけど、ナニやら情けないドジでしたね。30分ほど時間も無駄にしました…。
お札が詰まったりはあるけどね、ここに入れちゃったのは初めてみたよ、と係員に笑われちゃいました……。あああ…


お月様は完璧に姿を隠してしまいました。
明日は新月。
クリスマスのイルミネーションも一息つき、街も何となく暗い…。
と言うことは、星の光がとても綺麗に届く、ということです。

冬の星座は華やかです。
冷たい氷のような光…のハズなんだけど、暖かいのはどうしてかな?
別窓 | 日々想うこと。 | コメント:3 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

昔は子供だったみんなへ。

12月29日(木)

今日も良い天気でした。でも、ゆっくり外の景色を楽しんでいる暇がなかったわ。
何だか、あっという間に一日が終わっちゃった。


夜、小学校のクラス会がありました。
もう、10年、毎年のようにこの時期にあります。恒例になりました。
さすがに女性の出席率はあまり良くありませんが、今のところ、誰も欠けず、皆ちゃんと消息がわかっているので嬉しいです。

女性陣が集まると、やはり子供のこととかに話題がなりますね。
今の子供たち、受験生になると、毎日夜10時頃まで塾なんですって。
それで、夕飯はおべんと持って塾で食べる…。親は毎日、迎えに行くんだって。
親としてかわいそうで見てられないけど、皆やってるし、本人がやる、と言うと「やめたら?」と簡単に言えないから辛いところだそうです。

そうよねぇ、よく、深夜の店に5,6才の子供が親と一緒に来てるところに出くわしますが、思わず「おーい、子供はとっくに寝てる時間だよ~」と思っちゃいます。
まぁ、塾通いなら仕方ない、ともいえますが、親のつきあいで遅くまで起きているってどうなんだろう……。

今日のクラスメイトの中に外科医をしている人がいますが、つくづく言ってましたよ。
「医者は、とにかく体力勝負。一番身体を育てる小学生の頃に、ひたすら勉強して医大に入っても、後が続かないんだ。まず、社会に出たら体力だよ」って。
もう、何人もの医者が身体壊してつぶれてしまうのを見てきた、とも言ってました。
なるほどなぁ、と思います。

勉強は必要。でもねぇ、知識をつけるより、知恵をつけて欲しいと思うのは身勝手さなのかな。
塾や習い事のはしごをしている子供たち、何となくかわいそうになってしまいます。

今くらい、子供が生きにくい時代はないかも知れないね。
外で、子供たちだけで泥だらけになるほど遊んで、沈みゆく夕日を見ながら家に帰る、と言う図はもう、なくなったのかしら……
秘密基地作ったりね。空き地を探検したり。ケンカしたり、イジワルしたり。
そういう、親にも内緒のわくわくすることがいっぱいあって、それが楽しくて仕方ない時期だと思うんだけどね。
今は危険もいっぱいだしね。生き難い時代なのね。

来年もまた、こうやって皆で揃いましょう、と固く約束して帰宅しました。


今年もあと2日間。
疾風怒濤の一年間。
最後の締めは31日にしたいけど。
ずいぶんと刺激的で楽しくて、にぎやかな一年間でした。

人間、幾つになっても新しいこと、嬉しいこと、楽しいこととはやってくるものですね。



月は顔を出しません。
くらい夜、暗い星空。でも、明るい夜。
この慌ただしさの中、思わぬ事故や思わぬ災害がこれ以上、おきませんように。
別窓 | 日々想うこと。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

かそけき音に耳をすまして…

12月28日(水)


今日はしばらくぶりの快晴!お日様きらきら。
でも、風が強くて寒い~~。
木の葉がくるくる舞ってました。もう、瑠璃が気にして気にして。ずーっと、窓辺で外ばかり見てましたわ。木の葉が近くに来るたんびに、ぴくぴくって反応するの。


さて、ただいま於音は酔っぱらい中です。
「イク年クル年大人の熟女メッセ忘年会」になったね、あれは。
太陽のおかぁさまと、最近二つ名が多すぎて大変な「中部エロ同盟関西支部長」さまと3人でもう、萌える燃える。3人ともお酒片手にヤリたい放題。
で、お酒が弱い(はずの)私。意識こそ飛ばさなかったけど途中めろめろですわ。
お酒のせいじゃないかもね。何のせい?>春画師さま(笑) ←新たな名前ですわ

へろへろ状態で日記を書こうって良い度胸じゃーーーん。

今日は今年最後のお仕事の日でした。
帰宅したのは遅かったけど、何となく、帰り道足取り軽かったわ。
明日からは真剣に年越し準備。自分の分の賀状、手つかず…。
がんばります。

久しぶりに夜、星が綺麗に見えました。
残念ながらやっぱり月は間に合わなかったけどね。
南の空を見ると、りっぱなオリオンが光ってました。オリオンもね、三つ星を対角線にして紅い星と蒼い星が並んでます。ちょっと離れ過ぎな所が寂しいけどね。
実はあるんですよ、寄り添った紅い星と青い星。
私の憧れの星。剣心と薫の星。
全天で一番美しい連星と言われるアルビレオ。
思い入れが強すぎるので、これについてはまた今度。今見られる星じゃないしね。
やっぱり私、星が好き。
何かがある訳じゃないと思うけど、とにかく、見ていると時間がたつのを忘れるわ。
嫌なことも忘れるわ。


かそけき音って言葉がある。
万葉集「わがやどの いささ群竹 吹く風の 音のかそけき このゆうべかも」(大伴家持)
月や星の音を聞いているとこの「かそけき音」という言葉を思い出します。
ある人は「幽けき」という字を当てていたわ。ぴったりだと思った…。

降るような星を見ているときは、きっとしゃらしゃらと気持ちよく鳴るんだろうな。
映画の名作「2001年宇宙の旅」の最後に「full of stars」(星でいっぱいだ)って言うのがあるけど、世界を覆い尽くす星の輝きは、かそけきなんて言葉じゃわからないほどの、無音の音に包まれていたろうな。
一度、聴いてみたい………
月のおとを聴いているときは、光が内側に射すのを感じます。音はねぇ……、やっぱり言葉にはできないなぁ。

昨日、お墓参りの話を書いたけど、ウチのお墓へ行く道は、途中で竹林の横を通ります。どんな日も、そこを通るときは必ず足が止まるよ。で、思い出すのが、またしても上に書いた「かそけき音」。
さやさやと鳴る。音にならない音。
あ、るろファンですもの。竹林では別な音もしますわよ(爆笑)

星から聞こえるのも、そんな音。銀色の音。

今日の私はちょっと浪漫チックだったかな……。恥ずかしい。

さぁ、年末。あと少し。
ごめんなさい。今日も月からのおとはおやすみさせてね。
別窓 | 日々想うこと。 | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

さすがに、眠いです……

12月27日(火)

朝から時折ちらほら雪が舞う日。寒いなぁ。
もこもこ格好に着替えて、墓掃除へ行く。
父がひとり眠っているお墓は、某大学の運動部室の前。
もともと、運動選手だった人だから、その方が寂しくないだろう、と墓を建てるときに決めた場所でした。こんな季節でもね、雑草は生えていた。(いったい最後に来たのはいつ?あぁ、秋だぁ。)

雑草を始末して、お墓を磨いて、年末、もう一回来るね~と言いながらお寺へ戻る。
ありがたいことに、お寺の中に喫茶店があってね。そこでココアを頼みました。
あぁ、生き返った~~
それっくらい、寒かった…。指先が、指先がぁ…。

復活してから買い物に出ました。
給料ももらわなきゃ、と仕事場に寄ってみる…。用事もあったし。
ところが、顔を見るなり、仕事を3つばかり言いつかってしまい、5分の予定が1時間に…。

ついでに今年最後の大ポカをやっていることが判明。むっちゃくちゃ、怒られた。
あああ…
私は結構、こういうポカを叱られるとずううううーんと来ます。
しまったぁぁぁぁぁ、と時間を戻したくなる。
反省して、次は間違えない!
うん、わかっているんだけどね。重々、わかっているんだけど、気づくと頭の中でリフレインがエコー付きで鳴ってる……。

日頃、口では偉そうなこと言ってますが、私自身は酷く凹みやすく、しかもいつまでもぐずぐず引きずるやっかいな性格です。
実に情けないなぁ……。
性格をいっぺんに代える薬ないかなぁ、と思うわ。
あぁ、ホントに情けない。
あんなに大きなポカをやるなんて……


夜、一生懸命年賀状作り。今年はずるして、シャチハタでぺたぺた。所が、これが結構重労働。入力する方が楽かもしんない。
う、腕が痛いじゃない…。
指先も痺れてきたわ。そろそろ末期だな……

昼間、買い物のついでにパソコンショップに寄ってね、セキュリティソフトを買ってみました。
先日来、調子悪くって仕方ない我がパソ四太。
思うに、とあるソフトをダウンロードで入れたせいのよう。
msnに繋がらなくなるし、ネットもつなげない。起動も終了もエラーだらけ。
ぶうぶう言いながら、買いに行ったんだけど…。
同じようなソフトが、ほぼ、同じ値段で、同じところに並んでる…。
困るよう~こういうの。
いくつか教えてもらったソフトもあるんですが、一つは外国ので、ダウンロード自身に私が自信ないモンで、諦めました。
お店のお兄さんに、「どっちがいい?」と聞いてみる……。
参考にはなったけど、でもなぁ……

ノートパソもあるので、結局両方買って来ちゃった。別々のソフトをデスクトップ四太とノートパソ子に入れてみることにしました。
これも、正月休みにしか手が出ないなぁ。
がんばらなくちゃ。

只今、足下ではプリンタ・ヒュー2号が活躍中。
これをするとね、おかしいことに瑠璃が反応するんです。
どこにいようと、必ず飛んできてね、プリンタの紙がペッと吐き出されるところを飽きずじーっっっっっと見てるのよ。
音を立てる度に何やら反応してるわ(笑)
これは面白いわ。いつか、写真に撮って、載せようっと。


正直、疲れました。
月からのおと、少し聴き始めたんだ。連絡したいこともあるんだけど、でも、今晩は勘弁して下さい。
昨日さんざ、遊んだからね、疲れたなんて言っちゃいけないかも知れないけど、本心は本当に疲れた…です。

さすがにね、これだけお月様見てないと、調子狂うわ。
星が見たいなぁ。
星も無く、月もない…そんな闇夜は寂しいね。
そこにいるってわかっていても、それでも、寂しいよ。

これは、恋に似ているわ。
別窓 | 日々想うこと。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

おでかけですか?ええ、ちょっと隣街へ…なんてね(笑)

12月26日(月)


さて、月曜日。無理矢理もぎ取った休日です。
本来なら朝から大掃除だ、年賀状だ、年越し準備だ…のはず。
確かにね、いろいろ動いてはいますがどこか、息苦しいよ。
原因の一つは最近愚痴っぽくなっていることだな。
ほら、12月が何となく、追っかけられてるような気がしてキライかも…なんて愚痴っちゃったところからね。


ということで、毎年この時期になるとやっちゃう京都トンズラプチ家出。
一瞬ね、横浜くらい行こうかな…と思ったんですが、やっぱ、正月用の買い物を考えると京都の方が…って、トンズラになってないね。
ま、いいや。

そしたら、朝になってまたしても相方さんついてくるって。
え~。
ま、いいや。


お昼から行ってきました京都の町へ。
新幹線にてきとーに飛び乗って。
窓から見る風景にちょっとした開放感。
(ここで、私信。北の町のガーデナー様、トンズラ一人旅がしたくなるの、何となくわかったわ。雪の中、買い物に行って下さってありがとう。次の機会が楽しみになります。)
おや、すぐ雪景色になりました。
米原あたりになると、雪景色は当然なんですが、やはり先日の雪の影響は残っているようですね。
しばらく山間を走っている間は、横殴りの雪。水墨画のような山がとても美しかったです。

で、京都。
やっぱり、一歩降りたったら空気が冷たいわ。
ちょっと駅構内を歩いてみる。(あぁ、この間京都へ来たときは、11月、大事なお方のお見送り会でありました。何となく懐かしかったりして、京都駅)
本日の目的地は「錦市場」
ここ、好きなんですよ。
活気があってね。何か、凹んでいるときにぶらぶらしてると、オラオラ、しっかりせんかーい!ってお尻を叩かれているような気がします。
美味しそうなんだわ、町中が。
買い物しながらつまみ食い。
つきたてお餅に、練り物(串に刺して食べやすくしてある。イカのすり身が美味。)、珍味(お酒の肴好きな私にはたまらなーい)のイカ明太や塩辛、忘れちゃいけないお漬け物。
あぁ、しあわーせ。


後は四条をぶーらぶら、日頃のぞけないようなブランドショップや京都らしい和物のお店を彷徨って、夕食は京都、って思ってたけどつまみ食いが影響してお腹いっぱい。
仕方なく、そのまま列車に飛び乗って。
地元に戻ってから、京都の思い出捨てがたく、京豆腐料理を食べに行きまして、本日のプチ家出(にどう考えてもなってないな。笑)終了。

帰宅後、がんばっていろいろやっとります。
只今足下(足下デスク下にプリンタが置いてあるから)では年賀状を印刷中。
手、動かないもんね。家のは四太とプリンタ・ヒュー2号に手伝ってもらう。

あぁぁ、アナログで絵が描きたいよ~。

さぁ、いよいよ年末。明日はがんばってお墓掃除に大掃除。
パソ四太の世話もしてやりたいしな。
机まわりの発掘作業もしなくちゃね。

がんばります。

帰り道、空を見上げると灰色の雲。
あぁ、お月様、見たいなぁ。
別窓 | 日々想うこと。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

カエル殿、もうすぐ師匠が来るでござるよ…♪

12月25日(日)

クリスマス。
今日は日曜…だって事、すっかり忘れて出勤。いつもの時間に来ない列車に?。
お陰で少々遅刻気味。あぁ、あせったわ。


今日で仕事、今年の仕事、絶対絶対終えるぞ~と拳を握って仕事始め。
今日で終わらないと、間違いなく明日以降ずれ込んで、そのずれ込みは間違いなく正月休みへとなだれ込む。
今日は何しようと、たとえ残業になろうと絶対終わるぞ~。



毎度思うけどね、この熱意、分割して少しずつ使っていれば、きっと順調に仕事は進むんだろうな……



仕事をしてたら、人の気配。ふと顔を上げると懐かしい顔が覗いてる。
なんと、10年ぶりに会う、高校時代の友人。
ちょうど、10年前結婚してすぐの彼女の新居へ遊びに行って。それが最後になってたから、ホントに懐かしかった。
「変わらないね、私はオバサンになったけど」と開口一番。
ウッと詰まってしまった。
ホント、変わってた。
昔から落ち着いた、年よりしっかりした人だったけど。
今は貫禄が出ちゃって浮ついたところがないオトナの女性の顔。

何か、私一瞬恥ずかしくなったぞ。

淡々と近況報告して。
で、やっぱり話題は家族の話になった。
私と彼女は高校時代、自然とできた4人ほどのグループの一人だった。
グループと言っても、いつも一緒のいつもの4人、ほどの結束力があった訳じゃなく、ただ単に出席番号が近くて何となく一緒にいた、程度の結束力だったと思うけど。
その中で、一番元気印で一番バイタリティにあふれていたのがこの間、生き急いで天国逝っちゃった友人。
一番男の子にもてて、でも、一番結婚に向かないかな、と思ってた友人が割と早く結婚して今は子供が二人いる。
一番奥さんがお似合いで向いてる、と思ってた友人が、今日会いに来てくれたS。
でも、結構遅い結婚になった。
今でも覚えている。結婚式でみた彼女の新しい親族。
苦労するだろうな…と。
今日、しばらくぶりにあった彼女にひと言、「大変だった?」と水を向けてみた。
やっぱり、大変だったらしい。
旧家に嫁いじゃった彼女。今の世でもまだやっぱりあるんだわ。
いろいろ努力したけど、あきらめたらすっきりしたと言ってた。
そう、子供ができなかったの。
今は、一生の仕事も持って、旦那さんと仲良く暮らしているとのこと。
「やっと、探していた自分の場所が見つかったから、今は幸せ。」

あぁ、本当に良かった。
心から思ったわ。子供云々はその人その家庭、それぞれにある家庭の、個人の事情。
他人が横から口を出す事じゃない、それはわかっている。
ひと言では表せないような年月があったはず。
そして、今の落ち着いた、いい大人の女性がいる。
それ以上、詳しい事情を聞く必要もない。今、彼女が幸せなら良いわ。

わずかな時間だったけど、とても充実した時間だった。
高校時代は同じ年、同じ場所に同じような人間が十把一絡げで放り込まれる。
基本的には皆平等。家の事情なんて忘れることも可能。
それが、一歩社会に出ると、それぞれの事情、それぞれの人間関係。そしてそれぞれが持つ仕事や家庭。
子供さえいなければ、離婚できるのに、と嘆く女性もいれば、努力しても家庭を持てなかった人もいる。早く一人になっちゃった人もいるし、今、子育て真っ最中でパニクってる人もいる。
どちらともなく言ったわ。
「不思議ね」


その後は、ひたすら忙しい何時間かを過ごしたわ。朝の誓いのごとく、必死になって勝ち取ったぞ、明日の休み。
「あ、於音さん給料は明日以降ね。」
がぁぁぁん。

帰宅して、やらなきゃならない山積みのコトを前にして、もう、何もしたくない~と座り込み、パソを立ち上げてみた。
年若い友人の、素敵な話が聞けた。とても気になっていたからすごく嬉しい。
良かったね。これから、がんばれ!
お陰で急に元気になった。現金なヤツ。

その上…
遠い空の詩人さんが話しかけてくれて、ものごっつラヴなプレゼント(の予告)をくれた。
(バカ弟子が私の場所をちゃんと伝えなかったんで、ただいま世界流浪中らしい。)
私はひたすらお待ちするわ。
白いマントのサンタ様。
お酒用意して待ってるわ。
正月になっても待ってるわ。
何でしたらお布団も敷いて待ってるわ。


妄想爆発したところで……

今日は一日、穏やかな天気でした。
寒かったけど、日差しは暖かで。雪もだいぶ消えました。
でも、子供たちが作った雪だるま、まだそこここに残ってる。
夜、まだ雪雲が多いけど、星が光ってました。
月はまだ出ない…。
そろそろ姿が見たいなぁ。

お月様、今日、懐かしい人にあったよ。
みんなの頭上にいますか?

うん。とても良い、クリスマスの一日でした。
右手は使い物にならなくなったけどね。正直、今も完全に痺れてる…
別窓 | 日々想うこと。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

メリークリスマス

12月24日(土)

今日はクリスマスイブ。
雪は峠をこえ、移動は何とか可能になりました。でも、昼前に地震があってね、地下鉄や新幹線、少々影響が出たようです。

夜、穏やかな闇で久しぶりに星を見ましたわ。月はやせちゃって、夕方はまだ見えない…。
金星が綺麗でした。
宵の明星。明日は晴れそうです。いいクリスマスになると良いね。


子供相手の仕事をしてると、クリスマスは避けて通れない。
だから、いろんな話をします。
結構皆、サンタさんを信じてくれているのは嬉しいな。
うん、サンタさんはいるんだよ。
ついでに、必ずクリスマスって何の日だ、っていう話をします。
子供はきちんと聞いてくれる。例え、記憶に知識として残らなくてもね、いいや、って思います。
心の何処かに、クリスマスを祝うことは人の心の温かさに触れることだと覚えておいて欲しい。
プレゼントをくれる、おとうサンタやおかあサンタの気持をね。
限りなく仏教徒に近いかも知れない私がキリスト様のことを言うのもおかしいな、と思いつつ、まぁ、立派な人の事を考えるのは悪い事じゃないだろう、と開き直りに近い気持。
今日もそんな風に一日過ごしました。
サンタに会えるのも、サンタになれるのも嬉しいな。

あ、そうそう去年だったかな、子供にね、クリスマス前にこんな話を聞いた。
「どうも、おかしい。去年のクリスマスプレゼント、このまえお母さんと行ったデパートと同じ名前の袋に入ってた」←本人真剣。
「大体、クリスマスの夜、あんな格好のサンタがいるはずないし、一人でやるのは無理だ」
と力説。おお、この子、将来大物だ。
で、口八丁の於音さん、したり顔でこういった。
「キミは鋭いところをついている。ではとっておきの秘密を教えよう、絶対約束を破らないと誓えるか」
「ひみつ?」←本人、ホントに真剣。
ここで、私は一生懸命説明した。ナニを説明したか?
長くなるよ、読む?


「そう、これはオトナだけの秘密。子供に知られるのはとってもマズイ。でも、君はもうオトナの仲間入りできそうだから特別に明かそう」
「うん。サンタにあったことあるの?」
「その質問には、普段なら答えないんだけど、特別ね。もちろん、あったことはある。君んちに行くサンタさんもよく知ってる。」
「うっそだ」
「嘘じゃない。でもね、例えばお巡りさん。あそこの角の交番にいるお巡りさんも、テレビに出てくる刑事さんもお巡りさん。あそこでパトカーに乗っている人もお巡りさん。
でも、一人一人ちゃんと名前もおうちも家族もあるよ。でも、お仕事の名前だから、まとめてお巡りさん。」
「うん」
「サンタさんも同じ。もともとは、一人だった。だけど、こんだけ子供が増えて、煙突は減って、雪も降るところも降らん所もある。そこで、サンタは考えた。」
「うん」
「サンタのお仕事をしてくれる人をいっぱい探して、みんなでサンタになろうって。クリスマスにはサンタの仕事をしてくれるナイショの任務を持ってる人がいる。でも、やっていることは最初のサンタさんと一緒だから、その人たちもサンタさん。どっか、違いある?」
「…ない」←すでにごちゃごちゃでわかんなくなってるか?
「君の所へ行くサンタさんが、ホントに橇に乗っていくのかどうかは、私は知らない。でも、君んちへ行くサンタさんが、真剣にサンタのお仕事をしているのは知ってる。君、今年はリクエストしたろう?プレゼント」
「うん。○○の××」
「ほら、ちゃんとそのリクエストにこたえるべく、サンタさん△デパートまで探しに行ったんだね。」
「うん」
「よかったね、きっと希望のプレゼントがもらえるな。サンタさんに感謝だね。」
「うん」
「どっちにしろ、もらえるならいーじゃん。デパートの袋なんか、関係ないでしょ」



「で、ホントはサンタさんって誰。」
「サンタさんは、だから、サンタさん。それ以上は絶対の秘密です。」
「なんで~」
「そのお仕事をしている間はサンタさん以外のなんでもないの。テレビの○○(変身ものヒーロー)の××は、変身して戦っているときは本名では呼ばれない。例え、本名を知っていても、だれも呼んじゃいけない、それと同じ。」

さて、果たしてこの子、どこまで信じたかな。わかんないけどね。まぁ、私としては一つも嘘はつきたくない、という大前提の元で話しました。
嘘、ついてないつもりなんだけど…。

ま、いいじゃないの。なんでこんな回りくどい話をしたのか、オトナになったときに理解してくれると嬉しいけど、だめならだめで、こんなオトナになりたくないや、って思ってくれないかな。
騙された、と思われるのはちょっと悲しいけどね。 (そう言って、真剣に怒ってた子供にもあったことあるんだ。これは悲しかったなぁ。)

今夜、何もなくて寂しい思いをした人もいるね。
何もなく、平和に過ごすのが正しいクリスマスの過ごし方、って聞いたよ。
平和に過ごせて、よかったのよ、きっと。

今日、いろんな人と会って、楽しい時間を過ごした人もいる。良いなぁ、楽しかっただろうな。お仕事だと、ちょっとさみし…。

今日が特別な日になったあなた、どうか、いいスタートになりますように。そして、クリスマスが良い思い出になりますように。

そして、今夜、大好きな人のためにサンタになったあなたへ。
あなたの気持が伝わりますように。そして来年もまた、サンタになれますように。
私ももっとなりたいな、サンタクロース。(今年はなれたぞ、へっへっへ)
私の所にも、もっと来ないかな、サンタクロース。←ちゃんと素敵なプレゼント、もらったくせに。欲張り。(すんごく会いたかった人と連絡とれたの。幸せ)

とあるお方にそう言ったら、赤い着物のサンタに来て欲しいって。白いマントならもっと嬉しいって。同感!!!

まだ夜は続いてる~。今からでも遅くない。靴下並べるから、どうぞよろしく。
あ、一日や二日遅れたって私、なーんにも気にしないからね。
別窓 | 日々想うこと。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

冬の悩み事…

12月23日(金)

今日は祭日だったのね。
朝、起きたら雪、すごかったわぁ。私はマンション住まいでね、わざと新聞は1階まで取りに行くことにしてます。その時は階段を使うんですが、今日は階段恐くて使えない…。
雪が積もっていてね。
地下鉄駅に行くのも大変でしたわぁ。でも、昼間はお日様出ていたので、街中はだいぶ、溶けました。
でも、今夜は雨交じり。問題は明日よね。



木、金と二日間、殆ど机から動かず、ひたすら書き書き書き書き…。
ここしばらく、とにかくひたすら仕事し続けているぞ… (たぶん、800件分は住所書いたぞ。)
思いっきり厚着して、(事務所は寒い)コーヒーがばがば、突然、糖分が欲しい~、と脳味噌が叫んでチョコを要求するから、この数日で間違いなく太ったな…。
背中は板と化し、右手は痺れたまんまです。
毎年のこととはいえ、なんとかならんかなぁ。

年中無休の職場なんですが、唯一、お正月休みが長いのです。一週間はたっぷりある。
まぁ、毎年の年末ギリギリまで、休み無しで動き廻り、働くので、お正月はたいてい寝込みます。
待ってましたとばかりに熱が出て、声が出なくなり、動きが止まる…。
あぁ、どうせ、寝込むなら冬眠したいな、と思うんですが。
もしかすると、お正月、休日出勤になるかも知れない………ヤダ!

「たまっている本を読んで~、四太の整理をして~、絵を描いて、アレも書いて、そんでもって、雪崩が起きないようにパソ廻りを整理するんだ~。」

以上、私のささやかな正月休みの夢…。
…夢で終わるんだろうか………


冬の悩み事。

私は猛烈な乾燥肌です。その上冷え性。
子供の頃からやたらと冬場になると身体がかゆくなる。
粉を吹いたようになって、カユイカユイ。
手足や、背中、ひっかき傷だらけになります。
朝起きるとね、パジャマに血が付いてる…なんてしょっちゅうね。
指先や、足裏がぱちんと割れて、なんてこともしょっちゅうだぁ。
指先割れるとね、痛いんだよ、何やるにも。好きなミカンの皮もむきにくいし。
ピアノもキーボードも叩きにくくなる。
救急箱の中には山ほど絆創膏のストックがあります。
子供の頃ね、その上にしもやけができるから、もう、手なんて志士雄さんのように包帯だらけ。そこから皮膚が破けて血がたらぁり~なんてあったのよ。
オトナになったら、そこまで酷いしもやけになることはなくなったけどね。

その上、化繊に弱いんだわ。
アンゴラのセーターとか、首の暖かそうなハイネックのセーターとか、だめです。
化繊のフリルものも駄目。赤く、かゆくなってしまいます。
当然、色っぽい下着類も駄目ね。レースはひたすら、少なく、少なく。
色っぽ女性用ランジェリーなんて絶対つけられない…夢もきぼーもないね。

10代のころ、ずいぶんコンプレックス感じたなぁ。
とにかく、かわいいものが着られない。モヘヤのセーター類も駄目。
化繊の毛布類もだめだし、ホントはストッキングも駄目です。
もこもこあったかの靴下も、だめだなぁ。羊毛100%の衣類も、毛足の長いものは駄目です。

冷え性だから、ホントは手袋とか、靴下とかつけて寝たいくらいなの。
でも、たまにやってみるとね、朝起きてみるときちんと脱いじゃってるわ。
ボアって言うのかしら。あの、毛ふさふさの敷布、アレで寝てみたいんだけどね、たぶん駄目ですわ~。かゆくて眠れなくなる…。
ベストは裸で木綿100%のシーツで眠る…ナニやらそれはそれで色っぽそうだけど、実生活では不可能だわ。
せいぜい、綿のパジャマの上だけで寝る。それも、男モノの大きいヤツでね。(ぴったりサイズだと、寝相が悪いせいか、たいてい締め付けられるようで肩とかかゆくなる)

最近は綿毛布という良いものがあるんで助かってます。これで、サンドイッチ状態にして休みます。

それでもね、冬場一番お金使うのって、お風呂上がりに全身に必要な、乾燥肌用かゆみ止め乳液よ。

何とも色っぽくない、話になったな。
足の先が冷たいな~。指の先が冷たいな~。
そんでもって、パジャマのゴムがあたる腰の辺りがカユイなぁぁ。
あぁ、色っぽくなーーーい。

別窓 | 日々想うこと。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

雪、雪、雪…こんなにどっからやってくるの…?

12月22日(木)


ここはどこ…?
北海道?
それとも、るろ熱が高じて新潟かしら。燕三条?それとも弥彦村…。
降ってますわ、雪。
朝はまだ降ってませんでした。10時頃からでしょうかね。吹雪いてきて。昼間どかどか降る雪ってあんまり見ませんね。
帰りはもう、遭難するかと思っちゃったわ…。
明日、外に出るのが恐いです。


どこの風景…?



今日は冬至。
昼間が一番短い日。
クリスマスについて、以前空耳の詩人様が日記で考察されていましたね。
日本でも大昔からこの日の大切さは身に染みてわかっていたんでしょうね。そこへ、大陸文化や仏教文化が入ってきて、いろんな行事や信仰となりました。
この間から時々使っちゃってる言葉。
一陽来復。
この日、冬至カボチャや(太陽に見立てたカボチャね。外国のパンプキンじゃないよ)縁起物の金柑、銀杏、レンコン、寒天とかを食べる習慣があるそうです。
太陽の恵みが一番短い日。そして、これからしばらくが、一番辛い冬の季節。
栄養があるものを食べて、この季節を乗り切れば、もう、すぐそこに新年。
春の訪れ。昔の人たちはちゃんとそれを知っていた。
やがてくる春の直前が一番寒いこと。夜明け前が一番闇が濃いこと。
辛い時を我慢して過ごすことでやってくる、恵みの春の美しさ。


この間話題にさせてもらった短歌。とあるお嬢さんにお手伝いしてもらって、いろいろ調べていたら、見つけたわ。
教えていただいた歌がね、

春たてば 消ゆる氷の残りなく 君が心は我にとけなむ

これ、古今集にある歌でした。誰のかは、わかりませんでしたけど。読み人しらず、かな。
薫殿のような初々しさにあふれた、詩。

で、いろいろ調べていたら、昨日言ってた「なくしちゃった宝物」の短歌、偶然一つ見つけました。すぐ側にありました。
やったね、嬉しい。ありがたいなぁ、と思いました。
この、すぐ検索できるネットってありがたいね。と、同時に私の妄想につきあって手伝ってくれたお嬢に感謝。
なくしちゃったことにがっくり来て、そのまんまだったけど、ちょっと根気よく探してみよう、って気になりました。


剣心たちの時代、冬至カボチャ、食べたのかな。ゆず湯、入ったのかな…
やっぱり、作るのは剣心でしょうね。でも、どこで習ったんだろう…

「剣心、さっさとカボチャを煮ろ」
「何ですか、いきなり」
「今日は冬至。カボチャを食うもの、って決まってんだ」
「何故です?」
「うるせえなぁ、さっさと言うとおりにしろ。それが済んだらさっさと湯を沸かせよ」
「人使いが荒いんだから、全く…」
「何か言ったか」
「いーえ、別に…」
「バカ野郎、ちゃんと面取りしないか!」
「いーじゃないですか、それくらい」
「このバカ弟子がぁ、言うことを聞かんと飯抜きだぞ!」

なーんて会話を思い出しながらカボチャを切る剣心。
案外師匠はこういう事に細かかったりしてね。
薫殿がカボチャと格闘しているのを見てね、とても見ていられない、って手を出すおさんどん剣心の図、いいなぁ。
いやいや、案外るろっている間に居候したところで、教えてもらったのかな…。
……妄想があふれているね。

その後ね、機会があったんで、「剣心の心の氷が溶けて、幸せの春がやってくるのはいつか」、つまり、剣心が「薫への恋心」に気づいたのはいつだったんだろう、って話を皆で話し合いました。
こういう妄想も楽しいね。一人一人、みな意見が違う。
だからこそ、とても興味深いし、面白い。
(おつきあい下さった中部エロ同盟会長様、関西支部長様、ありがとうございました。)

脳内は常春だけど、さすがに寒いわ。明日も一日仕事あるんだけど、マジに、街、機能しているだろうか…。
明日朝早く仕事に出る我らがおかぁさま、気をつけて行ってらっしゃいませ。

キモチは若くて桃色なんだけどね、どうしても動かないわ、身体。
疲れました。
休みます……

ごめん…明日こそ。月からのおと、聞くから。あ、この前列挙した皆様、続いてますよ、しばらく続くからね、気をつけて~。あ、ここに書いちゃったか…。
別窓 | 日々想うこと。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

なくしてしまった言葉の宝物。

12月21日(水)

まぁまぁの天気、かな。雲は多く時折かげる…。でも、そこここに残る昨日までの雪。
もう、白く綺麗な姿はなくって灰色の、汚れの固まりのような雪の残骸。
昨日までの思い出さえ汚されてしまうような、灰色。
夜、冷たい雨が降り出して、月も星も空の彼方へ…。

昨日の分の「月のおと」に素敵なコメントをもらった。

薫殿の心情にぴったりの、胸にきゅん、と来るような和歌。
るろだけに限らず、何かの折りに、ぴったり、とくるような詩や和歌、あるいは曲が見つかること、ありません?

何かもやもやするときに、答えをくれるような詩にであったり。
切ないときに慰めてくれるような歌を聴いたり。
そうなの、そうなのよ~と思わず見ず知らずの人の背中を叩きたくなるような曲に出会ったり。


「るろうに剣心」でも、そういう宝物はいっぱい増えました。
いつかはここで皆さんに見せたいな、って思ってるモノもある…。

私自身、そういうモノを見つけるのがとても好き。
和歌や短歌、詩、歌、小説に絵……。その時その時にぴったりなモノを見つけると、小躍りしたくなります。

良く、新聞にね、今日の詩、とか短歌、とか載っているときがあってね。あぁ、いいなぁ、と思うとメモしておきます。
好きな割にはそういうモノをストックしておくメモリが少ないらしく、印象だけを残して記憶から抜けてしまう。
私は泣きたいほど記憶力がない人間です。(記憶力についてはトンでもない話があるんだけど、それについてはまた今度。)
で、お気に入りを見つけるとたいてい手帳に書き写しておりました。
今頃になるとね、友人に送る年賀状にそうやって見つけた短歌を書いたりしていました。何年か前までは、賀状は全部、手書きしていましたし。(このところ、その余裕がなくなって、寂しい~)

あれは何年前になるのかな…。
私は働き初めて依頼、ずっとシステム手帳を使ってまして、記録がずいぶん堪っていたんですよね。その中に、↑の記録もあったんです。
ある日、仕事中に手帳をいれたまま、(もちろん財布やその他諸々、全部ね)鞄を置き引きされました。
盗られちゃうような所に鞄をおいた、私の完全なミス。
お財布や鍵やカードなど、大騒ぎになりました。
でもねぇ、何よりも痛かったのがその、システム手帳。
住所録、何年分もたまっていた、仕事上やプライベートのメモ類。(私はメモ魔)
そして、お気に入りの記録…。

その頃、一年半ほどの範囲で、ナニやら身辺不安なときで。
まず、泥棒に入られ、私が置き引きに遭い、さらに、母親がひったくりに遭い…。
マジにお祓いしてもらったくらいでした。近所の交番のお巡りさんとは顔見知りになっちゃうし。

防犯についてや、自分のうかつさなど、ずいぶんと考え込んじゃったなぁ、あの時は。


今でもね、どうしても残念なのがあの手帳。
一冊にともかく全部、ためてたからね。以来、住所録や仕事メモはバラバラにするようになりましたが、どこかとても使いづらいです。
そして、お気に入りの記録…。


もう、お金はいいから(実はバイト料をもらってすぐだった。まるまる手つかずの封筒も入ってた)手帳だけでも返してくれないか、と本気で願ったものね。
お巡りさんが、たいてい鞄の置き引きは、物陰ですぐ中をあらためて金目のものだけ抜き出して後はビルのゴミ捨て場とかに捨てることがある、と聞いてね、盗まれてからしばらくは、近所のビルやテナントの物陰にあるゴミ置き場とかをうろつきまわったくらい。


年賀状にぴったりだった万葉集からの一句。
結婚を祝うのにぴったりだった和歌。
自己嫌悪に陥った自分を引っぱたくにはぴったりだった詩。
誰かのエッセイで見つけた、花の別名。とても素敵だったのに。
とても感動した本の、一節。
思わず泣けちゃったあの、ひと言。
……。

こういうとき、自分の記憶力のなさを嘆くわ。
ニュアンスや、こういうのがあった、というのはもちろん覚えているんだけどね。
全部、思い出せなくて。後から探したものとかたくさんありますが、半分以上、完全に消えちゃった。

今日もね、もらったコメントにあった和歌を詠みながら、あぁ、そういえばあったなぁ、とその手帳のお気に入りページを思い出してました。



良いのがあったんだけどなぁ…


あ、室生犀星の詩集は見つけたわ。「ゆきふらば」の方じゃなくて、気になった方ね。
ここで紹介してもいいのかしら。
どう思われるかは微妙なところだけどね。
私は以前、巴さんと剣心の関係を思いめぐらしていたときに、この詩がとても気になったんです。もちろん、私の勝手な妄想だけどね。
若い頃、これを読んだときはどういう意味なのかよくわからなくて、反対にそれで記憶の隅っこにあったんですが。

良かったら読んでみてください。
別窓 | 本と漫画あれこれ | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

カエル殿、いらっしゃい。

12月20日(火)

昨日に引き続き、雪、といっても、朝から快晴。
嫌になるくらい蒼い空。そして、キーーーーンっとした冷え。
雪は案の定凍っていたわ。

今日は寒い日。朝マイナス6℃だって。でも朝早くから心は温かいよ~。

ホントはね、今日20日は休みのハズでした。こんなに寒くなる予定でもなかったから、
北陸の某お嬢様をトンズラ一人旅の途中に拿捕して、えびふりゃぁを食べる、とかいう予定を立てていたんですがね、私の仕事が積み、どうしても一日空けるわけにはいかんがね、という泣く泣くの決断でお流れに。
その私の寒い心と冷たい涙が雪になったわけですな。
今回、突然の雪で酷い目にあった方々、お許し下さい。
でもね、そこはお若いお嬢様、持ち前の行動力を生かして当初予定の旅行へと旅立たれ、朝、我が町にもちょこっとお立ち寄り下さった。30分ほどの逢瀬でしたが、ワタクシは満足でゴザイマス。

我が憧れのガーデナー様、今日はありがとうございました。
金色のカエルさま、いらっしゃいませ。お花をしょわれているとは思いませんでした。
本当に、本当に待っておりました。お座布がお気に召さないとは存じますが、しばしの間、ご容赦を。
何か、考えますわ。
一生懸命写真、とってみたんですが、なかなかに、難しい。とても綺麗に透き通っているんで、上手くとれません。雰囲気、伝わるかな…。
瑠璃の魔の手からカエルちゃんを守るため、私はこれから剣心気分で戦わねば。
さて、どこへ置こう…
名前……よし! 決めた。

北から来たカエル殿



雪はいろいろなことを思い出させるわ。
昨日、遠い空の詩人さんといろんな思い出話をしていたら、「懐かしいものの精霊」が来ているのかな、って言葉が出たわ。
ホントにそう思う。昔を懐かしんでいるだけじゃなく、いい思い出も、悪い思い出もひっくるめて懐かしい思い出に姿を変えてる…、ある時、ふとそんな記憶が降ってくる。
雨の最初の一粒に。舞う雪のひとひらに。散る葉一枚の裏表に。
寒くて、扱いにくくて、冷たくて、なくっても良いもののように思うけどね。
やっぱり、雨や雪が降る国に生まれて良かったな。
季節が思い出を運んでくれる国に生まれて良かったな。

昨日、剣心にとって雪は…という妄想に浸ってみたと書いた。
ずっと続いてる妄想。
雪は全ての罪も、見にくいものも隠してくれる。全てを白に戻してくれる…。
なのに、剣心に見える雪はいつも赤い色をしてる。
剣心にとって、いつの日か雪が楽しかった思い出も運んで来てくれる精霊になる日が来るだろうか。
剣心の時代よりちょっと後だけど、剣心と巴のことに思いを馳せるとき、いつも思い出す正反対の言葉がある。
室生犀星の詩にね、「ゆきふらば わがつみが ゆるされむ」というのがあったと思う。
うろ覚えだから細かいところが違うかも。(ちゃんと調べてから載せるべきだね、ごめん)
幕末の時代が流した血をね、雪が隠してくれる…なのに剣心には赤い雪ばかり。

切ないね。

室生犀星にはもう一つ、ちょっと意味深な詩があるの。ちょっと覚えていないから今度、ゆっくり探してみる。「雪の山々をみると、妖艶なものを思い出す、思い出をさきまわりすると桜の花が咲いている、遠くの山には雪が残る」みたいなニュアンスの詩。
どなたか詳しい方がいたら、教えてくださいな。
きちんと本を買ってきて調べよう、と思いつつ、本屋へ行くと忘れる大ボケ者です。


何が言いたかったんだっけ…
またしても私の思考のだだ漏れ状態だな。

今は冬至前、一番暗いとき。夜明け前は一番寒くて暗いのよ。
明治という夜明けを前にして若い剣心が生きたのは、こんな夜。暗くて、長くて寒い。
でもね、一陽来復は目の前。

何となくしおれている私も、仕事でしんどい思いをしているだろうあの人も、人の心に疲れているだろうあの人も、みーんな、今は夜明け前。
新しい年は明るく始まると良いね。


上を見てみる。月が出てます。この月は遙かな地の、遙かな空へと繋がってるわ。
空からのおとが聞こえるから、幸せな気分で今日は休みます。
別窓 | 本と漫画あれこれ | コメント:3 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

雪見て剣心、何を思う?

12月19日(月)

大雪。
何だか50何年ぶりかの大雪だそうです。明け方外を見てみたらびっくり。いつの間に…。
朝、恐る恐るゴミ捨てに出てみる。
おお、ホントに雪国のよう。

雪に弱い街です。
昼過ぎには幹線道路は全て安心して通れましたが、ちょっと横道にはいると駄目です。
特に、坂道は恐い~。夕方からの仕事のために雪に埋まった車を救出。
こわごわ出かけましたわ。
ウチの周りは坂道が多く、ごりんごりんでした。
帰宅した9時半頃は、何となく眠くて重そうなまぶたをした月が出てました。
星もね、輝いてましたが、昨日の雪に出番をとられたという感じ。
明日はこの分だと晴れるでしょうが、まず間違いなくむちゃ寒い。
ということは、今日残った雪、全てシャーベットか氷ですな。
あぁ、明日の方が事故が多いと思います。皆様~気をつけてね。



何となくしぼんでいる私。
昨日はなんて言うんでしょうね、気が滅入って仕方なくって。
体調のせいにしてます。それでいいや。何かのせいにはしたくない。
仕事のせいにもしたくない。ましてや誰かのせいにしてハラを立てるのもいやだしね。
自分のせい、と思うのが一番良いんでしょうが、このごろの私はそれもいや。
反省は良いけど、自己嫌悪に陥りたくないの。
堂々巡りの思考のブラックホールに陥るからね。
自分だけなら良いけど、ブラックホールは周囲の人にも影響を与えるから。
そう、体調が悪いだけよ。

雪を見ながら妄想に浸ってみる。
今、私に「雪」なんてお題を振れば、出てくるのはそりゃ幕末にきまってる。
今朝、雪を見て雪国の風景を思い出す前に出たひと言は「根雪…にはならないな」
こう言うのは、周りにはわかる人がいないので平気で言葉にできる。ぷぷぷ…

おお、いい兆候だ。昨日、綺麗に降る雪を見ていたときは、剣心はどんな気分で雪をみていたか、という至極もっともな「るろファン」で終わったからな。
今日は昨日よりテンション上がりそうだぞ…
「るろ」原作には冬の場面は思い出の中にしかないかならね。
あったとしたら、剣心と薫が出会ってすぐ。すでに新暦になっているから、ホントに寒かった季節を二人は過ごしているハズなんだ。
まだ、弥彦はいるか、いないかだよね。
どんな風に過ごしていたでしょうね、ふふふ。
名残雪の一日や二日はあったと思うんだけどな。
別に、剣心を苦しめたい訳じゃないので(その点於音はまっとうなケンカオファン。といっても、時には嬲りたくなるかも知れないけど)あんまりくらいシーンは想像したくないけどね。
これはじっくり妄想してみても面白いかも。
でも、さっくり行くなら、薫の明るさと屈託のなさにびっくりしているウチに雪は解けちゃって、剣心は暗く考える暇がなかった、というのはどうでしょう。

今日の雪を見ながらね、ふと、大学へ入った年のことを思い出したんですよ。
4月、東京の大学の、学生寮に入りました。一週間もたたないうちに大雪で。春物しか服を持って行ってなかったんで、どうしよう、と途方に暮れたんです。東京って、ウチより寒いんだぁ、ってびっくりしたのよ。寒かったなぁ。


私がしおれた菜っ葉みたいになっていたら、クリスマスプレゼントが届いた。
サンタさんがね、自分のことはわからないの?って。
宿を自分の事にはあんまり使わないの。でも、この数日、どんな状況かはわかっていたから、しおれても驚きはしなかった。なのに、しおれていく自分をどうすることもできないモンだ、ということはわかりました。
全然わかってなかったら、どうなってただろう…。

宿には一応吉、凶という言い方をする日がありますが、決して吉だからくじにあたる、とか、凶だからケガをする、という言い方はしません。
同じ出来事を、どう捉えられるか、が多分、違うんだろうな。
数日前、気楽に「良い日よ」と言っちゃったことがある。今、それをとても反省してます。例え、ケガをしても「良い日」なんです。そう、そこを上手く伝えなければ、宿ではないんでしょう。
私の力不足です。
下手な私の言葉より、サンタさんの「プレゼント!」のひと言(プレゼントの中身以上に)がどれほど効くか。
今日それがとてもよくわかりました。
19日は私には決して侮れない凶日でした。でも、本来の力に働きかけはしない、マイナスの日。気づけばいいニュースも入る日。そう、「気づけば」。
私は気づかせてもらえた。
うん。良い日でした。
別窓 | 本と漫画あれこれ | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

雪だぁぁ。雪が降ってる~~

12月18日(日)

このところ、天気予報はとても当たるな。
本日、朝から雪!

でもねぇ、この辺りは雪がクリスマス前につもるのはとても珍しいです。
雪にはとても弱い街。歩道を歩くときは注意しても、一歩建物に入ったとたん、滑って転ぶ、ってとても多いの。←私だけかな…

本日、仕事。出勤するときは雪もやんで青空が見えていたから、昼にはこの雪、消えるな、と思ってました。
で、仕事。
昼過ぎ、ふと外を見てびっくり。
降ってるじゃなーい。すごく。

帰り道、風がないのでゆっくり、ゆっくり舞い落ちる雪の中を歩きました。
街灯に光る静かな雪って、寒いけど、絵になるね。
とても綺麗だったわ。


予定通りに行かない日、それはわかっていたけどなかなか堪えますな。
さすがにまいりました。
思わずここに、愚痴ってしまいそうになったけど、何とかお助けいただいた。
自分への愚痴なら良いけど、人の非難になりそうな愚痴は言いたくないし、考えたくないからね。

欲しかったのにちっとも買いに行けなかった「Dr.コトー18巻」ようやくゲットです。
最初から注目して第1巻からしっかり読んでます。
(珍しく、ドラマも見たわ。歌が中島さんだったし)まだ続いてるから書くのはよそうか、と思っていたんだけど、思わず書いちゃう。
お医者様に畏怖と敬愛の念を隠せない於音としましては、こういうお医者様の話はほっとします。
最近、ナニやらロマンスっぽくなってきて、乙女センサーに結構反応あるわ(笑)割とあちこちで名前を見るような気がするから、人気、あるのねきっと。

もうちょっと書きたかったけど、やめとこう。

今夜はこれで休みます。
この雪だと、明日は朝、車を救出してやらなくちゃ。

月も見えなかったし、今夜はごめんね。耳も目も閉じて、寝ます。

皆様の明日を明るい太陽と綺麗な月が照らしますように。
あ、お月様、もちろん私の頭上も忘れないでね。おいてっちゃ嫌よ。
別窓 | 本と漫画あれこれ | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

るろ剣で目覚めちゃった~?

12月17日(土)

今日は穏やかな一日……と思ったら、急に曇って雨が降ったり、日が差したり。
ここのところ、実に目まぐるしく天気が変わります。
北陸の方は12月としては記録的な雪とのこと。天気予報、あちこち雪だるまばかりだわ。

私の大事なガーデナー様始め、北国の方達、だいじょうぶかしらん。

夜、雲が晴れて、月が煌々と照っていました。
星も綺麗に見えましたよ。金星がここぞとばかりに存在をアピールしてました。
でも、凍り付きそうな夜。


絵のことをちょっと書こう。
実は、某所でスケブなるものがまた、公開されちゃってる。
さっき見てきてね、自分のがあるのに気づいて、ぽちって押して、画面が現れたとたん、神速で帰ってきました!あああ、恥ずかし~。

もともと絵は好きだわ。
そりゃ、一応女の子の時期もありましたから、お絵かき帳にお姫様の絵を描く、なんて子供時代もありました。図画工作もキライじゃなかったし。
そのころ通ってた小学校、公立だけどなんだか変わったとこがあって、ランドセルは廃止だし、宿題もほとんどない。
美術と音楽には力を入れてる。で、朝、ホームルームの時だったかな?に3分クロッキーとかするんです。出席順にモデルが前へ出て、はい、ポーズ。
時間が終わったら、描き終わらなくてもそれで、終了。
確か、そのクロッキーで成績とかはつけなかったような…。
とにかく、一人で遊ぶのが好きでしたから、クロッキーの時間も苦にならなかったな。
でも、それでお終い。特に絵を習うでもなく、オトナになっちゃった。
漫画読むのが好きだったから、当然のようにちょっと憧れたわ、「漫画家」。
大人になってからは「観る専門」。
結構性に合ってたみたいで美術館巡りはキライじゃないし。でも、「描く」から遠ざかって久しかったわ。

「るろうに剣心」に出会ってね、サイト巡りで二次小説や絵を楽しめると知ったときは狂喜乱舞だった。
先回書いた「るろ剣絵師様デザートメニュー編」はその成果(笑)
様々な剣心にも全然違和感がなかった…。皆、それぞれが素晴らしくって、感激の嵐でした。絵師様事に違う線、違う感性、違う個性…。
共通するのは「るろが好き」という思い。
私は「観る、読む専門」だけど、この世界の端っこにいること許してもらえるかなぁ、という思いだったな……。

自分が絵を描く、なんて、100%考えていなかったのに、描いちゃったのは某犬舎さまのお陰。あることがきっかけで、気づいたら古いスケブの隅っこに描いて、無謀にも送ってしまった。

今では、この日記もいつかは絵日記、と野望を持っちゃうほどになりました。
いまだ、デジタルは慣れないですが。夢はでっかく果てしなく、いつかは描いてみたい…。


だからね、謙遜でも何でもなく、自分の事は絵師様の仲間入りしたとは思ってません。
何かの折りにスケブ渡されて、面食らうもの。え?何かまちがっとりますですよ、貴方様~気分。
その私が………。

とあるところで力説した私。
「わーい、10秒前は描けても、ソノ瞬間なんか描かないよ~」
オトナの時間のオトナの会話中。
(描ける人が羨ましいぞ)

でもついついね、正直に(笑)裸婦が好き!なんて言っちゃったから、どうも誤解を与えたらしい。
オンリーの時、なーにを血迷ったか変なところを描いちゃった。
それも、私の尊敬と憧れの的、神様のお使い様の所に…。

だからぁ、あれは、某様の影響でぇ、つい、のっちゃってぇ………
と山ほど言い訳してまわったんだけど、遅いよね。
某ピンク様、ごめんね、その節は(爆笑)
でも、影響受けちゃうくらい、スゴかったんですもの、あの、愛があふれちゃって洪水状態のスケブ……。忘れられないわ~~

天使様、その節はお調子者がご迷惑をかけました。


これほど自分が乗りやすい人間とは思いませんでした。
はい、素直に告白します。「ソノ瞬間、どうやら描いているようです…。」(これ以上は門外不出に…)

某マダムさま、明るいお母様…。
於音は乗りやすい性格です。お調子者です。すぐ、舞い上がります。
人のおしりに火をつけて、煽るのは得意ですが、煽られると一瞬で燃え上がって燃えかすしか残りません。

でも、絵、描きたいな。年末を迎えて、ぜーーーんぜん、描けない。
つまんないよう…。

こういうときこそ、於音特製デザートメニューです。
今日は、私の宝物の一つ、載せちゃうものね。
綺麗なお花の館主さまが、私のブログイメージで描いてくださった抜ちゃん♪

ちょっと疲れた時ね、皆様の絵は本当に心の栄養よ。
館の主様、あらためてありがとう。

さぁ、またがんばろう。
うん、がんばれる…


      月照る下の抜刀斎by館長

別窓 | 日々想うこと。 | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

12月は大嫌い…かな?

11月16日(金)

今朝もきんっと冷えてましたね。北国では雪が降ってるんだろな。
今日はね、夜食事会があるのでちょっと気取ってスカートで出勤。それも、たっぷりフレア。私が唯一持ってるスカート。
でも、寒いわ。

夜、レストランから出て見上げた空にはぽっかりお月様。
今夜は満月です。
(ここで私信。宝塚乙女~、一応金曜日は満月でした。混乱させてごめんね~。訂正してお詫び!)
帰宅する頃には頭上に弱くなった火星のぽやっとした赤い光が見えました。


一日、もう、今日はこもって他のことはなーーーーーんもせず、ひたすら、年賀状書いてました。
専念できるだけ、良かったわ。お陰で進んだし。
でも、何枚書いたかもうわからない。ペンだこ痛い~。肩痛い~。腰痛い~。
まだ、この作業、当分続きます。…が、がんばります。
途中でね、現実逃避のため、携帯メールに逃げたり、ね。
眠くなって来ちゃってカフェインの錠剤飲んだり。
最後の一個残ってた、オレンジケーキ、勝手に食べちゃったり。


12月はキライです。
ここのところ、毎年、クビをしめられているような圧迫感があるわ。
特に一年の締めくくり、と言う暦上の区切りなだけなのにね。
基本的に年賀状書いたり、クリスマスカード書いたりすることは好き。
手紙も書くの、好きだしね。
イベントで盛り上がるのもキライじゃない。むしろ、好きだな。
大好きな人のためにプレゼント買ったりね。
洋服を考えたり、持ち物考えたり。決してキライじゃない。
でも、年末だから、っと何となくせかされる、この気分はキライだぁ。
いつまでに年賀状書かにゃならん、とか。いつまでにお歳暮、用意しなきゃ、とか。
とたんに、相手のことを考えてやる楽しみが、消えちゃう。
ま、目標持たねばどんなことも難しいってわかっているけどね。

いつまでに掃除、どこそこを掃除。ゴミ出しはどうやって、などなどなどなど…。
時々、わぁぁぁ、って叫んでぜーんぶ放り出したくなる…。

あぁ、明日は午前中から家の窓ふきです。
いつか、ブログでちらっと紹介した本、アレ、窓ふきに邪魔なんで、一時的に段ボール箱に詰めた…。2箱で、窓が見えました…。詰めたまんまにならないようにしよう…

体調ワルイです。
朝から鼻血出して、貧血起こして、微熱出ました。
今夜はお偉いさんのお招き忘年会だから、ごちそう食べて、お酒を飲みました。
でも、酔っぱらうわけにはいかないから、すごく緊張。
お陰で、ただいま、頭痛だわ。

でも、元気。
いろんな所から、元気がもらえるから、自分でもびっくりするくらい、元気。
この、るろサイト界を知るまではね、この12月はさっき書いたように、切れそうになるくらい息苦しかったの。
でも、今年は違う。代償作用にするつもりはないけれど、本当にありがたいわ。
「仲間」のお陰で元気が頂ける。気持に張りができる。今度はアレをしたい、これをしたい、と考えられるお陰で「今」が苦痛じゃなくなった。
時々、今日みたいにね、「逃げ」が癖で出るけれど、でも、すぐ復活できる。
あぁ、ホントに嬉しいな。
相変わらず、12月はでぇっきれーな月だけど、でも楽しい月にもなるな、きっと。
その内。

お月様~、そこにいてくれてありがとね。
みんな観てるかな。誰かの頭上を照らしてるかな。
もしかしたら、もしかしたらこの瞬間、だれかが「お、満月だ♪」と月を見上げているかも知れない。星を見ているかも知れない。
そう思うだけでわき出ちゃうわ、元気。


明日もがんばろ。年末、楽しいこともいっぱいある(はず)
いくつかは計画してるぞ。むふふのふ。

比古師匠、あなたが走り回るところを想像しながらがんばることにします。
剣心、あなたは年末、スゴい事になりそうよ。覚悟。
どこぞのマダムや母上ががんばってくださるそうだから。もちろん、私もがんばっちゃう。

さぁ、ホントに、がんばろ。
別窓 | 日々想うこと。 | コメント:3 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

師匠も走る12月。

12月15日(木)

今日も昨日に引き続き、曇ってるんだか、晴れているんだか…。
用心して今日はスゴイ厚着をして出勤。
裏目に出たわ。反対に暑い…。地下鉄の中で、気づくと鼻の頭に汗が。


せっかくなのに、夜は月が見えませんでした。
今はどうだろ………


あ、夕べ書いた日記に入れようと思っていたのに忘れてしまったことがあります。
布団に入ってから、思い出したわ。
最後の最後で入れようと目論んでいたのにな。
某犬舎さまに出ていた「きなこもち」
実は最近見つけてちょっとだけマイブーム。スゴイきなこ好きなんですよ、私。
水、土の仕事場近くのコンビニにあるんで、この日はきなこもちの日。

なんと言っても師走です。
ちらっと書いたかも知れませんが、「先生が走るほど忙しい」から師走ではないそうな。
むしろ、「師匠といえども走らねばらならい」ほど忙しいから師走。
法師(坊さんね)が馳せ走るから「師馳せ月」とかね。諸説ありだそうで。
要は皆忙しい、と言う意味。
私は諸説の中ではもちろん、「師匠といえども」がお気に入りであります。
あの、超絶自信家絶対無敵の比古師匠。(突然私信、お○んさま~、活躍させてね。あ、某美女と上手くいきますように…)
剣心修業時代、絶対普段は剣心を顎で使っていたはずで、動きそうに見えないじゃない?あれしろ、これしろ、あれやれ、これやれ、って。
で、家出されちゃってからは仕方ないから(たぶん)自分ですることもあったはず。
そりゃ、いろいろ妄想はできるわよ。あんな男前、女がほっとかないよね。でも、剣心がいなくなったからってすぐさま次のメイド弟子代わりができたわけないでしょうから、自分でぶつくさモンク言いながら家事をしたんだろうな。
案外、鼻歌交じりで軽くこなしていたりして…。
(今声が聞こえた気がした。「だれがバカ弟子に家事を教えたと思ってるんだ!」)

脱線。
師走の声を聞くと、さすがの比古師匠でさえ、冬支度で走り回ったんでしょうか…。
一番想像し難いのはやっぱり、洗濯かしら……。
あ、また脱線。師匠が妄想に上がってくると、際限がなくなるわ。


からりと話が変わる。
師走。
で、忙しい。
今日も一日ガンバリました。やってもやっても減っていかない仕事を前にして、於音さん、がんばったつもりです。

お昼にね、デパ地下へおそばを食べに行ったんですが、満員で入れず。で、あんまり時間がないのでカウンターだけの「かしわ」の店に行きました。
私の生息する地方では、「鶏肉」のことを「かしわ」とよびます。
地鶏で有名。

鶏肉やさんが開いているそのお店。6人くらいしか座れず、あるのは地鶏3種類それぞれの「親子どんぶり」と「鶏カツ丼」のみ。
もう、お隣さんなんて肩擦れ合うどころかくっついちゃわなきゃ座れないほどの狭いエリアなんです。でも、短時間で食べられるからね、時々使う。

で、今日もそこで親子丼。午前中の仕事のことを思い出したくないから、そういうお昼はたいてい音楽を聴いている。最近はずっと、るろ「追憶編」がお気に入り。
ふと気づくと、隣に座って黙々と食べているのは70すぎてるようなおばあちゃん。
狭いカウンター、殆ど自分の目の前に隣のおばあちゃんの右手が見える。その右手に目が吸い寄せられました。
両手ともね、手の甲、指とも絆創膏だらけ。絆創膏の合間から見える皮膚は、内出血でべったりと赤黒くなってる。もう、皮膚が伸びきって固く、薄くなってぱつんぱつんにはっている感じ。
あぁ、おばあちゃん、きっとその傷は点滴、よね。
そこまで黒くなるまで、針を刺していたんでしょうね。
両手も、指先も……。

もうちょっとでその手を取って握りしめそうになってふと我に返りました。
黙って手を握ったりしたら……変態じゃーん。
そそくさと食べたけどね。
あまりに席が近すぎて、露骨に左が見られません。だから、お顔は見られませんでした。
あんなに真っ黒になるまで、点滴したり、治療したりしたんだね。
きっと痛かったろうに。
今も絆創膏だらけ、ということは通院中なんだろうか…
どこが悪いかわからないけど、きっと長い治療をしてるんだろうな。
あんな薄くのびきったような皮膚に注射するんだろうか…
手の甲まで、ということは、きっと肘や肩もいっぱい痕があるんだろうな。
…とか考えてしまいました。
でもね、でもね、このおばあちゃん、いっぱい袋をかかえてる。その内のひとつは明らかにまんじゅうだ。
この師走の寒い中、デパートまで一人で来て、買い物して、おやつもゲットして、で、一人で親子丼をぺろりと食べてる…。
偉いじゃないの!
おばあちゃん、まだ買い物続けるの?
後何買うの?お正月用品??孫のプレゼント???

荷物をかかえてすたすた、デパ地下の人混みに消えていかれました。

気味悪いお隣でごめんね~。じーっと、見つめちゃって、ごめんね~~。
おばぁちゃーーん、がんばれ~

憎まれっ子でも良いな。世にはばかれてしぶとく強いおばあちゃんになるのも、いいな。

性根の入った、女商売の行き着く先を見たような気分。

今夜はね、気持は元気だけど体調はダウン。よって、できるだけ早く就寝……予定。
別窓 | 本と漫画あれこれ | コメント:5 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

甘いもの。あまーいもの。

12月14日(水)

今日も朝から時雨れ混じりの寒い日。
雲が多いかと思うと、青空が見えたりと忙しい日。
でも、夕方からだんだん雲が晴れてきて。
7時頃には綺麗な月が見られました。

今夜の月は満月前の十四日月。小望月(こもちづき)といいました。
殻付き銀杏のような月。瑠璃の目の形の月。
久々に星も見えて、嬉し~と思ってたら、八時頃には雲が広がって月に暈がかぶってしまった。

でも、月が見えると夜が明るいね。夜が明るいと一日が明るかった気がしてしまう…
明日は今年最後の満月です。
綺麗に見えるといいんだけど……


さて、何となく調子が悪いし、ハラの立つこともあった。
反対に嬉し~ニュースもあった。嬉しい手紙も届いた。

ずっと気にしていた人の、就職が決まったらしい。良し悪しはこれからのこと。
大きな生活の変化が待っていることを思えば、手放しに喜んではいられないだろうけど、まずはめでたい。

子供たちと関わって生きてきたから、進学や就職、結婚といった節目に立ち会う機会が多いな。希望が叶う人、挫折する人、出会いに別れ…。
就職の超々氷河期、なんていう言葉も聞いたな。
必死で始めた仕事に挫折して病気になっちゃった人もいた。
希望を持って進学したのにやめざるを得なかった人もいた。
ずっとこの時期になるとクリスマスカードを贈ってくれる人もいる。何年か前に結婚したけど、それでも毎年くれる。
今日、今年のカードが届いたわ。毎年、開く度に彼女に出会えた幸せを思う…。


みんな、がんばれ~。
心からそう、思う。


さてさて、こんな風にヤな事、良いこと、嬉しいことごちゃ混ぜに起きた日は、甘いものが食べたくなります。
前にもどっかで書いたけど「甘いものは心に効く」
とある大好きな漫画家さんの言葉。


ウチはあまり風流とは関係なくてね、私はお茶、お花など不調法です。
家族で、和菓子とお茶で団らん、なんて一度も経験なし。だって共働きだったしね、鍵っ子でしたから。

大人になって、職場でとある女性が「今日はどこそこの○○が限定販売されるから、買って帰らなきゃ」とか「今日はひな祭りのあられを買って帰らなきゃ」というのを聞いて、驚いたことがあります。
その人のお子さんはもう大きいの。独立した大人。
で、不思議に思って「和菓子がお好きなんですね?」って聞いたら、反対に「え?季節事のお菓子、食べないの?」と聞き返されたわ。
「季節事?」
「お正月は花びら餅、お花見のお団子、ひな祭りの菱餅、若鮎、チマキに柏餅…」
私、目から鱗でした。

和菓子なんて、特別のお客様が来たときに(お寺様とかね)出すものだと思ってたわ。
羊羹なんて、丸ごともらっちゃったら残して、悪くしちゃうからたいてい手つかずで誰かにあげちゃってた。
たまーに、大福やおはぎが食べたくて、自分で一個、二個と買って来る程度。
せいぜい、みたらし団子や鯛焼きね。 ←すっごい庶民的な甘味だ。

和菓子に限らないけど大人になってもね、そういうお菓子を楽しんだりして季節を感じる習慣、ってとても心が豊かな気がしません?
甘いものが好き、とかじゃなくて、ああ、もうこれが出ている季節なんだ…って求めてきて、食べる…。
別に食べ物に限らないけどね。

もうすぐクリスマス。ケーキがいっぱい。CMに踊らされる気はないけど、デパ地下とかの様子を見ていると、どこかにポッと灯りが点るような気がするわ。

ケーキ、好きです。和菓子も好きよ。しょっぱい醤油せんべいや、東海名物エビせんべいも大好物。アイスもチョコも、ね。
台所で待ちきれず、立ったまま箱を開けてつまみ食いするのもいいし、きちんとお茶と黒文字用意してね、ゆたーりと食べるのもよし。

カステラはがぶっといきたいな。
おっといけない、カステラじゃないよ、かすていら。

さすがに羊羹の一本喰いはできないけど(できる人いるのよ、ちょっと信じられないけど。)板チョコを割らずにこう、ぐるっと包み紙を破ってね、口でパキーンと割って食べたい時もある。

でっかいアイスクリームを買ってきて、器になんか盛らないでスプーンでど真ん中から食べる!
実はこれが夢でね、お行儀が悪すぎる、とさすがに子供の頃はさせてもらえず、大人になって自分で買ってきて、こっそりやってみた。ふふふ、美味しかったよ~。

気取って食べるもヨシ、気取らず丸かじりもヨシ。
やっぱり、お菓子は心に効くな。
食べ過ぎるといろんな悩みが増えるけど、少なくとも口にしているときは「幸せ~」な気分よね…って、私だけ???


今夜は、お月様を思い出しながら、昔懐かし丸いビスケットを食べました。

ご馳走様。

あれ、るろが出てこなかった……オカシイナ。いや、かすていらだけが登場???
別窓 | 日々想うこと。 | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

分裂してますね。

12月13日(火)

朝から雪です。
昼間、手が届くほどグレーの雲がたれ込めた、と思うと光の束がさっと差し込み青がこぼれる。
光に透けてきらきらと、まだ時雨れていました。
夜、雲間からいつの間に太ったやら…お月様。でも、今夜はすぐ顔を隠してしまいました。
風の中で時々思い出したように時雨れています。
やっぱり、寒かった…

朝、起きたら喉が痛い。
やられたか、っとあわててお薬。そして予定を変更して午前中は家から出ませんでした。
どうかどうか、これ以上悪くなりませんように、と祈るような気持。

午後から活動開始、で本75冊を古本屋へ持って行く。
英世さん3人とオマケのような100円が頂けました。缶カン貯金へ。(最近はこれ、萌え貯金となっている。ふふふ)
これで、少しは表層雪崩が防げる……と思ったけど、変わらんじゃないの!!

本を預けて待っている間に、お店を見て回りました。
私がよく本を持って行くお店は、半分が本、半分がCDやゲームなどを扱ってます。
CDコーナーには新譜もおいてある。
まず漫画のコーナーへ。

ウーン、これだけあって、見てもイイとなるとどっから見て良いか、迷うわね。

昨年の夏、ケーブルテレビで「るろうに剣心」を知った直後、ここへ来て古本のるろ原作を買おうかと迷ったことを思い出す…。あの時は全部、たまたまそろってなくてね。
(あったのかも知れないけど、わからなかっただけかも)
どういう訳か、古本を買うのに抵抗があったわ。(いつもは特に感じないけど)でも、新刊まだ探してなかったし、何だかとっても、たとえ1分でも早く欲しいし…。で、できるだけ綺麗なのをあるだけ買って帰宅…せず、その足で近所で一番大きな本やへ行ったんだった。
ナニしにって?決まってます。残りの本を全部揃えるため。
古本買っておいて良かったわ。新刊も揃ってなかったけど、ちょうど全部きちんとゲットできました。
ホントはね、全部新刊で欲しかったわ。

久しぶりの古本屋。持ってるくせに、それでもつい目が「るろ」を追ってしまうわね。
いろんなもの、買いたくなるのを今日はぐっと我慢。
で、CDコーナーへ行ってみました。

ん?前来たときこんな風だっけ…。
あ、そうか、私はこのスペース、ほとんど入ったことなかったっけ。(CDは今はなくなっちゃったところで良く買っていた)

…見方がわからん…
…私のごひいき歌手さんはいずこ…
…これ、誰だ???…
…これ、何の曲?????…

私ってホントにオバサン化してるんだ、とかなーりがぁっくり来ました。

最近、ますます流行わからなくなってるし。
コメディとか、お笑い番組とか全く見ないから、ナニが流行してるかわからない。
よって、人と話していても、よくツボをはずします。
ナニやら、今受けている内容のことを話しているらしい、と言うことは、わかる。
あああ…海より深く反省。


やっぱ、体調はまだ完全じゃないな。
何かと昔のことをいじいじ思い出してる。

これでもね、一時期テレビ局やラジオ局でバイトしていた時期があったんですよ。
最新ヒットのリクエスト整理、とかね。新曲情報、とかね、扱って。
また、子供たちとつきあう仕事関係上、そういう話題に強いと有利、と思ってた。
一生懸命知識を入れよう、と思った時期もありました。

どうも、体質的に合わないのか、いつのまにやらその手の努力はどっか行っちゃって。

私にテレビドラマや最新ヒットチャート、今流行のコスメにファッションなんて話題は振らないように。
全く自信なし。

反省…

いくら何でも、これだけ知らない人ばかり、っていうのは良くないぞ、私。
きっと何処かで聞いたことある、というのはあるだろうな。
パソやっている間は、ほとんどテレビがBGMだから。

ここで中断。
仕事で呼ばれたため、外出しました。
戻ってきて、パソ開いたところでマダムBゾーンを(ゾーンはいらんて。)見つけて捕獲。お話しする。
もう、灰色から脳内ピンクに早変わり。
私って、ゲンキン。
血圧急上昇、顔色ピンクを通り越して真っ赤になっちゃった。
(何の話をしたか、想像つくよね。でも、ナ・イ・ショ)

マダムBから私の憧れのお人が大阪オフの追記をしてると聞く。
(昨日、おとといと殆どどこも行けなかったから、知らなかった…)
大急ぎで行ってくる。
………
手を握っていたとは知りませんでした。
スケブのお邪魔をして申し訳ないです~
(ナニが悔しいって、手を握ってたらしいんよ、手を!!なんで覚えてないんだ~)

やっぱり、師匠に弟子入り希望。激しく希望。
別窓 | 本と漫画あれこれ | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

今日は頂いたものがいっぱい…

12月12日 (月)

あぁ、今日も寒かった。夜、今にもふってきそうな褐色の空。
明日は雪が降るかもって予報があったわ。

昨日に続いて、今日も朝からお仕事してました。
昨日はさすがにへたってしまい、帰宅後すぐ書いた日記は愚痴ばかり。
どうしようかな、って思ってたらちゃんとお助けいただけた。

元気な人の、元気な心に触れると元気をもらえるわ。
がんばっている人の、がんばってる姿を見せていただけるのは、勇気が湧くね。
かわいい人の、かわいい心に接すると、笑顔になれるね。
特に、女の子の、女の子らしい心に接すると、嬉しくなれるのはなぜだろう…。
自分が女の子だったことを思い出すからかしら…。

今でも女の子だぞ。

あ、自分で言って気持ち悪いかな…


で、昨日はへたれた前半だけ残して、愚痴を消せました。
ありがとう。


今日もね、忙しかったし、気分的にアヤシイ瞬間もあったけど、なんとか一日無事に過ぎたわ。
仕事の山はちーっとも減ってないけど、今夜は「ま、なるようになるでしょ」気分になってきてる。

夜、遠い地へ帰った大事な人から「元気だよ」と連絡がもらえた。
年若い新しい友達もできた。

今日は良い日だわ。
たとえ、どさっと300枚の無地はがきが届こうとも、うん、がんばるわ。
だから、音を上げないでね、私の情けない目と手首。
ここ数日がんばれるかどうかで、来週プレゼントが届くかあきらめるか、が決まっちゃう。
幾つになってもプレゼントは欲しいしね。そう、うまく行けば憧れのあのお方に会える。仕事さえ片付けば…。
(ここで、私信。まだ、あきらめずに抵抗してますよ~。)

明日もできるだけのことをしよう。

さっきからパソの調子が良くないことが一番気がかり。
別窓 | 日々想うこと。 | コメント:4 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

今日は……

12月11日(日)

今日は疲れました。
昼間の天気がわからならいほど、閉じこもって仕事してました。
帰宅時、空を見上げても褐色の空しか見えない。月も見えない。
風も強いし、寒かったです。

やっぱり12月ですね。
忙しいです。
明日は待ちに待ったお休みのハズでした。出勤になりました。

たまーにどうしたら良いんだろう、ってくらいに忙しくなるときがあります。
肩も腰もガタガタです……。




やっぱ、駄目だわ、今日は。


エネルギー切れ、於音でした。
ごめん、寝ます……


月からのおとも、また明日。
いいたいことあったんだけどな。
最後にいいニュースも入ったから、元気は元気なんだけど。
今、宿の本開いてるんだけどどうにも手が重い。



ごめんね、私。無茶な使い方したわ…
別窓 | 日々想うこと。 | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

我が家のクィーン、瑠璃

12月10日(土)


今夜はぼぉっとした曇り空。でも、どこか暖か。どこが違うんでしょうね。
ちょっぴり食べ過ぎてお腹で出てるわぁ、と言う程度のかわいい半月。

ちょうどね、私が見たとき楽しいことに、下の部分がほーんのちょっとだけ、欠けててね。多分、雲がかかっていたんでしょうが。
まるでね、ほら、半月型のクッキーの、下の部分を誰かがほーんのちょっとかじっちゃったみたいに見えたわ。たったそれだけなんだけど、何だかやたらと嬉しかった私。
今こうやって思い出していても、自分で?なんだけど。

帰宅して、パソ四太をおいている部屋(というか、物置ね。5畳もないし)で片付けものをしてた。(発掘作業ともいいます)
ふと気づくと、パソがパスワードを要求してる。
(最近、私の意志を無視して、パスワード入れないと立ち上がらなくなったんだ。)
「?私、いつの間にパソの電源入れたんだっけ???」
いつのまにやら、ここまで私の意志を無視するようになったか、四太…。
で、パス入れたら早速かっこいいクィーンから連絡があった。

わーい、って感じでお返事したんだけどね、ちょっと、待てよ…。
やだ、なんか気味悪ーい。けど、ちょっとおもしろーい、かも。

すぐ横に答えがありました。四太の意志だったら面白かったんだけどね。


瑠璃~、あなたいつの間にパソの電源入れること覚えたの~~。

キーボードの横に、置物のように座ってましたわ。
今日は良い子だね~っと褒めちゃったけどね。これが作業中だったら今頃あんた、爪切り+袋詰めの刑よ。

メッセ中に勝手に文字を入力してくれたこともあったしな。
まったく、瑠璃には驚かされるわぁ。
あ、瑠璃がどんなヤツかは左側を見てね。って、私より有名だろうなぁ。

このお嬢、ロシアンブルーっていうたいそうな名前を持ってる種類の猫です。
その上、血統書まで持ってる。文字通りのお姫様です。
本名は一姫。
縁あってウチに来ましたが、一応登録しなきゃいけなくて、付けた名前が「ルシィ・アン・瑠璃」でした。
あ、笑わないでね、すでに私自身が大笑いしてるから。

意味わからないって?今日はこういう話ばかりね(笑い)
ここの名前「月のおと」といい、私の名前「於音」といい、私はもじって当て字してばかり。

私は犬好き。
今まで何匹か飼ったことがあってね。最後に飼ってた「ダイスケ」が病気でなくなってからは、なかなか良い巡り会いがなかったの。
で、ある日、どうしてもどうしても、犬が欲しくなって「もう我慢ならない、犬を買ってくる」と宣言してペットショップへ。
で、ペットショップで子犬を見ようとしたら…。
横のガラス越しにいた瑠璃と目が合っちゃった。


猫は飼ったことが……でも、ねぇ。あんた、ウチに来る?
にゃぁ(あ、ちっちゃい声。これなら近所にも迷惑かけないかな…)

猫は苦手よ。
にゃにゃぁ(そんな風に甘ったれた声を出されると~)

ごろごろごろ……

「あら、めずらしい、ろしちゃん(店では便宜上そうよばれていた)喉を鳴らすこと、なかったのにね。お客様気に入られましたね。」 ←今から思えばウマくのせられたか。


で、連れて帰っちゃいました。

「あんた、犬買ってくるんじゃなかったの?なに、そのネズミ」←犬好き母。


そりゃ、ねずみ色だし。でもね、好きな人にはこれが蒼に見えるのよ。

一晩たって豹変しました。いえ、本性が出ました。

今じゃ、我が家で一番偉くて、一番恐くて、一番優遇されている女王様です。
いっつも面倒見させられてる母は「ばあや」と化し、本来飼い主となるはずだった私は「メイド」扱いです。
呼んだって返事もしてくれません。ましてや、呼んだからって来てくれることは皆無。
だっこされるのが大嫌い。
たまに、椅子に座ろうとすると先に座してらして、にらむ。へいへい、スンマセンね、どいてください、って言ったって、だめ。メイドは大人しく、どいてくれるまで横で待っております。


るろうに剣心にはまって、某姐様の絵板に初めて絵を描いてみよう、としたときに登場してもらったのが瑠璃でした。
4枚続きで描いたな、そういえば。なつかし~。一年になるかしら…。

チャットを邪魔されたこともあったな。

今はもっぱら瑠璃姫、愛称「る~」。於音はあくまでひらがなで呼んでるつもりです。
瑠璃の時は漢字だけどね。でも、瞳は緑色をしています。
緋色の首輪や鈴ばかり買ってきてしまうのは……(笑)


でも、犬が飼いたい~~。
今日、某犬舎で見たでっかい犬の鼻の写真…。ああああ。うらやまし。
瑠璃姫、お願いです。僕(しもべ)にしてくださって良いから、犬を飼わせて~~。


「許さなくってよ、そんなこと。」瑠璃姫

別窓 | 日々想うこと。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

あい あむ よっぱらい

12月9日(金)

今夜は綺麗な半月が見えました。ほんのちょっぴりお腹が膨らんでいるかのような。

最初の頃に書きましたが、日本では夜を支配する神様は男神「月読命」。
いろんな書き方がありますが、その中に「月の弓」がつくよみ、になったというのがあります。
この話を聞いたのはずいぶん前ですが、その時に私の頭の中に浮かんだ月はなぜか細い三日月。
でも、よく考えると、今日のような半月の方が「弓」にふさわしいかな。


今夜はとあるビルのずいぶん高いところ、25階だったかな?でパーティがありました。
年末のチャリティオークションを含めた結構偉いさんが集まったパーティでした。
オークションのお手伝いを兼ねた出席だったので、気分は仕事モード。
車で行ったのでお酒も飲めないし、気疲れしちゃいました。

お酒…と言えば、どこぞでやっぱ、書かれたなぁ。
大阪オフでのこと。
私は湯飲みに(グラスじゃないところが面白いね。)2杯、ワインを飲んだだけです。きっと、ワイングラスなら1杯ちょっとじゃないかな。
以前から何度もいっとりますが、私はお酒、好きです。
味もわかる方だと自負してる。
少なくとも、コーヒーよりはよっぽど味がわかるつもりだ。(コーヒーについてはまたいつか…。芋づる記憶もどっかで切らんとね。)
なにより、つまみ類が好きだ!
冬は、ほんとはイカの塩辛や湯豆腐で熱燗を…なんてシチュエーション、大好きだぁ。
くしょ~、なんでこんなに弱いんだぁ…。
亡くなった父と、父の一族は酒豪だったんだけどな。
私も修行が足りないだけだと、未だに信じてる。だって、短時間で復活するもの。


さて、大阪。
どこぞの宿主が暴露してたけど、言い訳させてね。
実はね、あの日「今夜こそは酔いつぶれたりしないぞ」とかなーり気を遣って飲んでました。ま、お風呂もすんでるし、布団も準備オッケーだし、これならつぶれても迷惑かけないだろうから(過去、必ず誰かにお世話になってる「らしい」ので)と言う気持もあったし。
一緒にお泊まりした庭師様たちとね、スケブの描き書きがあったわけで。ふと見ると庭師様の差し出したスケブと、私が持ってたメモ帳が一緒。(常に鞄の中。これが間違いの元)思わず、あら一緒だね、なーんて話をしたの、覚えてるわ。
(ここで注意。於音、この庭師様を美のカミサマのごとく崇拝してるのであります。かつてのオフでお会いしたときも、消しゴムが一緒だったことで天に昇るほど嬉しかったのでござる。ご本人は忘れておられるでしょうが、未だにその時の消しゴム、継続使用中)
密かに「わーい、同じノート、ノート」と内心10回くらい小躍りしたわ。
で、私は鞄にしまったつもりでありまして。どうも、こぼれたらしい。それを憎らしいめざとい、某宿主に発見されちゃったと言うわけで。
数ヶ月前までは、別に見られても、そう問題じゃなかったんですが、ここのところ○○が××、○△が×○だったせいで、ちょっと恥ずかし。メモもいっぱいあったしね。

………で、記憶なしです。

主様に厳重抗議したら、「テクニシャン」と書かなかっただけ感謝して、とのこと。

……なんか、声は覚えているんだ。まるで隣の部屋の声が聞こえるみたいに。一生懸命動こうとするんだけど、体が動かない…ともがいていたような気もするんだけど。
次に気づいたら、布団の中に春巻き状態でした。

おやさしい宿主さまに感謝申し上げるでござるよ。
そのまま、揚げられたとしてもモンクは言えないところでござろうが、先にお休みになった主様を、お返しのシュウマイ状態にする元気はなかったでござる。
「お返し」はありがたく、とっておくでござるから、次回、お楽しみに。

はて、いったいこの間、憧れの庭師殿は何をしてござったのであろう…。



あきれて見てたのかな。


日本酒も好きです。冷酒もいいよね。
焼酎「百年の○独」とか言うのも飲んで見た。
わーい、お水みたいで美味し~って飲んで、ひっくり返りました。
ワインも好きよ。お気に入りはドイツワインの白。(この辺も庭師様と一緒♪)
カクテルも好きです。お気に入りはブラッディメリー。
ビールだって美味しいわ。でも、シャンディガフも好き、って言うと、のんべの友人には笑われる。
ちなみにこの友人、かつて海外旅行のお土産にブランデー買ってきてくれて、喜んだ私、オレンジジュースで割って飲んだ、と報告したら二度と買ってこない、と宣言された。(なぜ?)


どなたか、お酒が強くなる方法をご存じのお方、ご教授願いたいです。
剣心、あなた何故にそんなに強いの?
そだ、比古師匠~。どうか、弟子にして。



別窓 | 日々想うこと。 | コメント:4 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

今日は良い日。

12月8日(木)

今日は比較的、暖かい、かな。夜八時半頃綺麗な半月が見えました。
私には今夜の月は、梨の実のように見えたわ。櫛形に切ったところの、瑞々しい果実。
でも、周囲は雲が薄く取り巻いて、オリオンの光もぼぉっとしてました。


今日は良いこと、悪いこと、悲しいこと、腹立ったこと、いろいろごちゃ混ぜで起きた日。一つずつは小さいかも知れない、でも結構気疲れしちゃった。

先日ね、仕事場に近いデパートからパンフ入りDMが来てね。
パンフのタイトルが「京都・四条烏丸~京都」
何のパンフ送ってきたか、と言うと…
マッサージなんですわ。「京都満喫コース」のご案内。
バックとフットのリフレッシュコースだそうで。(どこが京都?)
でも、惹かれるじゃありませんか「京都満喫」だなんて。
やってみたくなるわ。で、ちゃっかりパンフを(パンフをお持ちの方にサービス○×ってやつね。)鞄に入れて出勤。
何かと気疲れしたし、いっそ、帰りに寄っちゃおうかしら…
木曜はたいてい、この後仕事が入って遅くなるんですが、今日はそれもないみたいだし…
とエスカレーターに乗ったんですが……。
どういう訳か、途中でおりて、そのまま帰宅しました。
そしたら、納得。ちゃんと呼ばれておりました。
私はいつも思うことにしてます。
偶然は必然。訳のわからない出来事があったときは、自然に任せることにしてます。
自分で?と思う行動や思考をしちゃったときは、きっと何かが何かを教えてくれてるんだろう、と思うことにしてます。
今日はまさに、そんな日でした。
ちょっと、悲しいこともあったけど、良い日だったと思うことにしよう。

森博嗣「朽ちる散る落ちる」読了。そうね、☆☆☆と半分ってとこかな。
この作者さん、好きでシリーズ、最初から読んでます。もう何冊になるかな。
…ざっと数えたら20冊は読んでた。ミステリなんだけど、独特の雰囲気があるの。謎解きは、もうはっきり、無理。私はとことん文系人間(理科好きだけど)作者及び登場人物たちは理数系人間。もう、理屈、わかんない~。でも、何だか知らないけど、読んじゃうんだな。不思議と読みやすい。
大野潤子コミック「闇のパティシエ」読了。これは好き~。さっぱりした短編集です。
この漫画家さんの話は、とくに濃くもなく、さりげなく、それでいてほああんと暖かくなる。ドキドキするような場面も、ハラハラするサスペンスも、萌え燃えするロマンスもないんですがね、気づくとポカポカ。この漫画家さんの「2番目のお願いは」も良いですよ~。

漫画「クッキングパパ」最新刊。これはすぐ読める。結構好き♪美味しそうな漫画。
でも、空腹時に読んではいけません。


夜、とあるガーデナーさんとお話ししてた。来年5月に遊びに行く話。
そう言えば良く昔言いましたよね。「来年の話をすると、鬼が笑う」全国版の言葉かしら。いろいろ予定を考えていて、気づくと来年のカレンダーを探している。
あぁ、そんな時期になったんですね。

もう12月。年末。師走。年賀状。クリスマス…そう言えば今年は於音サンタになれます!これは嬉しい。へっへ。もう、いくつかは決めているんだぁ。

あ、これ、私のシュミね。プレゼントやお土産をあげるのがシュミ…ではありません。
プレゼントやお土産を探すのが、シュミなの。よって、お土産は押しつけになります。←すごい迷惑やんか。
許されよ。お願い、許して。

今日は何となく、とりとめがないな。(いつものことか)
夕べ、自分の中の感情をもてあましてしんどかったから、その反動かな。

うん。良い日でした。


別窓 | 日々想うこと。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

今日は反省。ごめんなさい。

12月7日(水)

今日は午後から雲が多くなり、寒々としていました。でも、夕方はきれいな三日月、見られました。まるで、ミカンから一房、上手に取り分けたような、きれいな形。だいぶ太ってきたわね。


今夜は仕事で帰宅が遅くなりました。
気になることがいくつかあったのでその処理にも手間取りました。
その上、大きな思い違いのミスをしていたことに気づいて、愕然としてしまい……。
自己嫌悪でかなーり落ち込んで、この月のおともお休みしようとおもいました。


でも、助けていただいた。
励ましていただいた。久々に、自分のことでパソ前で泣けました。
許されることなら、窓あけて、西の空に向かってお礼の言葉を大声で叫びたいような気持ちです。

そうでした。いつも言っていること。
「やらないで後悔をするよりは、やってしまってから反省。やる前に熟考」
今回はやる前の熟考が全然できませんでした。
ものすごく反省して、やり直します。
落ち込んでいる暇はありませんでした。



ホントは、今日は昨日の続きで甘いものの話をしようかな、っと思ってた。
もう、夕べはすごい夢見ちゃったよ。本当に見ちゃった。
とあるところで、すごい夢見た、っていったら、絵にしてみたら、といわれた。
とんでもないわ。
でも、一つだけ。

…夢の中の剣心は、生クリームが苦手でした。
別なことに使いたいって言ってたよ…(にやっ)
後は忘れました。ええ、絶対忘れました。


私何考えて生きてんだか…


いくつか本と漫画も読んだので、書こうと思いましたがまた、次回に回します。

えへへ、続き、見られないかな。見たいな……

では、おやすみなさい。
心優しい皆さんに、いい夢が訪れていますように。
別窓 | 日々想うこと。 | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

甘ーい、甘ーい、あんまぁい絵師さまたち。

12月6日(火)

今回から最初に日付を入れることにしました。

今日は良い天気でした。夜、久しぶりにそれは美しい金星が見えました。
そして、横には綺麗な三日月。クロワッサンを思い出させる柔らかい月、尖っていても光が丸く見えました。


今日の午前中は、どうしても体が言うことを聞かなくて、掃除も洗濯も放り出してじっとしてました。お外は良い天気、あぁ、お布団、乾したいな。毛布、洗いたいな…。
パソ部屋の地層発掘もしなきゃな。雪崩覚悟で探検希望の方もいらっしゃったな。
埋もれた落書き、探さなきゃな。家人に見つかる前に。


今日はお菓子の話をしようっと。

このところ、うらやましいような甘ーい話が聞こえてくるから。

私が自他共に認める食いしん坊であることは間違いないです。
昔は(あくまで、昔、ね)痩せの大食い、と言われました。
子供の頃は(誰も信じてくれないけど)拒食症でした。酷くはなかったけどね。
いつのまにやら、いろんな事を食べ物に例える事が多くなりました。なぜだ?…
自分が食いしんぼだからだ。


サイト巡りを始めた頃から、いろんな絵師さまの絵をお菓子に例えていた私。
これって失礼かな、と思いながら、勝手にイメージして楽しんでおりました。

例えばね、うっとりするあのお方の絵は、私にとってはウィスキーボンボンで。おいしさのあまり食べ過ぎると、ドクがまわってしまう。でも、わかっていても口にしたくなるアクマのおいしさ。

オレンジシュゼット、だーい好き。甘くって、綺麗で、蒼い大人の炎がめらめら燃えるとドキドキするわ。一番動いてパフォーマンスしてくれるから楽しいね。

日だまりで食べる和菓子って素敵よね。渋ーいお茶も添えていただかなきゃ。縁側で食べるなら、格好つけずに食べられる大福やおはぎよね。
明るいお日様や心地よい風の中、聞こえてくるわんちゃんや鳥の声がBGM。

柑橘系のフルーツパイも好物です。甘くて、酸っぱい。柔らかくて、でも歯ごたえがある。甘さにぽぁぁーんとしていると、やってくる柑橘系の刺激が堪りません。パイ類はやっぱりレトロなところで食べなきゃね。私は磁器のカップより、清水焼の和風カップでお茶と一緒に頂きたいなぁ。

あまーーーくて、ほろにがーーーーいチョコケーキ♪ オペラ、ザッハトルテ…。もう夢に見そう。もう見ただけで甘さにとろけちゃうんだけど、時々はっとするくらい大人のビター。これこそオトナの味よね。このところ、いいチョコが手に入らないのかお店が休みがちなの。あぁ、食べたーーーーい。大好きだぁ。これは華奢なコーヒーカップを色っぽい手でそっと持って、銀のフォークでいただく。

……
マジで食べたくなってきたぞ。
これ、きりがないな。
ケーキだけじゃない、フルーツキャンディ、ミ○キー(って、まだあるよね)、アーモンドチョコ、お酒たっぷり汁たっぷりのサヴァラン…。(行くと、いっつも酔っぱらう、でも好き)
あぁ、最近食べられるようになって最高に幸せ、ミルフィーユのお方もいらっしゃる。
サクサクの生地と甘ーいクリーム、オトナの味とラブたっぷりの甘さが層を成してるなんて、もう、最高!まだ、開店したばかり。日参してももっと食べたいわ~。
アイスキャンディのお方もいいなぁ。甘い、冷たさにひややーん。でも美味しーい。
パティシエが、贅をこらして作ったようなすばらしいデコレーションケーキ。とっても和風の味の時があるの。いっつも、ガバッと真ん中から食べてみたいんだけど、気づくとちまちま隅っこから。うんまいよ~。食べきれないよ~。

ホントにきりがないからもうヤメよ。今夜は間違いなくケーキバイキングの夢を見るな。

これ、ぜーんぶ私にとっての「るろうに剣心」サイト、デザートコースです。
あ、もちろん小説メインのコースもあるわよ。

於音、こういう甘甘ピンクの日々を過ごしてます。脳内がスイートピンクに染まって妄想爆走しても、この至福の時はゆずれませんって。

剣心と薫、やっぱり甘いものが似合うと思っちゃうのはだめ?
甘いもの食べてる落書きばっかりあるんだけど。
別窓 | 本と漫画あれこれ | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

憧れの人、その名は比古清十郎!

今日も晴れたか、と思ったら曇る、寒々しい一日でした。
夜、天頂付近は雲が晴れてね、星が見えていたわ。火星がぽこっと浮かんでた。
でも、地面の方は雲がいっぱいで、また、三日月見られなかった……

寂しいな。

弱々しい糸一本で地上と繋がっているような、浮ついた気分の私です。
明と暗を行ったり来たりしてるような気分。
でも、元気よ。


仕事中、何気ないことから急降下。ジェットコースター気分、というより、フリーフォールのよう(恐いから乗ったことないけど)におっこっちゃって。

私って、何やっているんだろな、こんなんで良いのかな、なんて。
文字にすると変だね。うまく言葉にできないけど。


で、とあるお方にまたまたお助け往診メールをしました。
そしたら…

優しいお医者様が、それはそれは暖かい言葉をくれました。

このお医者様、優しいお言葉だけでなく、最後に必ず痛~い注射をするか、苦ーーーいお薬をくださいます。
にっこり笑って、菩薩のごとくのスマイルで。
(斉藤一の奥様、トキオさまはきっとこんな方に違いない)


この薬がねぇ、苦いんだか、甘いんだか。ずうううううーーーん、と来るのよ。


今日、どんなのくれたと思う?

剣心がぁ…○○でぇ……××でぇ……してて、それで○×の、××が……

やーめた。不毛だわ。
載せちゃった方が早いね。あははは。

見たい方、います?いるなら、ご一報を。


で、ちょっとマジになってお話ししてたんですが、私とこのお医者様、もちろん剣心ファンなんですが、2番目、と言うか別格というか、なんというかすごい師匠のファンなんですよね。
剣心がぼろ負けしていても全然違和感がないのは師匠だけだよね、とか、私たち、ホントに剣心ファン?ってな会話が続く。

この方で一番大笑いして忘れられない台詞があるのよ。暴露しちゃう。

とある萌絵師さんがね、私とこの方のために師匠を描いてくれたの。
それぞれ、決めのひと言がある。
この方にはね(正確に覚えてないけど)「○○、ついてくるか?」系の決めぜりふ。

彼女曰く「これ見た瞬間、即、離婚届に印押してついてくわ~って思った」

もう、爆笑いたしました。だって、すごくまじめに言ってるんだもん。
あはは、わかる~。私だってついてっちゃうわよ。

ホントに比古師匠がいなかったら剣心はどう考えても初代志士雄か宗ちゃん一号だもんね。

好きなモノがあるって、ありがたいね。
好きなことがあるのも、ありがたいね。
好きな人がいるのも、ホントにありがたい。
そして、馬鹿な自分を許してくれる人がいてくれるのも、嬉しくって涙が出るね。

昨日と今日、それほど違わない一日だったけど、私の中ではとても変化のある一日だった。うん。

ありがとう。
別窓 | 日々想うこと。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

今日は寒い。ひたすら、寒い。

日曜は良い天気だけど寒かった。
今年一番の寒さじゃないだろうか。
仕事場でもね、もう、寒くて寒くて、ビル管理へ行って設定温度を上げてもらうんだけど、何故か効かない。
ひたすら、寒く、書き物していても手は冷たいし、足は冷たいし…。
その内マフラー撒いて、ハーフコートを膝に置いて仕事してました。
やたらと熱いコーヒーをがぶ飲み。


なんでこんなに寒いんだろう……。


ふと、時計を見ると、どこぞでどこかのわっかいお嬢さん方がデートしている時間だわ。
ええなぁ、ってことで、やっかみ含みでメルしてみた。

オルゴールを観てます~♪

あぁ、良いなぁ。オルゴール。
私は実は、オルゴールにすっごい思い入れがあります。
昔のもいくつか、捨てられずに持っている。

一瞬の内に20年前に戻っちゃって思わず、「もしパガニーニの主題による~を見つけたら、聴いて下さい」という意味不明の返信をしちゃった。


何年か前、長浜にあるオルゴール館で見つけた、そのオルゴール。
もう、おもちゃや雑貨の域を越していた芸術品でした。
大きさもね、かなりなの。ティッシュケース二つ分はあったかな…。
もう、欲しくてね、今あるお金総動員して、頭金にして分割にしてくれないか、とかさ、お金作ってくるまでとっておいてもらう、とか、いろいろ頭に浮かんだわ。
カード嫌いでキャッシュカード持っていなかったのを悔やんだわ。
それくらい素敵で、それくらい高価だった。



正直言って、於音、かなりがっくり来ています。
元気なんですよ、とても。元気すぎるの。ここしばらく異様なテンションの高さを感じてたわ。
理由は何となくわかっている。いくつかあるけどね。
一つは宿が教えてくれる。
感情を量で数値化したら、きっとここ数日の私はほとんどマックスに近いかも。
これは反動が来るな、と思ってたんですが。

お陰で、しなくても良いお節介や、いらない買い物や(来年の手帳を衝動買い。カレンダーも衝動買い。ところで、このお菓子の包み紙の山は何だ??)この、山ほどのメモ。
落書き。おっと、いつの間にこんなに本と漫画買ったんだ?
はい、私です。ちゃんとわかってます。この時期、本屋へ行くと危険です。あるだけ、買っちゃうから。
小説を4冊、漫画を、えっと何冊ある?5冊か。漫画雑誌とパソ雑誌と天文関係を1冊ずつ。ちゃんと感想をここに書こう。
財布も寒くなったわ。


さすがにね、別にへこまなくなりましたよ。こんな事くらいで落ち込んで、何も手が着かなくなるのは卒業しました。
ただ、何かの拍子に自分のイヤな面が見えちゃって、これはいや。認めたくないからね。


私がなぜ、その高価なオルゴールが欲しくて仕方なかったか、書こうと思ったんだけど、今夜はやめとこう。
あの時代に戻っちゃったこと自体、心がひゅるるるしてるから。
寒さはどうも、心の中に入っちゃったらしい。
ぬくぬくのこたつか、ストーブでもゲットして、心の中から暖かくなったら、あの懐かしいオルゴールについて思い出してみよう。


夕方、この感情の起伏に疲れたなぁ、と思っていたら、この間から待ってたメールが携帯に入った。 嬉しい。いっぺんに元気回復。
先日、大阪でお会いした、リアルけんしん君’sママから、元気メール。
ついでに妄想に火をつけて、それからの仕事をパァにしてくださった。
よって、ここに一文を晒しちゃう。
「今日は寒いね(一部略)人肌恋しいなと思ったら、けんしんが抱いて~(一部勝手に脳内変換)って飛び…(一部、以下無理矢理略)……」読んだ瞬間文章が微妙に脳内妄想変換されちゃって。
すぐさま返信したわ。
そしたら、そしたら、そしたら…この後1週間くらい脳内妄想に浸れるくらいの萌返事いただいちゃった。
「     」 ← 書こうと思ったけど、そんなことしたら感情の大波がもう一度来ちゃってサーフィンになるから、自粛。
仕事ほっぽって、落書きしてた。
ママさん、ありがとう(笑)おかげで心ん中熱いわ。

いつか載せるかも。

それにしてもうらやましいぞ、けんしん、剣心…。

あぁ、疲れた。


この2,3日、私が振り回してしまった方たちへ。
Sさま、Kさま、Nさま、特にもう一人のSさま、ごめんなさい。
別窓 | 日々想うこと。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

真実を写すから……あーぁ。

やはり夕べの予想通り、今日土曜日は晴れました。
ただ、寒い~。風が強い。

枯れ葉が散っています。
信号待ちの交差点で、舞い散る枯葉を見ていたら、
「そういや、るろの原作って、よく葉っぱが舞ってたなぁ、春でも」
なんてことを考えた。

アニメでは5月14日、蛍が舞ってたけど、原作では葉っぱだもんね。
志士雄との決戦でも落ち葉が舞ってたなぁ。
一番最初に原作読んだとき、どうしてもなかなか季節感が感じられなくて、?と思いながら読んだことを思い出しました。

久々にきれいな金星も見られたわ。ただ、残念ながら、細い月が見られなかった。時間と角度が悪かったみたい。きっと、今夜は細い細い眉月が見られたはずなんだけど。

この間の大阪オフで、ご一緒させていただいた某宿の女将から写真をいただきました。
相変わらず写真写りの悪い自分は置いておいて、懐かしい方の写真ばかり。
嬉しかったな。
お一人ずつにメッセージ送りたいなぁ。
お世話になりました。皆様ホントにありがとうね~。
本当に、本当に会いたい方たちばかりだったので、最高に嬉しかったわ。
毎日西向いて祈っていてよかった~、と急に信心深くなっちゃうわ。


写真、昔っから私はあんまり好きじゃない~。自分がね。ぜったい変に写るから。
というか、これが自分か、と思うと情けなくなっちゃうね。
ま、真実の姿から目をそらしてはいけないけど。


自分の姿を見る、真実の姿を見る、というのは、面白くもあるけど、辛くもあるね。
時々、何かに写った自分を見て、愕然とすることがあります。
月を見ているとき、道を歩いていたときにウィンドウ越しにかいま見えた自分の姿、人との会話の中で見え隠れする自分、自らがやったことに見える自分という人間。

認めることが嬉しいときもある。
新しい発見が嬉しいときもある。
でも、ときにはこんなの、私じゃなーい!って叫びたくなることもある…。
そんな時、人はどうするのかしら。
この世で一番不可解なものは、自分自身の姿かも知れない。


この前の大阪でお会いした、元気印の娘さんからお仕事風景の写真を見せてもらったわ。
これが、またかっこいいのよ。
思わず、エエ仕事、してますなぁ、って。
やってる仕事がいいのか、写真がウマイのか…。
とにかく、若さというか、生気にあふれてる。
あのね、姿勢が良いのよ。背筋にね、ぴっと一本通っていてね、それが自然と現れてる。未来に対する憧れと、信念と、気概みたいなものが、ね。
向こう見ずな力、というのも若い証拠。
まだこれから、いろんな良いこと、悪いこと、辛いことがやってくるだろうけど、それにすら怖じ気づかない気持の張りがあると思う。
いつまでも若いままではいられないのは真理だけど、一日でもこの、生気が衰えることがないように、って思っちゃったわ。

あぁ、こんな事考えるのはトシのせい?いえいえ、そんなこと考えず、エネルギーもらって私もがんばろ。

京都と大阪で、力を分けてくださった皆様~。
ありがとう!!
また行くからね。どうぞよろしく~~。
別窓 | 日々想うこと。 | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

女商売、なんぼのもんじゃ…!

金曜日、雨模様の一日でした。降ったり、やんだり。
夜、仕事遅くなってね。10時半ごろ帰宅しました。駐車場でふと見上げると、グレイの雲間から、綺麗な星が光っていました。

おお、オリオンが見える。
明日は晴れるかな…。寒くなりそうだなぁ。

月は新月、まだ見られないわ。


以前日記に書きましたが、私は人が争うのを見るのがキライです。
人の悪口を言ったり、罵倒したりする姿を見るのもキライです。
先日は、大好きなラーメン店の大将が、忙しくてイライラ、若い店員に当たっている姿を見ました。
大将が怒っている内容はね、まぁ正論なのよ。
でもね、カウンター越しにでも、それを見なきゃいけない第3者としましては、これは辛いっす。
どれほど正しい言葉を使っていてもね、やっぱり伝え方があるでしょう。


12月に入って、周囲が何やら殺気立ってきました。
忙しさ、予定通り行かないための、苛つき。
計算が狂うもどかしさ。
そして自分の考えを上手く伝えられないじれったさ。

毎年のこととはいえ、自分も含め、ようやるわ。
今日一日で、何回苛ついたかな………反省。



のんびり、生きたいな。
人の悪意をさらりと流して、狂気のような時間に追いまくられることもなく、空を見上げて、星を見て、紅葉を楽しんで、猫の瞳を飽きるまで眺める…(犬のしっぽでも可)


今日、私が内心悪態をついてしまったお客様へ、ごめんなさい。
今日、私が怒っちゃった瑠璃へ。ごめん、あんたの寝てる場所を通った私が悪かった。
今日、あわてちゃって足を踏んじゃった地下鉄内のお兄さん。ごめん、重かったよね。
今日、あまりの理不尽さから思い切り悪口言ったあの人へ、ごめん、一呼吸してから考えればよかったかも。理不尽なのは私かも知れない。


……ヨシ、反省したぞ。さあ、明日も一日頑張りましょう。


↑こんな事書くとね、よっぽど於音は気持の切り替えが早い人間か、と思われるかも知れないけどね、実はとーーーーーっても執念深くて、いじいじいじいじいじいじ、しやすい根暗人間です。

でもねぇ、さすがに根暗おたく女商売この年まではってるとね、たとえ表面だけでも切り替えようという配線くらいはできます。
時々タコ足配線するけどね。


そう、つまらないことにいつまでもくよくよしてる時間なんて、無いのよ。
いつまでも自己弁護したり、いつまでも落ち込んだり、いつまでも恨んだり、そんな時間あるくらいなら、ぼーっと「らぶらぶケンカオ」に浸っていた方がよーっぽど建設的だと思うんだけど、どうかな……。

負けるモンですか。がんばれ、私。
別窓 | 日々想うこと。 | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 月のおと | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。